ブログパーツ Twitter

« 入院記 その5 | トップページ | ZenFone 2 Laser を Android 6.0(Marshmallow) にアップデートした »

2016.08.05

入院記 その6

(前回のあらすじ)
原因不明の腹痛に襲われる。
次第にひどくなる痛み。 CT を撮るが腸には異常が見られない。
しかしその CT 画像から「腹腸筋血腫」という診断が下された。
痛み止めの注射や血を固まりやすくする点滴、貧血対策の輸血などの処置のおかげで症状は次第に回復に向かう。





6回にわたって書いてきた入院記も今回が最終回です。
 
腹腸筋血腫は順調に回復。痛みのレベルは「2」から「1」程度にまで減少。患部の腫れも手で触って少しづつ小さくなってきているように感じていました。
 
さすがにもう大したことは起こりません。なので簡単にチャッチャと書いていきます。



7月14日(木)、腹腸筋血腫発症後初めてリハビリで廊下を歩いてみる。右足を踏ん張るときに多少患部に痛みがあるが歩くのにはあまり支障のないレベル。
 
そしてこの日は、待望のシャワーが浴びられる日なのだ。
(本来なら12日(火)から浴びられるはずだったのが延期になっていた。)
 
万が一に備えて看護師さんが隣室で待機していてくれたが、何も問題なく一人でシャワーを浴びられた。気持ちよかった。



7月20日(水)、医師より明日 CT を撮ると言われる。その結果が良好ならば「退院も見えてくる」とのお言葉。
医師から「退院」の2文字を聞いたのは入院後初。



7月21日(木)、11時過ぎに CT 撮影。
 
夕方に透析担当の K医師 が来られて CT の結果について説明を受ける。11日に撮った画像と比べても良くなってきているとのお言葉を頂く。退院については主治医の S医師 とも相談の上でと言われる。
 
ところが K医師 が病室を出てからものの5分も立たないうちに看護師さんが入ってきて「退院の許可が出ました」と言う。びっくり。
 
「いつがいいですか」と聞かれたのでダメ元で「土曜日(※23日)」と言ってみる。ところが調整の結果これが通ってしまう。



7月21日(金)、入院中最後の透析とリハビリ。
 
退院後のリハビリについて作業療法士の Kさん に尋ねる。なんと退院と同時にリハビリは打ち切りになるとのこと。
継続して受けたい場合はリハビリ担当医師の処方が必要なのだそうだ。
 
「どうされますか」と聞かれたのでちょっと考えたうえで打ち切りに同意。後は自宅でなんとかできるでしょう。



7月22日(土)、待望の退院日。
 
事務員さんが退院請求書を持ってこられる。なかなかの金額。
 
作業療法士の Kさん がリハビリの指導書を持ってきてくれる。自宅でリハビリをする場合の運動例などが書かれていた。これまでのお礼を言う。
 
看護師の Tさん が退院のお祝いを言いに来てくれる。入院前半に結構お世話になったのでお礼を言う。
 
10時ごろに両親が迎えに。荷物をまとめて看護師詰め所でお礼を言って病院を後にする。
2016.07.23 退院しました



退院はしましたが、首に装着したカラーは手術後3ヶ月はつけておく必要があると言われています。9月いっぱいまででしょうか。
 
今自宅の自分の机の前でこれを書いていますが、1時間も PC に向かっているとしんどくなります。体力がかなり落ちているんでしょうね。
 
でも手のしびれの方ははっきりと症状が軽減してきているのがわかります。かなりうれしいことです。
 
早くカラーが取れてまた前のような生活に戻れる日を今から楽しみにしています。



私が頸部脊柱管狭窄症になった原因はわかっていませんが、スマホを見る姿勢が一因だったのではと疑っています。
長時間下を向き続けたのが首に負担になったのではと。
 
スマホを見ている時に首が下向きになったままの人を多く見かけます。これは首に負担がかかる姿勢です。
時々姿勢を変えるようにしましょう。
首に疲れや違和感を感じたらすぐに休憩を。ポケモンは逃げません(笑)。
 
私と同じ目に遭わないでくださいね。
 
以上で入院記はおしまいです。
最後まで読んでくださってありがとうございました。
(終わり)

« 入院記 その5 | トップページ | ZenFone 2 Laser を Android 6.0(Marshmallow) にアップデートした »

コメント

カナちゃん、ご無沙汰しております。
私もプライベートでいろいろ続いてたのでネットサーフは久々だったので、こんなに大変な状況におられたことに気付くのが遅くなってすみません。

改めまして今頃ですがお見舞い申し上げます。
まだ首にカラーを装着されている状態なんですよね。
季節的に辛かったこととお察しします。

もう、病院に入っちゃうと患者の立場はまな板の上の鯉ですからね、お医者さんの処置に頼るしかないだけに異常な状態になったときって怖いですよね。
ほんとに不安だったことだと思います。

姿勢ってほんと大事ですよね。
私も年齢的なこともあって、ふとショーウィンドウに映った自分の老けっぷりに驚愕してました。
よく考えてみたら姿勢が悪いのだと気づいたので、なるべく下向き姿勢を続けないように・・・は、無意識なるとむつかしいんですよね。

また、お元気な姿でお目に書かれる日を楽しみにしております。

ぽんぽんさんコメントありがとうございます。
 
> まだ首にカラーを装着されている状態なんですよね。
記事の時点ではそうでしたが、その後OKが出て現在は外して生活出来ています。ただまだ筋力の回復が十分でないので2時間も起きていると首が疲れて横にならざるを得ませんが。
 
> また、お元気な姿でお目に書かれる日を楽しみにしております。
はい、ありがとうございます。関西プエルの皆さんにも早くお会い出来るようにがんばります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院記 その5 | トップページ | ZenFone 2 Laser を Android 6.0(Marshmallow) にアップデートした »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ