ブログパーツ Twitter

« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017.04.30

『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ〜ん♪ vol.6』を買った

ちょっと前から東京遠征の検討をしています。
宿はもう取りましたが新幹線を決めかねています。
これに関することを本記事の最後に「特報!」として書いてますのでよろしければそちらもどうぞ。


----------

タイトルの通り、『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ〜ん♪ vol.6』を買いました。
 
『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ~ん♪ vol.6』発売開始! - ざっぱ~ん♪ブログ
 

うぶんちゅ! まがじん ざっぱ〜ん♪ に関する過去記事は以下の通り。
2016.08.24 『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ〜ん♪ Vol.5』を買った
2016.02.07 『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ〜ん♪ vol.4』を買った
2015.07.26 『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ〜ん♪ vol.3』を買った
2014.11.17 『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ〜ん♪ vol.2』を買った
2013.12.20 Ubuntuの「薄い本」、発刊!?



どんなものなのかは上記の過去記事(※)を参照していただきたいのですが、簡単に言うと「Ubuntu に関するオリジナルの記事をいくつか載せた電子書籍」といったところでしょうか。

vol.1 と vol.2 の記事には「そもそも『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ~ん♪』とは何ぞや?」という解説的なものを書いてあります。

 
ファイルフォーマットは EPUB と PDF の両形式が収録されているので、PC やスマホでは PDF で、電子書籍端末では EPUB でと読書環境に応じた形式で読むことができます。
(zip 形式で1ファイルにまとめられています。)
 
DRM なんかもないので、“将来販売元がなくなってしまって読めなくなってしまう”といった心配もありません。



vol.6 の目次は以下のとおりです。
 
第1章 OpenNebula の Private MarketPlaceApp by おおたあきひこ
第2章 いかにして翻訳をするか by 柴田充也
第3章 Ubuntu 音楽再生アプリ探訪 by 長南浩
第4章 2017年のUbuntu 録画環境 by kazuken3
第5章 Cyclograph で GPS を使わずライフログ by Rakugou
第6章 Doker のアプリコンテナとして Re;VIEW を動かそう by 柴田充也
第7章 Ubuntu で血迷ってアダルトサイトを作ってみた話 by 長南浩
第8章 特別コラム by あわしろいくや
あとがき
著者紹介
 
この記事を書きながら並行して読んでいますが、Ubuntu 初心者の方が興味を持つとすれば7番めのアダルトサイト3番めの音楽再生アプリの記事でしょうか。
(これを書いていて初めて気が付きましたが、3と7は著者の方が同じなんですね。)
 
2番めの翻訳についての記事については「コードで貢献はできないけど翻訳でなら」と思っている方は読んでおいたほうがいいかも。
(もちろん「コードでも貢献できるけど翻訳でも」という方も。)
 
また8番めの特別コラムも翻訳に関連した話題です。



販売しているサイトですが、前回の『vol.5』と同じく GumroadDLsite.comBOOTH の3箇所なようです。
 
Gumroad での販売ページ
DLsite.com での販売ページ
BOOTH での販売ページ
 
価格は Gumroad と BOOTH が 700円。DLsite.com が 972円 です。

Gumroad は米ドル建てなので円/ドルの為替レートによっては支払額が 700円 より多かったり少なかったりします。
DLsite.com だけ他より高いですが、著者に入る額は他と同じなんだとか。

 
「どんな内容かわからないのに金払えるか!」方には 体験版があります。内容は販売版の各記事が途中まで読めるというものです。もちろん無料です。
 
体験版(※注:PDF)
BOOTH 体験版のページ
 
私は Gumroad から買いました。いつものように PayPal 支払いを選択。
(クレジットカードも選択可。)
金額は $6.98 でした。ちなみに前回の vol.5 が $5.98、もちろん日本円では同じ 700円。
こんなところで円高を実感するとは(笑)。



この『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ〜ん♪ vol.6』ですが、いつものように内容は濃いです。
それでも一人でも多くの方の目に留まるといいな。
 
結論: vol.6 の発売開始、おめでとうございます


★★★ 特報! ★★★
Ubuntu 日本語 Remix でお馴染みの Ubuntu Japanese Team が Ubuntu の最新版である 17.04 のリリースを記念して、毎年恒例の唐揚げリリースパーティーを開催されます。
 
Ubuntu 17.04リリース記念オフラインミーティング17.05 - ATND
Ubuntu 17.04リリース記念オフラインミーティング17.05 - Ubuntu Japanese Team Wiki
 
日時は5月13日(土)の12時15分から。場所はbit & innovation by TIS 株式会社(西新宿三井ビルディング23F)(東京都新宿区西新宿6-24-1)です。参加費は無料です。
 
今回のテーマは「デスクトップあれこれ」だそうです。17.10 からデスクトップ環境がこれまでの Unity から GNOME になるのにピッタリなテーマじゃないでしょうか。
 
120名の枠がありますが、これを書いている時点で57名の参加表明があります。
まだ余裕があるので、タダで唐揚げが食べたい人 Ubuntu に関心がある方は参加してみてはいかがでしょうか。
申込は上記 ATND のページから。
 
また、もしかすると Ubuntu Phone&Tablet に触れる残り少ない機会になるかも?
(展示があるかどうかは確認していません。)
 
それにしても今回の記事は取り消し線が多いな(笑)。

2017.04.23

京都駅にシトロエン New C3 を見に行ってきた


タイトルだけでは「なんのこっちゃ?」な方もおられるでしょう。
 
「シトロエン」というのはフランスの自動車ブランドのひとつです。

社名はつい先日まで「PSAプジョー・シトロエン・グループ」だったのですが、この4月5日に「Group PSA」に変更しました。
傘下のブランドとしてはシトロエンの他にプジョー、DS があります。また先ごろ GM からオペルを買収することも発表されています。

 
で、そのシトロエンが現在日本で販売している車種の中で一番小さいクラスになるのが「C3」と言う車種になるのです。
 
その「C3」ですが、このほど新型に切り替わるということで、現在全国をまわるキャンペーンが行われているのです。
(欧州ではすでに新型が発売されています。)
 
170423a
(左が現行 C3。右が新型 C3。)
※画像はどちらもシトロエンのサイトのものを使用しました。
 
そのキャンペーンがこちら。
 
ALL NEW CITROËN C3 ROAD SHOW
 
スケジュールは以下の通り。
 
4月8日(土)〜9日(日) CITROËN 中央
4月15日(土)〜16日(日) CITROËN 岡山
4月22日(土)〜25日(火) CITROËN 京都
4月29日(土)〜5月7日(日) CITROËN 堺
5月13日(土)〜14日(日) CITROËN 金沢
5月20日(土)〜21日(日) CITROËN 三重四日市
5月27日(土)〜28日(日) CITROËN 名古屋中央
6月3日(土)〜4日(日) CITROËN 浜松
6月10日(土)〜11日(日) CITROËN 長野
6月17日(土)〜18日(日) CITROËN 横浜緑
6月24日(土)〜25日(日) CITROËN 千葉
 
「つまり今日は CITROËN 京都 でイベントが開かれているのね」と思いきやさにあらず。
 
京都以外はシトロエンのディーラーが会場ですが、なぜか京都だけはイベントの会場が「京都駅前の広場」なのです。
(会場も特異なら期間も京都だけ火曜までなのはなんで?)
 
場所は JR 京都駅の中央口を出て右手側にしばらく進んだところ。
(京都タワーのある側の真ん中の出口です。)
 

大きな地図を表示
 
先に挙げたスケジュールでもわかりますが、京都は25日(火)までなので取り急ぎ写真中心でお送りします。



中央口を出て正面やや右手に1台の自動車が展示されています。
 
170423b
(これは同じ Group PSA のプジョー 3008。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
New C3 は見当たりません。
 
3008 のそばにおられたスタッフのかたに聞いてみたところ「もう少し先」とのことだったので、右側にずっと進んでみることに。
 
するとやがて見えてきました。
 
170423c
(シトロエン New C3 のバックショットです。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
170423d
(ついに実物と対面。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
170423e
(正面。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
170423f
(ま後ろ。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
170423g
(側面についている黒い帯状のが噂の「エアバンプ」。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
170423h
(想像していたより“かっちり”して硬かったです。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
170423i
(運転席です。このあとシートにも座ってみました。もっと柔らかいのかと勝手に想像してました。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。



今はやりの“SUV 風”でかっこいいのですが、1点だけ私には合わないと思う点を見つけてしまいました。
 
それがこれ。
 
170423j
(サイドシルの高さが高くて「よっこらしょ」という感じで超えなければ乗り込めません。)
※画像をクリックすると大きな画像(1200x1600)を表示します。
 
すらっと足長な方なら問題ないでしょうが、私のような短めの脚の方はちょっとね。
 
後席は確認していませんが、もし同じように高いのであれば、脚が悪い方やお年をめされた方を乗せるのは難しいかも。



スタッフのかたに伺ったところ、実際に販売が開始されるのは「7月ごろではないか」とのことでした。
 
ちなみに今日本に入ってきている New C3 は「これ1台」とのこと。
 
もちろん実際に走れる車体なのですが、ナンバーを取っていないのか公道は走れないそうです。
 
これを見て少しでも興味を持たれた方は見にいってみるといいんじゃないでしょうか。
 
キャンペーンサイトからクーポンを申し込むと、New C3 のミニカーがもらえるクーポンももらえます。
(抽選じゃないよ。「クーポンをご提示いただいた方にもれなく」もらえますよ。私ももらいました。)



最後に主要諸元を挙げておきます。
 
全長 3,995mm × 全幅 1,750mm × 全高 1,495mm。
1.2L PureTech ターボエンジン + 6速 AT。
最大出力 81kW(110ps)/5,500rpm 最大トルク 205Nm/1,500rpm。


結論: こんなかっこいい欧州車が似合う男になりたい(ムリデス)

2017.04.16

Ubuntu 17.04 "Zesty Zapus" リリース

??年ぶりに地元の自動車教習所に通い出しました。
ペーパードライバー用の講習を受けるためです。
学生の春休みも終わったし講習が取りやすくなるかな〜って思ってたんですが、講習希望者が私が取れる土日に集中してしまってなかなか思ったように取れません。


----------

4月13日(木)に Ubuntu の新バージョンである 17.04(コードネーム: Zesty Zapus) がリリースされました。

今回はめずらしく日本時間で日付が14日に変わるよりも随分早くリリースされたみたいです。

 
今回は前回の「16.10」同様、LTS のつかない通常のリリースです。

Ubuntu の各バージョンにはサポート期間の違いから大きく2種類に分けられます。
無印: サポート期間は9ヶ月 リリースは半年ごと
LTS : サポート期間は5年 リリースは2年ごと
ただしこの期間はフレーバーによっては違うことがあります。例えば Kubuntu 16.04 LTS のサポート期間は3年です。



今回も gihyo.jpUbuntu Weekly Topics にていち早く 17.04 の紹介記事が公開されています。
(ちなみに記事公開のツイートは14日の0:45に出ています。)
 
Ubuntu Weekly Topics 2017年4月14日号 Ubuntu 17.04 “Zesty Zapus”のリリース
 
やっぱりコードネームがついにアルファベットの最後の文字である "Z" に到達したことですかね。次のバージョンではどうなるんでしょうかね。
なお次のバージョンの開発は既に始まっているそうですが、コードネームがどうなるかまだ決まっていないので、便宜的に "AA" としているんだそうです。
また別の情報では Ubuntu を開発している Canonical 社では「先頭が "A" で始まる単語をできるだけ挙げよ」という指令が出ているとかなんとか。
 
あとはプリンタの件ですね。ようやく Ubuntu から印刷するのにプリンタの選択に(あまり)悩まされずに済むようになりそうです。
iOS からプリントアウトできる AirPrint というのに(きちんと)対応していれば OK (なはず)。
(IPP Everywhere? 知らない子ですね。)
AirPrintの使い方:機種選択 - Canon
AirPrint - EPSON
 
Topics の最初にちらっと書いてありますが、もしかすると今回の 17.04 が Unity をデフォルトデスクトップ環境とする最後のリリースになるかもしれません。

18.04 LTS からは Unity に代わって GNOME がデフォルトデスクトップ環境になることは発表されています。しかし次の 17.10 がどうなるのかについてはまだ発表はないようです。

 
他には「DNS リゾルバの変更」とか「スワップパーティションからスワップファイルへ」とかありますが、Topics でも取り上げていないのでここでも取り上げません(きっぱり)。
 
・4月19日 追記
Ubuntu で GNOME を採用しているフレーバーである Ubuntu GNOME の 17.04 リリースアナウンス(英語)内に「Ubuntu 17.10 から GNOME が採用される」と取れる記述があることがわかりました。
Next year, if you are using either Ubuntu 16.04 LTS or Ubuntu GNOME 16.04 LTS, you will be prompted to upgrade to Ubuntu 18.04 LTS. For normal release users, this upgrade should happen with the release of 17.10.
(訳)来年、もしあなたが Ubuntu 16.04 LTS か Ubuntu GNOME 16.04 LTS を使っていたら、 Ubuntu 18.04 LTS にアップグレードするように要求されるでしょう。通常リリースのユーザなら、このアップグレードは 17.10 で起きるでしょう。
※太字は筆者による。
なのでもし新たにUbuntuを使ってみようかと思っておられる方がおられたら、17.10 まで待つのがよさそうですね。



ではいつものように、項目ごとにまとめて注意点などを書いていきます。
 
・リリースノート
まずは毎回のように繰り返していることですが、「リリースノートを読みましょう」 ← これすごく大事。
 
リリースノート(英語)
 
いつもはリリース後しばらくしないと完成しないリリースノート(英語)が、なぜか今回に限ってリリース前にほとんど完成していたそうなので、英語が読める方はこれを読んでください。
 
リリースノートの日本語版は Ubuntu Japanese Team の方々が鋭意翻訳中です。
日本語版はもうしばらく待ってあげてください。Ubuntu Japanese Team の翻訳関係のメンバーの方々が、今回に限っては”ある事情”から忙しいみたいなので。
 
日本語版が公開されたことがわかったら、この記事に追記します。
4月18日 追記 公開されました。詳しくは記事末尾を。



・ダウンロード
デスクトップ版のダウンロードページは以下になります。
 
Download Ubuntu Desktop
 
注意点ですが、上記ページの最初の「Download」ボタンは 17.04 用のものではありません。
最初のは 16.04.2 LTS 用ので、2つ目が 17.04 用です。



・日本語 Remix は?
日本語 Remix を提供して下さる Ubuntu Japanese Team のサイトには、この記事を書いている現在、まだ 17.04 リリースのページが作られていません。
 
「テスト参加へのお願い」メールもまだ出ていないようなので、もうしばらくかかるものと思われます。
 
日本語 Remix が公開されたことがわかったら、この記事に追記します。
5月4日 追記 リリースされていました。詳しくは記事末尾を。



・次期バージョンは?
次期バージョンである 17.10 のコードネームはこの記事を書いている時点ではまだ発表されていません。
 
この記事の上のほうでも書きましたがどうなるのかはまだわかりません。
 
昔の Mac OS X みたいに「ネコ科の動物の名前」にすることにして「サーバル」なんてことには……、ならないですよね(笑)。
 
4月22日 追記 17.10 のコードネームについて、おそらく 99.99% 間違いないと思われる情報が伝わってきています。詳しくは記事末尾を。



筆者は現在 16.04 LTS を使っています。
 
Unity 8 がなくなった現在、筆者が 17.04 を入れる利点はあまりないように思います。
(プリントアウトは Windows からやってますし、使ってるプリンタが AirPrint 非対応。)
 
それよりも 18.04 LTS を先取りして今の環境に GNOME Shell を入れるかどうかで悩んでいます。
 
ただ以前に一度 GNOME Shell を採用している Fedora を Virtualbox 上の仮想 PC としてインストールしたことがあるのですが、そのときは 3D がうまく機能しなかったのかフォールバックモードでしか動かなかったんですよね。
今の Virtualbox ならちゃんと動くんでしょうか。


結論: 前回と同じくなぜかリリース日を来週だと勘違いしていたのはここだけのヒミツ


・4月18日 追記
リリースノートの日本語版が公開されました。
リリースノート(日本語)
 
16.10 からのアップグレードの方法や、現在判明している問題とその回避策などが載っています。
インストールやアップグレード前に読んでおくことを強くお薦めします。


・4月22日 追記
毎回コードネームを発表するシャトルワース氏のブログにはまだ何も記載がないのですが、海外の信頼のおけるいくつかの媒体が新コードネームを伝えています。
Ubuntu 17.10 Is Named ‘Artful Aardvark’ OMG! UBUNTU!
Launchpad にもこの名前で登録されているそうですし、ほぼ確定かと。
ちなみに ‘Artful Aardvark’ を訳すと「技巧的なツチブタ」といったところでしょうか(なんのこっちゃ)。
 
また 17.10 のリリース予定日についても伝わってきています。
This is the Ubuntu 17.10 Release Date - OMG! UBUNTU!
上記記事によると「10月19日」だそうです。カレンダーに登録しとかないと。


・5月4日 追記
5月3日に Ubuntu 17.04 日本語 Remix がリリースされました。
Ubuntu 17.04 日本語 Remix リリース - Ubuntu Japanese Team
 
オリジナル版 Ubuntu 17.04 を日本語 Remix 相当にする方法ですが、以下のページに説明されています。
(「方法2・Japanese Teamのパッケージレポジトリを追加する」参照。)
Ubuntuの日本語環境 - Ubuntu Japanese Team

2017.04.09

近所の桜を撮りに 2017


毎年のように撮っている近所の桜ですが、昨日の土曜に満開になりましたがあいにくの雨。
今日は午後から雨が止むということだったので、昼食後に撮りに行ってきました。
 
昨年は記事はアップしたものの頸部脊柱管狭窄症のために桜はほとんど撮れなかったので、今年は実質2年ぶりということになります。
 
なお今年は全部スマホ撮影です。
 

桜を撮った過去記事一覧はこちら。
2016.04.05 さくらとクンシランとエトセトラ
2015.04.02 近所の桜探訪 2015
2014.04.05 今年も近所の桜を
2014.04.01 背割の桜を観に行ってきた
2013.03.31 近所の桜を撮る
2013.03.29 南天満公園に桜を見に行く
2012.04.08 さくらを満喫
2011.04.10 大阪城に桜を見に行く
2010.04.10 さくらを写す
2009.04.11 ゆく桜を惜しむ
2008.04.06 さくら、さくら、ららららら
2006.04.16 花と自転車と、そして...



まずはいつもの近所のスーパーの桜を。
 
桜と菜の花
(手前に桜。向こうに少ないながら菜の花が見えます。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
桜 画面いっぱいに
(同じ桜を裏側から。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。



駅前の公園です。
 
桜と花見をする人たち
(雨上がりですが多くのひとがお花見に来ています。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
どこかのお祭り?の衣装をつけた団体
(これは何の団体さんかな。)



堤防に植えられている桜です。
 
堤防の桜並木
(少し前まで堤防ののり面に菜の花がいっぱいだったので、桜がもう少し早ければ。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
上流側に移動します。
 
手前に菜の花、奥に砂防ダム
(砂防ダムの滝と菜の花。)
※画像をクリックすると大きな画像(1200x1600)を表示します。
 
堤防脇のスペースを覆い尽くすような花びら
(まるで桜の花びらの絨毯!)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。



天気が晴れでなかったのが残念でしたが、それでもちょうど満開の時期と日曜が重なったのは幸運でした。
 
体力面ではまだまだ元には戻っていませんが、このくらいの撮影なら問題ないほどには回復できてこちらも幸運。
(仕事も行ってますし。)
 
なんだか今年は春から縁起がいい。
 
もしかしたら今年は私の何かが変わるような予感がします。


結論: はなかなく散って終わらぬようにガンバロウ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ