ブログパーツ Twitter

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015.01.21

ついに登場! Kindle for PC 日本版

イスラム国が「日本人の人質を殺されたくなかったら身代金を払え」という動画を公開しました。
イスラム国が日本人2人の殺害警告、身代金2億ドル要求 - REUTERS
安倍政権の政策に批判的な私ですが、政府の交渉が功を奏することを切に願いたいものです。


----------

待ちに待ったものがついに登場しました。
 
Windows 上で Kindle の電子書籍が読める Kindle for PC です。
※Windows 7,8,8.1 に対応。
 





私は Kindle の電子書籍を何冊も購入していますが、Kindle タブレットは持っていません。
 
では、どうやって読んでいたのか。
 
元々利用していたのは、Android の Kindle アプリ。

2013.01.20 Xperia SXにKindle for Androidを入れた

 
しかし持っているスマホは画面の小さな Xperia SX
(画面サイズは約3.7インチ。)
 
「PC の大きな画面で読みたい」ということで試行錯誤の末、Genymotion というソフトを利用して PC 上で仮想 Android タブレットを動作させ、その仮想 Android タブレット上で Kindle アプリを利用するようになりました。

2014.01.28 Virtualbox上の仮想AndroidでKindleアプリの動作に成功
2014.01.26 Genymotionにチャレンジ
2014.01.23 AndroVM Playerが動いた
2014.01.19 Virtualbox上でAndroidが動いたけれど
2013.12.29 PCでKindleの電子本を読むのに挑戦したんだけど...

 
その後、本家 Amazon から Kindle Cloud Reader という「web ブラウザ上で Kindle の電子書籍が読める」サービスが提供されましたが、利用できるのはコミック・雑誌のみで通常の書籍は対象外。

2014.09.19 ついにパソコン上でKindleの電子書籍を読む公式の環境が! しかし...

 
「米国 Amazon には Windwos PC 上で利用できる Kindle for PC というのがあるのに〜」と悔しい思いをしていましたが、その Kindle for PC がついに日本の電子書籍に対応したのです。



早速インストールしてみました。
(対象は Virtualbox 上の仮想 Windows 8.1 Pro。)
 
Kindle for PC のページから「今すぐダウンロード」と書かれたところをクリックして、Kindle for PC を PC 上の適当な場所にダウンロードしておきます。
 
ダウンロードした「KindleForPC-installer.exe」をダブルクリックするなどして実行させます。
 
あっさりとインストールが完了し、Kindle のアカウント入力画面が開きます。
 
インストール終了
(あまりに簡単にインストールできてびっくりしました。)
※画像をクリックすると大きな画像(1040x698)を表示します。
 
メールアドレスとパスワードを入力すると、これまたあっさりと自分の Kindle ライブラリが表示されました。
 
ライブラリ表示画面
(思っていたのよりずっと早くライブラリが表示されてこれまたびっくり。)
※画像をクリックすると大きな画像(1040x659)を表示します。
 
試しに米澤穂信さんの「満願」を表示させてみます。
(上の画像の上段左。)
 
表紙画像をダブルクリックするとデータのダウンロードが始まり、しばらくして内容が表示されました。
 
本文表示
(各種設定は初期値のまま。マウスのスクロールホイールやカーソル移動キーでページ移動可。)
※画像をクリックすると大きな画像(1366x768)を表示します。
 
仮想 PC 上の Windows 8.1 上にインストールしたので正常に表示されるかどうか心配だったのですが、文字もちゃんと表示されていますし、前後へのページ移動も問題ありません。
 
見る限りきちんと縦書に対応できているようです。
(句読点のぶら下がりを行っているのが確認できました。)
 
もちろん Android 版 Kindle アプリと同様にフォントサイズなどを調整できるので、上記画面よりフォントを小さくして画面内にたくさん表示させることも、逆にフォントを大きくして視力の弱い方でも見やすくすることも可能です。
(カラーモードで「黒」を選択すると黒地に白文字表示にできます。)
 
私にとって仮想 Android タブレット上の Kindle アプリでの最大の不満な点は「フォントを最小にしても画面内に表示される文字数が少ない」ということだったのですが、今回の Kindle for PC では驚くほど文字を小さくすることができますし、表示領域の幅も大きく設定することができるので、そういった不満はなさそうです。
 
フルスクリーン表示+文字サイズ最小
(Kindle for PC で「フォントサイズ最小、表示領域幅最大でフルスクリーン表示」にして 「満願」を表示したところ。)
※画像をクリックすると大きな画像(1366x768)を表示します。
 
仮想 Android タブレット
(仮想 Android タブレット上の Kindle アプリで「フォントサイズ最小、余白サイズ小、行間狭」にして「満願」を表示したところ。)
※画像をクリックすると大きな画像(1366x768)を表示します。
 
なお、PC Watch にて Kindle for PC を Windows タブレットで使用してみた記事が載っているので参考にしてみて下さい。
(漫画やタッチ操作での使い勝手についても言及されています。)
 
Kindle for PC日本語版を試してみた - PC Watch



まだ触り始めたばかりですが、これまで使っていた仮想 Android タブレットはもう必要ないかも。
(Kindle アプリで電子書籍を読むのにしか使用していませんでした。)
 
というか、ただでさえ最近売れ行きが芳しくないらしい Android タブレットの売れ行きに大きな打撃を与えるかもしれませんね。
そして一方で Windows タブレットの売れ行きに大きな追い風になる、かも?

日本は他の国と比較して Windows タブレットがよく売れている国なんだそうです。
「艦○れ」のおかげ?(笑)

 


結論: 大きなディスプレイが欲しくなる


・2月13日 追記
Mac で Kindle 書籍が読める「Kindle for Mac」というものが登場したそうです。
「Kindle for Mac」ついに提供開始! Macで快適にKindleが読めるぞー!! - ねとらぼ
あとは「Kindle for Linux」さえ出てくれれば...

2015.01.17

阪神・淡路大震災から20年

今日と明日は大学入試センター試験があります。
明日にかけては各地で雪の予報が出ているみたいですね。
受験生のみなさんが実力を遺憾なく発揮できますように。


----------

今年も1月17日がやってきました。
 
今からちょうど20年前、1995年1月17日(火)。
阪神・淡路大震災が起こった日です。

地震としての正式名称は「兵庫県南部地震」です。



あの日に私が体験したことについては、以前に記事としてまとめました。
※2006.01.18 11年目の1.17
 
あの災害で大きな被害を出した神戸市長田区には、復興のシンボルとして実物大の鉄人28号ができ、それを見に行きました。
※2011.08.09 長田の鉄人28号を見に行く
 
私が体験したことなどは、大震災のほんの僅かな一部分にしか過ぎません。
 
今日私が出かけた先の方と話をしていて、震災当日に関するこんな話を聞くことができました。
 
・京都のタクシー運転手から当日の話として「道路が波打っているのを見た」というのを聞いたことがある。
 
・大阪市内のビルから、神戸方向の空に煙が昇っているのが見えた。
 
神戸新聞のサイトには「【特集】阪神・淡路大震災|Great Hanshin Awaji Earthquake Disaster」というページがあります。
 
実際に大震災の一端を体験した私ですが、まだまだ知らないことがたくさんあるなと感じました。



阪神・淡路大震災は終わったわけではありません。
つい先日のニュースでは兵庫県災害復興住宅についての現在の問題が報じられていました。
 
・一般から借り上げて復興住宅にしたものの中には20年の返還期限が迫っているものがあり、高齢の居住者について返還後の行き先が問題になっている。
 
・復興住宅の居住者の多くは別の場所に転居したが、新たに転居してくる人が少なく、維持費用が自治体の大きな負担になっているものがある。
 
20年といえば一人の人間が成人するだけの時間です。
しかし今なお現在進行形でその影響は続いているのですね。



1995年といえば「地下鉄サリン事件」もこの年です(3月20日)。
悪いことばかりではありません。「Windows 95」の発売もこの年(英語版8月25日、日本語版11月23日)。
 
私自身についても、仕事に関してのある大きな出来事がこの年の12月に起こっています。
 
もしかすると何か世の中が大きく変わる年だったのかもしれません。


結論: まだ「歴史」にしてはならない

2015.01.03

はろー2015


あけましておめでとうございます。
この Blog 「水より柔弱」も昨年12月で無事満10年を迎えることができました。

記念すべき最初の記事がこちら。
2004.12.12 ココログはじめました

 
11年目に突入している今年も、これまで以上によろしくお願いします。



さて、例年なら新年一発目は我が家のアイドルである福ちゃん(我が家のプリモプエル)からのご挨拶なのですが、今年は少し趣向を変えて福ちゃんの新年の動画をどうぞ。
 

 
ツイッターの私のフォロワーさんにプリモプエル大好きなアメリカの方がいて、その方の要望もあって撮った動画です。
 
福ちゃんの動画といえば、過去に何回か記事にしていますね。
 
2014.09.17 プリモプエルの敬老の日の動画をアップしたよ
2013.09.15 関西プリモの別キャラ祭りに行く
2013.09.12 プリモプエルの動画をYouTubeにUpしたよ
 
この中で「敬老の日」の記事では、福ちゃんの動画で記事にしなかったものを一気に蔵出ししています。



さて次は例年通りおみくじ
 
いつもなら2社詣でてくるのですが、今年はちょっとした都合でまだ1社しか詣でられていません。
(もう1社の方を詣でられたら、追記でアップしますね。)
 
150103a
(「きち」は「よいとし」っていう意味だね。ことしもやったね!)
 
2年連続して「吉」でした。
(Blog 記事にしたぶんで言うと、この神社では2013年の「大吉」以外全部「吉」。)
 
「待人来る」とあったので、今年はもしかすると...
 
もうひとつの神社のおみくじがどうなるか、楽しみですね。



「2015」という数は面白い数で、「2のX乗」を「2^X」と書くと次のような式で表すことができます。
 
2015 = 2^10 + 2^9 + 2^8 + 2^7 + 2^6 + 2^4 + 2^3 + 2^2 + 2^1 + 2^0
 
同じ意味ですが「2015」を2進数で表記すると以下のようになります。
 
2015(10) = 11111011111(2) ※カッコ内は進数
 
0を中心にして左右どちらにも5つづつ1が並んでいるという、ある意味非常に綺麗な数になっています。
これは今年が非常に良い年であるということを暗示していたりしているのでは?
 
残念ながら素数ではないんですけどね(笑)。
※2年後の「2017」は素数です。



昨年末にちょっと書きましたが、「11月ごろから密かに進めているプロジェクト」の成果が早くも気になる今日このごろです。
(よほど悪くなければそれなりの結果が出るのは4月末ごろだというのに。)
 
とにかく何事も努力あるのみ。あせらず、急がず、じっくりと。
そして人事を尽くして天命を待つ、そういう風に生きていけたらいいな。
 
そして本 Blog の記事が少しでも皆様のお役に立てたらいいな。


結論: 今年もよろしくお願いします

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り

無料ブログはココログ