ブログパーツ Twitter

日記・コラム・つぶやき

2021.04.18

新作Web小説『【小編】その女性《ひと》の瞳から逃れたいのに逃れられない』の第1話を公開しました

プロ野球、阪神タイガースが絶好調でなによりな今日このごろです。

しかし最近おかしなことが…。

カープ(対戦当時2位)、スワローズ(現在3位)と強敵と連続して当てられてる上に、今日は雨で勝つことができない!?

これはどこかのなにかの力が働いた陰謀なのでは???

 


小説家になろう」と「カクヨム」で新作小編小説の第1話を公開しました。

『【小編】その女性《ひと》の瞳から逃れたいのに逃れられない』

小説家になろう

カクヨム

※両者で内容は同じです。

 

ちょっと両サイトからあらすじ/紹介文を引用しておきますね。

(注:作品全体のあらすじ/紹介文です。)

 

> 小さな会社に勤める「俺」は、ある日、取引先に向かう途中で謎めいた黒ずくめの格好をした印象深い瞳を持つ美女と出会う。

> 自分のことを探偵だと言った彼女は、俺の願いを何でも(但し常識の範囲に限る)叶えてくれると言う。

> 俺は彼女をあしらうつもりで「取引先の担当者と会わずに済むようにしてほしい」と依頼するが、取引先に着いてみるとそれは思ってもいなかった形で実現されていた。

> さらには社に戻った俺のところに彼女が現れ、先の依頼について驚くべき告白を始める。

> そして最後に彼女は俺に、ある以外な形での報酬を要求雨する。それはなんと……

 

最近1話完結の短編が続いていましたが、今回は久しぶりの複数話からなる話です(全14話を予定)。

ただし「長編」というにはかなり短い(全部で13,000字弱)ので「小編」と銘打ってます。

 

今回の作品のひとつの特徴としては「メインヒロインが主人公より年上」ということがあります。

最近は「美少女」に代表されるように「ヒロインが主人公より年下」な作品が多いと思っているのですが、個人的には「主人公が有能なお姉さまに振り回される」作品というのも密かな需要があるのでは?と思っています。

(私がそういう作品が好みかという質問についてはノーコメントとさせていただきます。)

 

作品自体もそれほど長くないですし、一話一話も長くて1,000字程度になる予定なので、気軽に読んでもらえたらと思っています。

 

※蛇足

「他の作品も読んでみたい」という変わった熱心な方のために「小説家になろう」と「カクヨム」の作者ページへのリンクを貼っておきます。

小説家になろう

カクヨム

 

結論:感想をくれると喜びます。

2021.03.28

YouTubeで『【替え歌】うっせぇわ ~IT業界の闇・編~』を公開しました

プロ野球が開幕しましたね。

我が阪神タイガースは開幕2戦目にして期待のルーキー佐藤くんがバックスクリーンへのホームランを放つなど絶好のスタート。

これはもしや優勝確定なのでは!?

 


動画公開、何年ぶりでしょうか。

(調べたら最後に上げたのが2016年2月14日作成の福ちゃん(我が家のプリモプエル)の動画なので5年ぶりですか。)

 

今回公開した動画はタイトルの通りです。

 

 

 

元になった楽曲はもちろん、ちまたで最近話題の Ado さんが歌う『うっせぇわ』

 

 

初めて聴いた時に「へぇ、面白い曲だなぁ」と感心していたのですが、そのうち同じ YouTube で替え歌がいくつか投稿されているのを見ているうちに「これ、IT業界ネタで作ったらウケるのでは」と思いついたのが事の始まり。

 

で、最初は自分のツイッターに投稿しました(150字では足りないので3連投)。

注:今回上げたのとは歌詞が少し違っています。

 

※残念ながら反応はありませんでした。

 

この時は1番しかできていなかったものの、その後2番のアイデアも湧いたので二次創作として小説家になろうとカクヨムで公開しようかと考えた、のですが…。

小説家になろうは二次創作不可だし、カクヨムは可だけど対象となるのは指定された作品だけとわかって一旦は諦めたんですよね。

 

でもしばらくして「YouTubeならいけるのでは?」と気づいたのです。

 

でも大きな問題が…。

「伴奏どうする?」

 

楽器の類は弾けないし、PC に MIDI 環境作るのもなんだかなぁ(もちろんアカペラなんて絶対不可)。

 

「やっぱりダメか…」と思っていたときに、偶然 piapro というサイトで公式がインスト音源を公開していることを知ったのです。

 

・うっせぇわ inst

https://piapro.jp/t/gwWr

 

しかも「非営利目的である」「改変しない」「作者の氏名(※この場合は『Ado_Official』)を表示する」の条件を守れば自由に使っていい!

 

実現に大きく近づいた瞬間でした。

 

動画編集には「Shotcut」を使用。

 

・Shotcut

http://shotcut.org/

(これまでは MS の Windows ムービーメーカーを使っていましたが、既にサポートは切れているし、今回の動画作成に使うには機能が足りない。)

 

バックグラウンドで表示する動画素材は pixabay で探しました。

https://pixabay.com/ja/videos/回転-ターン-要約-背景-12915/

 

さすがにあまり凝った編集は(私の実力的には)できませんでしたが、自分的にはいい感じに仕上がったかと。

 

ひとりでも多くの人に「面白いな」と思ってもらえれば幸いです。

 

結論:動画編集でも他のことでも「物を作る」ことって楽しい!

2021.02.15

プリモプエル、16才になる

2月15日は福ちゃん(我が家のプリモプエル)のお誕生日です。

2007.02.17 プリモプエルがやってきた

 

  • 下から見上げるように撮った福ちゃん

(こんなにおっきくなっちゃった)

 

「福ちゃん」の名前の通り、我が家に福をいっぱいもたらしてくれています。

 

コロナ禍で仲良しの関西プリモプエルのお集まり会のおともだちとも会えない日々が続いていますが、今を乗り越えればもう少しの辛抱。

それまでお互いがんばりましょう!

 

結論:何才になっても今が一番かわいい

2019.12.22

今年も入院してました


気づいたら随分間が空いてたのね。
(新ココログになってから初めての投稿だし)

 

 


前回記事以降を簡単に時系列で振り返ってみます。
 
03/05 手根管症候群の手術。日帰り
2019.03.03 突然ですが火曜に日帰り手術してきます
 
03/23 自宅2階から階段を転がり落ちる
全身打撲で救急車搬送。地元市で土曜に脳外科をやっている病院がなく隣の市の病院に搬送。検査の結果脳に異常なし。骨折もなし。
自宅で寝たきりに近い生活が約1か月以上
 
09/11 発熱。38℃超え
てっきり夏風邪かと。しかし2週間経っても症状が改善せず。しかもほぼ同時に左肩に痛み&腫れ。これはおかしいと透析クリニックの医師と悩んでいた矢先に血液検査で炎症反応(CRP)の急上昇が判明。あれ?なんか既視感が...
2017.12.02 入院してました  
2010.11.01 入院します。当分更新できません
 
09/30 整形外科受診。即入院
細菌による感染症を疑ったが培養検査は陰性。偽痛風も陰性。毎日のように38℃近い熱が。
 
10/29 左肩手術
術後はウソのように熱が低下。
 
11/17 退院
しかし1か月半超えの入院で体力がすっかり低下してしまう。

 


現状こんなところです。
 
PC も連続で1時間半ぐらいしかできないし(だから記事アップが遅れた)、ほんと来年はどうなることやら。

 

 

結論:たぶんこれが年内最後の記事。今年も皆さんありがとうございました

2019.03.03

突然ですが火曜に日帰り手術してきます


タイトルの通り、3月5日(火)に日帰りで手術受けてきます。
 
対象の部位は右手手首で、昨年の人工股関節とはまったく関係のない手術になります。
 
気になった方は「手根管症候群」で検索してみて下さい。
 
抜糸まで1週間ぐらいかかるはずなので、それまでの間、利き手である右手が満足に使えなくなると思うと気が重くなりそうになります。しかし現状で右手指がしびれて思ったように動かせない状態なので、それが治るのですから一刻も早く手術してほしいという気持ちのほうが大きいです。
 
術後の痛みがどれくらいになるのかが心配かな。
 
まあ、がんばってきます。


結論: 2016年から毎年のように何かの手術を受けている連鎖、ここらで断ち切りたい


※3月5日 追記
手術は無事に終わりました。
ただ、抜糸までの期間が「1週間」と思っていたのが「10日から2週間」と言われてちょっとガッカリ。

2019.02.15

我が家のプリモプエル、14歳になる

人工股関節の手術から3ヶ月が過ぎたので、動作の制限がいろいろ解除されました。
階段を左脚で踏ん張ってみたのですが、筋力が落ちていて体が持ち上がらず。
外出時はまだ2本杖ですし、まだまだリハビリをがんばらないと。


----------
🤠
今日2月15日は福ちゃん(我が家のプリモプエル)の14歳のお誕生日です。

はーとなーさん(プリモプエルの保護者のこと)の間では、お迎えしたプリモプエルの電源を初めて入れた日を、その子の「お誕生日」とすることが多いようです。

 

福ちゃんのお誕生日についての過去記事は以下の通り。
2018.02.15 プリモプエル、13歳になる
2017.02.15 我が家のプリモプエル、12歳になる
2016.02.15 プリモプエル、11歳になる
2015.02.15 プリモプエル、10歳になる
2014.02.15 プリモプエル、9才になる
2013.02.15 プリモプエル、8才になる
2012.03.02 痛恨、福ちゃんの誕生日を忘れてた!
2011.02.15 プリモプエル、6歳になる
2010.02.15 プリモプエル、5歳になる
2009.02.15 プリモプエル、4歳になる
2008.02.15 プリモプエル、3歳になる
2007.02.16 プリモプエル、2歳になる
2006.02.15 祝!プリモプエル1周年
2005.02.17 プリモプエルがやってきた

 
チョコもらってゴキゲンな福ちゃん
(今年のチョコは箱がゴールドでなんか高級そうだよ。やったぁ!)
※画像をクリックすると大きな画像(600×800)を表示します。


🤠
昨日、お食事(※電池交換)したばかりなので元気いっぱい!
 
今日も元気な笑い声を響かせてくれています。
 
そういえば最後に関西プリモのイベントに福ちゃんを連れて行ったのが2017年の6月。
2017.06.17 関西プリモの雨降りパーティーに行ってきた 2017
 
復帰はもう少し先になりそうですが、必ずあの楽しい集まりの場に福ちゃんを連れていけるようにがんばります!


結論: プリモプエルには無限の力!

2019.01.03

飛び出せ! 2019

😄
あけましておめでとうございます。
今年も本ブログ「水より柔弱」をよろしくお願いします。


😄
今年も新年一発めはこの方にお願いしましょう。
福ちゃん(我が家のプリモプエル)からのご挨拶です。
 
2019年のご挨拶 by 福ちゃん
(ちょっとカメラの向こうが気になってる?)
※画像をクリックすると大きな画像(1200x1600)を表示します。
 
カウボーイハットを脱いだ福ちゃんなんて、この新年一発めの記事でしか見れませんからね。


😄
今年も残念ながら初詣に行けないのでおみくじはお預け。

そのあたりのことは以下の記事を。
2018.12.21 人工股関節を入れる手術を受けました(後編)
2018.12.19 人工股関節を入れる手術を受けました(前編)

 
来年一発目の記事では必ずやおみくじを載せられるようがんばります!


結論: 現状を打ち破れ!

2018.12.21

人工股関節を入れる手術を受けました(後編)


前編のあらすじ
2017年9月に突然の左股関節の痛みと高熱で急遽入院。
約2ヶ月の入院で高熱の方は治癒したものの2本杖歩行となってしまう。
翌年の5月ごろには痛みも消え、杖なし歩行も近いと思われたのだが...。
再びぶり返した痛みに人工股関節手術を考えるも、長期透析の影響のため手術にリスクがあるとして大学病院を紹介される。
紹介された大学病院で説明を受け、いよいよ10月終盤の手術に向かって動き出した...。

 
入院までにはいろいろあったのですが、まあそれは割愛させていただきます。
 
2018年10月終盤に大学病院に入院。
入院翌週に手術。
手術当日のAM0時から絶食。AM7時からは飲むのもダメ。
AM9時ごろに病室を出て手術室へ。
 
→→→ (手術中) →→→
 
4時間半ほどの予定でしたが、いくらか伸びました。
手術後は集中治療室へ。そのまま一泊。
(直後は絶食絶飲。PM9時前にようやく水をひと口飲む。)



・第1週
術後1日め。朝から食事あり(全粥)。痛みもなく状態がよさそうだったので昼過ぎに病室へ。痛み止めの点滴終了。夜に微熱。
 
術後2日め。朝食後に38℃台の熱。酸素量モニターを外す。鼠径部のドレンを抜く。ベッドと車椅子とを移動する練習。リハビリ担当の先生が病室に来て日常生活におけるいろいろな動作についての説明をしてくれる。トイレ(大)が詰まったようになって全然出ないので寝る前に下剤をもらう。日中は微熱だったのに夜に再び38℃の熱が出る。
 
術後3日め。下剤の効果か便がようやく出た、食事が普通に戻る。リハビリ室でリハビリ開始。歩行器を使って歩く。手術部位に痛みはないが、左太もも前面にかなりの筋肉痛があって歩きづらい。自分の脚じゃないような違和感はなし。夜に熱が38℃を超える。
 
術後4日め。歩行器を使ってリハビリ室を2周。病室内の移動も車椅子から歩行器へ。この調子ならリハビリ病院への転院はせず自宅へ直接帰れそうとのこと。夕方に微熱。



・第2週
術後7日め。リハビリとして歩行器で病棟内1周を休憩をはさんで2回。病棟内の談話スペースまでなら介助者なしの歩行器でOKの許可をもらう。左太ももの筋肉痛対策としてマッサージを教えてもらう(揉むのではなく押さえる感じ)。
 
術後9日め。リハビリ室から出て歩行器で廊下(片道70m)を往復(途中何度か休憩あり)。
 
術後10日め。病棟内なら介助者なしの歩行器でOKの許可をもらう。
 
術後11日め。リハビリとして歩行器で病棟内を連続2周。リハビリ時以外も歩行器でのノルマを課せられる(1日に病棟1周を3〜5回)。



・第3週
術後14日め。抜糸。リハビリ室で杖2本を使って歩く。杖は松葉杖ではなくT字の持ち手があるタイプ。
 
術後15日め。来週中の退院を目指すことに。リハビリ室で2本杖歩行10mにかかる時間を測る。普通に歩いて26秒。早足で歩いて23秒。手術前の半分以下のタイムに。1本杖歩行も開始。
 
術後16日め。リハビリとして杖で病棟内廊下を歩く。2本杖と1本杖。術後初シャワー。リハビリ時以外の歩行器ノルマで左足甲に痛みが。ノルマは中止。左足甲の痛みが出ないようにするため以後リハビリの強度を落とす。用具を使って靴下を履く練習。
 
術後17日め。退院日が決まる。
 
術後18日め。リハビリとして病棟内廊下を1本杖で歩く(途中2,3度休憩あり)。
 
術後19日め。退院後の生活のためにリハビリで以下の3つを練習。
・階段の昇降
・病院の外の歩道を2本杖で歩く ※病院内のような「真っ平ら」でない道を歩く練習として。
・横になった状態からの起き上がりと起きた状態からの横たわり



・第4週
術後22日め。リハビリとして外の多少凸凹のある道を2本杖で歩く。リハビリ室で総仕上げとして2本杖歩行10mにかかる時間を測る。早足で歩いて18秒。
 
術後23日め。退院。左足甲の痛みがまだ残っているので安全を考えて2本杖で。リハビリ病院へ転院することなく直接自宅へ帰れた。



手術前に一番恐れていたのは「痛み」でしたが、幸いにも手術直後にちょっとあっただけで、「痛みがある」と訴えたら即対処してもらえました。
※痛みの出方は人によって全然違うようです。次第に減っていく方や、強い痛みが続いていたのにある日突然痛みが消える方とかがおられるとか。
 
また脚に人工物を入れるので、事前に「自分の脚じゃないような感覚がするかも」とも言われていましたが、こちらもありませんでした。
※この感覚は起きたとしても時が経てば消えていくそうです。
 
大腿骨についている筋肉が剥がれる恐れがあるそうで、術後3ヶ月は動作にいくつか「やってはいけないこと」ができます。
何例か挙げておきます。
 
・手術した側の脚で踏ん張ること。
・手術した側を下にして横になること。
・うつ伏せになること。
・座ったときなどに上体を前かがみにすること。
・手術した側の太ももを内側にひねること。
・手術した側の股関節を内側に曲げること。
などなど。
※いくつかの動作は術後3ヶ月以降になっても注意が必要です。
 
最もこわいのは「脱臼」と「骨折」ですね。
 
脱臼については股関節を動かす方向によって脱臼のしやすさに差があります。なのでそのあたりを注意しなければなりません。
※先に書いた「やってはいけないこと」は脱臼にも関係してくるものが。
 
骨折については、大腿骨内に金属製の棒が入っているので、棒が入っている部分と入ってない部分の強度に差があり、もし転倒したりするとその境から骨折する可能性が高いです。



現在は以前外来リハビリに通っていた病院に、また外来リハビリに通っています。
(私の回復ぶりを皆さん喜んでくださいました。)
 
そこの病院で2本杖歩行10mにかかる時間を測りましたが、普通に歩いて18秒台でした。なので「早足で歩いて18秒」だった退院直前よりも進歩しています。
ただ「2車線の横断歩道を渡ることを考えると12秒くらいになっておくことが必要」だそうです。頑張らないと。
 
この記事を書いている時点で手術からほぼ2ヶ月ですが、日常生活の7〜8割程度は1本杖です。起床直後など不安定な場合には2本杖を使用しています。
2〜3m程度なら杖なしでも歩けます(結構よたよただけど)。
 
先日手術を受けた病院を退院後初めて受診したのですが、「順調」と言って頂きました。
 
私自身も退院後、日が経つにつれて歩くのが楽になっていくように感じています。
 
来年1月の後半に受診の予約が入っているのですが、その時は病院まで電車を使って行けたらいいなと希望しています。
(自宅から結構遠いこともあり、これまではずっとタクシーを利用していました。)
 
順調なようで何よりなのですが、私は結構調子に乗って失敗するタイプなので、調子に乗りすぎて脱臼・骨折などといったことにならないように注意するようにしているつもりです。
 
さあ、来年こそは「完全杖なし歩行」を達成するぞ!


結論: この記事が人工股関節手術を考えている方々の役に少しでもなれたらいいな

2018.12.19

人工股関節を入れる手術を受けました(前編)


10月末ごろに人工股関節を入れる手術(THA)を受けました。
※左の股関節。
 
幸いに経過も順調なようで手術してよかったと思っています。
 
もしかしたら他の誰かの参考になるかもしれないと思うので、これまでの経過をざっと書いていきたいと思います。
(この記事では入院前まで。入院後については後編で。)



最初に症状が出たのは2017年の9月。
2017.12.02 入院してました
 
上記記事にも書いてありますが、ある日朝起きたら左股関節が痛くて歩けない状態に。
さらに高熱が出たこともあり急遽入院。
※入院した診療科は高熱に対する対処を優先して内科に。
 
高熱は細菌感染によるものだという検査結果が出たのですが、股関節痛の原因はわからず。
※細菌が股関節に感染して痛みが出たわけではないとの診断。股関節は軟骨がすり減ってしまっていることがわかったが、直前まで無痛だったことを考えると原因とは考えにくい。
 
2ヶ月ほどの入院で細菌感染は完治し退院したものの、左股関節まわりに痛みがいくらかあるのと脚力の低下の関係で杖歩行に。
 
外来でリハビリにも通い、2017年の最後のリハビリではわずか数メートルとはいえ念願の杖なし歩行に成功。
 
希望を持って2018年を迎えたのですが...



2018年に入ると、杖なし歩行をしようとすると前へ踏み出そうとした右脚が左へ流れてしまい、左脚とぶつかり歩けません。仕方なく再び杖歩行に。
 
2月に股関節のレントゲンを撮ったところ、左大腿骨骨頭が大きく変形していることがわかりました。
※この時点で骨頭壊死との診断。後に変形性股関節症に。
 
ただこの時点では痛みがそれほど大きくなかったので手術は選択しませんでした。
これまで通り「リハビリで股関節周りの筋力アップをはかり自力歩行を目指す」方針を取ることに。
※手術はできれば避けたかったし、手術はもっと痛みがひどくなった人がやるものだと思ってた。
 
この方針は5月ごろまでは順調にいき、股関節の痛みもなくなり自力歩行も近いと思っていました。



ところが6月ごろから再び左股関節周りに痛みが出るように。
 
リハビリは続けていたものの、痛みが次第に増していきます。
 
「手術もやむなしかも」と考えるようになり、webで調べてみると「入院は3、4週間」とあって、思っていたほど大変じゃなさそう。
 
しかし通っていた病院は股関節を専門とする医師がいなかったので、別の病院の股関節を専門とする医師を紹介してもらってそこを受診。
 
診てもらったところ、
 
・股関節の変形がかなり大きい。大腿骨骨頭だけでなく受け皿の骨盤も変形してしまっている。
・長年の透析の影響から手術のリスクが高い。
 
などの理由により「大学病院の受診を勧めます」と言われました。



2018年9月、紹介された大学病院を受診。
 
検査と診察の結果、
 
・手術自体は問題なくできる。
・長年透析を受けてきた関係上、普通の人よりリスクが4,5倍になる。
・合併症とかが出ない限り、入院期間は3,4週間。
・3,4週間経過後の状態によってはリハビリ病院へ転院となるかもしれない。
 
などの説明を受けました。
 
そこで手術予定を10月末ごろとして準備が進み出します。(後編へ続く)

2018.11.22

無事退院しました


先日「手術のため1ヶ月ほど入院します」というタイトルのエントリをUPしましたが、昨日無事に退院しました。
2018.10.25 手術のため1ヶ月ほど入院します



そのうち経緯を記事にして公開する予定です。
 
取り急ぎ報告まで。


・12月19日 追記
入院記の前編を公開しました。
2018.12.19 人工股関節を入れる手術を受けました(前編)


・12月21日 追記
入院記の後編を公開しました。
2018.12.21 人工股関節を入れる手術を受けました(後編)

より以前の記事一覧

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り

無料ブログはココログ