ブログパーツ Twitter

« バッテリパックの交換・回収のお知らせが来た | トップページ | 枚方市長選 維新の会候補の勝利は何を意味する »

2015.08.30

E-Vinoがついに出た

今日30日投開票の大阪府枚方市長選挙でなんと大阪維新の会の伏見たかし候補が当選してしまいました。
枚方市長選挙開票速報特設サイト
ここ数日、維新の党のイメージを大きくダウンさせるようなニュースが連日報じられていたにも関わらず、です。
やはり自民党枚方支部が現職の竹内おさむ氏とは別の候補を立てたことが大きかったんでしょうか。


----------

以前の記事でちらっと触れていたヤマハの電動スクーター「E-Vino」。

2015.02.08 Let's 4 購入10周年

 
先日20日(木)から発売開始しているんだそうです。
レトロポップでお洒落なスクーター「Vino」がEVで登場 エレクトリックコミューター第4弾「E-Vino」(原付一種)新発売 - YAMAHA
 
昨年12月に台湾で発売されてから注目していたモデルなんですが、うっかりニュースを見過ごしていました。



E-Vino と、私が今乗っているスズキ Let's 4 とを比べてみました。
(数値はそれぞれのメーカーのサイトより転記。)
 
・E-Vino
全長/全幅/全高: 1,675mm/660mm/1,005mm
シート高: 715mm
車両重量(バッテリー装着): 68kg
最小回転半径: 1.8m
最高出力: 1.2kW(1.6PS)/3,760r/min
最大トルク: 7.8N・m(0.80kgf・m)/330r/min
1充電走行距離: 29km(30km/h 定地走行テスト値〈標準モード〉)(※)
充電時間: 約3時間
メーカー希望小売価格: 236,520円[消費税8%含む](本体価格 219,000円)

1充電走行距離(定地)の測定条件/標準モード、乗員55kg、バッテリー新品、気温25℃、乾燥路面、無風(ヤマハの web サイトより。)

 
・Let's 4
全長/全幅/全高: 1,665mm / 600mm / 985mm
シート高: 685㎜
装備重量(※): 68㎏
最小回転半径: 1.8m
最高出力: 3.3kW〈4.5PS〉/8,000rpm
最大トルク: 3.9N・m〈0.40kgf・m〉/7,000rpm
メーカー希望小売価格: 138,240円(消費税8%込み)(消費税抜き 128,000円)

装備重量は、燃料・潤滑油・バッテリー液を含む総重量となります。(スズキの web サイトより。)

 
サイズは少し大きめですが重量と最小回転半径は同じ。最高出力は劣るものの最大トルクは Let's 4 の2倍。
 
これらを見る限り取り回ししやすそうですし、トルクが大きいのはいいですね。
また充電時間が3時間と短いのも。

充電時間はバッテリー残量ゼロから満充電した場合。充電時間は充電環境に左右されます。



ただお値段が...ね。
(購入後に国から補助金が出るそうですが、最大2万円とのこと。※平成26年分補助金制度:E-Vino)
 
ガソリンと比べて大幅に安い充電代でどれだけカバーできるのでしょうか。
(1回の充電あたりの電気代は約14円だそうです。)
 
聞くところによると、電動スクーターは充電にかかる電気代はわずかでも、バッテリーが数年で寿命を迎えるのでその代金が問題だとも。

替えバッテリーの情報を探してみましたが見つかりませんでした。
ちなみにスズキの電動スクーター e-Let's のスペアバッテリーの価格は 86,400円(消費税8%込み)。

 
また電動スクーターは「電気製品」なので、その整備には電気関係の資格が必要とも聞きます。つまり近くにヤマハの販売店があっても、そこでは整備・修理は行えないかもしれません。
(電気に関係ない部分についてはやってくれるかもしれませんが。)



かなり意欲的な製品であることに間違いはないでしょう。
 
ハイブリッド車や電気自動車の急速な発達・普及から見ても、これからバッテリーの価格が下がってくることが期待できます。
 
10年後、あるいはもしかしたら5年後には、ガソリンスクーターと十分競争力を持った価格で電動スクータが売られるようになっているかもしれません。
 
私も今の Let's 4 がダメになったら次は電動スクータにしたいなと思っていますが、はたしてどうなることやら。


結論: ヤマハとスズキは一般向け電動スクーターを出している。ホンダはいつ出す?

« バッテリパックの交換・回収のお知らせが来た | トップページ | 枚方市長選 維新の会候補の勝利は何を意味する »

コメント

(開票率100%)
1 大阪維新の会 伏見 たかし 55,156
2 無所属 竹内 おさむ 52,801
3 無所属 なんば 秀哉 9,517
4 無所属 福川 ひろこ 7,122

2位と3位の得票を合わせると、1位の得票数を超えますね。
竹内氏は共産党も支持していたので、自民党が分かれなければ間違いなく当選していたはずです。
維新から出た首長はこれまで数々のトラブルを起こしています。
これから4年間、枚方の行政とイメージがボロボロになるのではないかと危惧します。

じょーでんさん、こめんとありがとうございます。
 
> 2位と3位の得票を合わせると、1位の得票数を超えますね。
 
今回の結果の最大の原因はこれでしょうが、ここだけ見ていると今起きていることを見誤ると思います。
まあこれに関しては近いうちに別記事にするつもりなのでここでは述べません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バッテリパックの交換・回収のお知らせが来た | トップページ | 枚方市長選 維新の会候補の勝利は何を意味する »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ