ブログパーツ Twitter

« 関西プリモの秋のイベントに行ってきた | トップページ | LPIC レベル1 再認定 »

2016.10.14

Ubuntu 16.10 "Yakkety Yak" リリース

あまりの寒暖差によく鼻水が止まらなくなって困ります。
しかし寒冷刺激で鼻水が出るのなら、暖かくすれば止まると思うのになんで止まらないんでしょうかね。


----------

10月13日(木)に Ubuntu の新バージョンである 16.10(コードネーム: Yakkety Yak) がリリースされました。

日本時間で14日(金)になった直後に Ubuntu.com にアクセスしてみたところトップページに「Ubuntu 16.10 is here」とあったので、今回は協定世界時(UTC)だけでなく日本時間でも13日中にリリースできたみたいです。

 
今回は前回の「16.04 LTS」と違って LTS のつかない通常のリリースです。

Ubuntu の各バージョンにはサポート期間の違いから大きく2種類に分けられます。
無印: サポート期間は9ヶ月 リリースは半年ごと
LTS : サポート期間は5年 リリースは2年ごと
ただしこの期間はフレーバーによっては違うことがあります。例えば Kubuntu 16.04 LTS のサポート期間は3年です。



今回も gihyo.jpUbuntu Weekly Topics にていち早く 16.10 の紹介記事が公開されています。
(14日に日付が変わって1時間もしないうちに公開されていました。毎度のことながら仕事早い!)
 
2016年10月14日号 Ubuntu 16.10 “Yakkety Yak”のリリース・UWN#484 - Ubuntu Weekly Topics
 
これを見ると個人的に一番の注目点は「Unity 8の開発者向けプレビュー」ですかね。
ついに Ubuntu の次世代デスクトップを試すことができるわけですから。

Ubuntu Phone 搭載の Unity 8 なら OSC 京都で触ったことはあります
2015.08.09 OSC 2015 Kansai@Kyoto に行ってきた

 
あと "Yakkety Yak" の日本語訳として「やかましいヤク」と、ちゃんと「や(ヤ)」で揃えてるとこを見て思わず「うまいっ!」と思ってしまいました。



ではいつものように、項目ごとにまとめて注意点などを書いていきます。
 
・リリースノート
まずは毎回のように繰り返していることですが、「リリースノートを読みましょう」 ← これすごく大事。
 
リリースノート(英語)
 
リリースノートの日本語版は Ubuntu Japanese Team の方々が鋭意翻訳中です。というか前出の Topics によると「(本家本元の英語版ですら)リリース直後にはリリースノートは完成していないと考えてください」ということなので、いつものことだという気持ちで待ちましょう。
 
日本語版が公開されたことがわかったら、この記事に追記します。
※12月17日 追記 とっくの昔に公開されてました。詳しくは記事末尾を。



・ダウンロード
デスクトップ版のダウンロードページは以下になります。
 
Download Ubuntu Desktop
 
注意点ですが、上記ページの最初の「Download」ボタンは 16.10 用のものではありません。
最初のは 16.04.1 LTS 用ので、2つ目が 16.10 用です。



・日本語 Remix は?
日本語 Remix を提供して下さる Ubuntu Japanese Team のサイトには、この記事を書いている現在、まだ 16.04 リリースのページが作られていません。
 
「テスト参加へのお願い」メールもまだ出ていないようなので、もうしばらくかかるものと思われます。
 
日本語 Remix が公開されたことがわかったら、この記事に追記します。
※11月6日 追記 リリースされていました。詳しくは記事末尾を。



・次期バージョンは?
次期バージョンである 17.04 のコードネームはこの記事を書いている時点ではまだ発表されていません。
 
16.10 が "Yakkety Yak" というように "Y" で始まるものだったので、順当に行けば次の 17.04 は "Z" で始まるものになるんだと思いますが。
 
"Z" になったとして、その次の 17.10 はどうするんでしょうかね。
 
※10月17日 追記
17.04 のコードネームが発表されていました。
 
Zesty Zapus
 
‘Zapus’ は北アメリカに住む「トビハツカネズミ」らしいです。また日本人に馴染みのない動物...
(Wikipedia(英語版) によると ‘Zapus is a genus of North American jumping mice.’ とありました。)
‘Zesty’ はよくわかりません。「愉快な刺激的な味わいを持つこと」って、なんのこっちゃ?
なので私なりに ‘Zesty Zapus’ を強引に訳すと「ぞくぞくするトビハツカネズミ」といったところかな。
(‘Z’ で始まるということで敢えて「ぞくぞくする」と訳してみました。)



筆者は現在 16.04 LTS を使ってます。
 
「16.10 は見送りかな〜」と思っていたところ、ちょっと前に「プレビューという形とはいえ Unity 8 が体験できる」と聞いて「おおっ!」と色めき立ちました。
 
でも上記 Topics でも指摘されているように「16.10 に上げてしまったら 17.04,17.10 と上げ続けないといけない」んですよね。

最初のほうで書きましたが LTS でない無印のバージョンはサポート期間が9ヶ月です。
つまり 16.10 に上げたら、もし次の 17.04 に上げたくなくてもその次の 17.10 が出るより先に 16.10 のサポート期間が切れてしまうわけです。
サポート切れを回避する方法は2つ。
1.9ヶ月以内に 17.10 に上げる
2.16.04 LTS を再インストールする

 
Topics の筆者の吉田さんもツイッターで次のように言ってます。
 





 
うん、やっぱり上げないでおくかな(笑)。


結論: なぜかリリース日を来週だと勘違いしていたのはここだけのヒミツ


・11月6日 追記
Ubuntu 16.10 日本語 Remix が公開されていました。
Ubuntu 16.10 日本語 Remix リリース - Ubuntu Japanese Team
 
この記事を書いている時点で日本語リリースノートへのリンクが 16.04 Xenial Xerus のものになっていますが、すぐに修正されるでしょう。
※修正されました(ただしリンク先は英語のリリースノート)
 
またオリジナル Ubuntu 16.10 を日本語 Remix 相当にするための方法はまだのようです。


・12月17日 追記
リリースノートの日本語版が公開されていました。
リリースノート(日本語)
 
16.04 LTS からのアップグレードの方法や、現在判明している問題とその回避策などが載っています。
インストールやアップグレード前に読んでおくことを強くお薦めします。
(11月29日に公開されていたようです。気づけずごめんなさい。)

« 関西プリモの秋のイベントに行ってきた | トップページ | LPIC レベル1 再認定 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関西プリモの秋のイベントに行ってきた | トップページ | LPIC レベル1 再認定 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ