ブログパーツ Twitter

« SUZUKI Let's 4 の走行距離が 13,000km に | トップページ | Ubuntu 15.10 "Wily Werewolf" リリース »

2015.10.04

@nifty WiMAX 2+を契約した

ラグビーW杯で日本代表(世界13位)がサモア代表(同12位)を破って、W杯史上初の1大会での2勝目を挙げました。
おめでとうございます。
現在プールB 3位と、8強入りは難しくなったかも知れませんが、最後の米国(同15位)戦に勝って、なんとか目標の8強入りを果たしてもらいたいものです。


----------

先月末に @nifty WiMAX 2+ に申し込み、昨日の3日(土)に機器が届きました。
 
Box of the mobile router
(箱。上がモバイルルータ本体用(※)、左下がクレードル用、右下が SIM カード。)

Speed Wi-Fi NEXT WX01

 
The mobile router and the credle
(左上がモバイルルータ本体、右上がクレードル、下が SIM カード。)
 
The old and the new mobile router
(左が WiMAX 2+用モバイルルータ。右がこれまでの WiMAX 用モバイルルータ(※)。)

Aterm WM3500R



以前の記事(※)にも書いたように WiMAX 2+ には乗り換えずにずっと来ていました。

WiMAX 2+ についての以前の記事はこちら。
2015.02.22 @nifty WiMAXのWiMAX 2+切り替えプログラムどうしよう

 
動画なんかを見るにも YouTube 程度なら WiMAX でまったく問題ないので、私自身としては切り換える必要性を感じなかったんですよね。
 
ところが最近、WM3500R が、時たまではあるのですが、通信不能になることがあることと、「2年縛りだが始めの2年間の接続料金が WiMAX 時と同額」というキャンペーンがあったので、思い切って乗り換えてみることにしたのです。



無線 LAN での接続は PC,スマホともにあっさりと成功。

PC は WPS により接続。
スマホは専用のアプリ(AtermらくらくQRスタート for Android/iOS)をダウンロードして、付属の QR コードを読み取って接続。

 
その後、クレードルを使って PC との有線 LAN 接続を試みますが、なぜかうまくいきません。
(各種ランプなどは正常に接続していることを示すのだが、なぜかルーターにさえアクセスできない。)
 
一時は「クレードルが不良なのかも」と思いましたが、PC を再起動したところ、ウソのようにあっさりと接続成功。



さて、肝心の速度はどうなのでしょう。
 
スピードテストサイトを使用して測定してみました。
 
まずはこれまでの WiMAX の場合から。
(注:WM3500R はクレードルに接続して有線 LAN の状態で測定しています。)
 
BNR スピードテスト 画像読込み版
 
Speed Test 1: WiMAX
(5.04Mbps (630.33kB/sec))
※画像をクリックすると大きな画像(666x659)を表示します。
 
USEN 回線速度測定
 
Speed Test 2: WiMAX
(6.986Mbps)
※画像をクリックすると大きな画像(890x416)を表示します。
 
そしてこちらが WiMAX 2+ の場合。
 
・BNR スピードテスト 画像読込み版
 
Speed Test 1: WiMAX 2+
(9.13Mbps (1.14MB/sec))
※画像をクリックすると大きな画像(666x675)を表示します。
 
・USEN 回線速度測定
 
Speed Test 2: WiMAX 2+
(9.595Mbps)
※画像をクリックすると大きな画像(890x416)を表示します。
 
これを見る限りそれほど大きな速度向上はしていないように見えます。
 
ただ何度かテストしてみたところ、タイミングによっては 10数Mbps を叩きだす時もあり、その点ではなかなかかなとも思っています。
 
まあ希望としては WiMAX の減速前の理論値 13.3Mbps を超えた値を、最低でも10Mbps を超えた値をコンスタントに出して欲しかったんですが。



これからの時代、動画コンテンツはもっと増えるでしょうし、オンラインストレージの利用も当たり前になっていくでしょう。
 
つまり個人が使うデータ容量は増える一方。
 
WiMAX には容量制限はありませんでしたが、WiMAX 2+ には「直近3日間で3GB」とか「月間7GB(※)」といった制限があります。

「月間7GB」の制限はハイスピードプラスエリアモード (WiMAX 2+とau 4G LTEを利用できるモード)の場合。私が契約したハイスピードモードにはこの制限はありません。

 
数年以内にこのレベルの制限では不自由で仕方がない時代が来るかも知れません。
 
それだけにかつて「容量無制限」を謳った WiMAX 系のサービスには頑張ってほしいものです。


結論: ネット動画サービスで映画とかが遅延なく見れたらいいな

« SUZUKI Let's 4 の走行距離が 13,000km に | トップページ | Ubuntu 15.10 "Wily Werewolf" リリース »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SUZUKI Let's 4 の走行距離が 13,000km に | トップページ | Ubuntu 15.10 "Wily Werewolf" リリース »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ