ブログパーツ Twitter

« Bitcasa、容量無制限やめるってよ | トップページ | 巨大太陽黒点を撮った »

2014.10.24

Ubuntu 14.10 “Utopic Unicorn” リリース


10月23日(※海外時間)に Ubuntu の新バージョンである 14.10 "Utopic Unicorn"(理想郷のユニコーン)が公開されました。
 
で、いつものように注意点とかを書いていこうかと思っていたのですが、Gihyo.jpUbuntu Weekly Topics の最新号に要点がわかりやすく(しかも私の blog よりも詳しく)載っていましたので、是非一読をおすすめします。
 
2014年10月24日号 Ubuntu 14.10 “Utopic Unicorn”のリリース・Ubuntu 15.04 “Vivid Vervet”・UWN#388 - Ubuntu Weekly Topics
 
というわけで書くことがなくなってしまったので、また次回...
 
とはいかないので(笑)、Topics を大いに参考にしつつ、書いてみます。



・リリースノート
まずは毎回のように繰り返していることですが、「リリースノートを読みましょう」 ← これすごく大事。
 
リリースノート(英語)
 
リリースノートの日本語版は Ubuntu Japanese Team の方々が鋭意翻訳中です。
 
なんでも今回は英語版のリリースノート自体がなかなか完成しなかったとかで、日本語版もその影響を受けるかもしれません。
(Japanese Team の方々は日中はそれぞれ本業を持っておられます。優しい心で待ちましょう。)
 
日本語版が公開されれば、なるだけ早くこの記事末尾の追記に載せるつもりです。
・10月26日 追記
リリースノート日本語版が公開されています。リンクはこの記事末尾に。



・ダウンロード
デスクトップ版のダウンロードページは以下になります。
Download Ubuntu Desktop
 
大きな注意点が一つあります。
 
上記ページの最初に載っている Download ボタンは「14.04.1 LTS」用のものです。14.10 用ではありません。

14.04.x のような型番は「ポイントリリース」と言われるものです。
(Windows で言うところの「サービスパック適用版」みたいなもの。)
LTS バージョンでは数カ月に一度このポイントリリースが行われます。
例えば前回の LTS である 12.04 LTS の場合、最後のポイントリリースである 12.04.5 が8月に公開されています。

 
14.10 用の Download ボタンは、その次にあります。

なぜわざわざ Download ボタンの位置について注意を促しているのか...と考えてみると理由はおわかりですね。

 
64bit 版がデフォルトになっています。
 
メインメモリが 2GB に満たないような環境(※仮想マシン等)の場合はリストボックスから 32bit 版を選択してからダウンロードして下さい。
 
Download ボタンを押すと寄付金額を指定できるページが表示されます。
「寄付してもいいよ」という殊勝な方は、それぞれのプロジェクトごとに寄付したい金額(※単位:ドル)を指定して「Pay with PayPal」ボタンをクリックします。
 
「ダウンロードだけしたい」という(私のような)方は、その左にある「Not now, take me to the download ›」リンクをクリックすれば OK。



・次期バージョンは?
14.10 が公開されるよりも前に、次期バージョンである 15.04 のコードネームが発表されました。
 
Vivid Vervet”(鮮烈なベルベットモンキー)
 
バージョン番号どおり、2015年の4月に公開される予定です。
(正式な予定は知りませんが、23日(木)あたりかな。)



・日本語 Remix は?
最初に挙げた Ubuntu Weekly Topics によると「数日~数週間以内にリリース予定」だそうです。
 
オリジナル Ubuntu は欧米の方々が中心になって開発している関係上、日本語関係に関して必ずしも使いやすいようになっているとは限りません。
(一例として 13.10 の時の IBus 1.5 への更新。)
 
日本語を使うならばきちんと日本においてテストされた日本語 Remix を使うのがお勧めです。
 
正式に公開され次第、なるだけ早くこの記事末尾の追記に載せるつもりです。
 
なお Ubuntu Japanese Team のメーリングリストに参加すると、正式リリース前の日本語 Remix のテストに参加できます。
※注意:テスト版ですので不具合が含まれている場合があることを十分理解の上、テストに参加して下さい。
 
11月10日 追記
リリースされました。詳しくは本記事の末尾を。



・アップグレードにあたって注意する点は?
最初に挙げた Ubuntu Weekly Topics に次のような一文があります。
 
> 14.10は14.04 LTSからの大きな変更がないため,明確な理由(14.10でのみ存在する特定の機能を使いたい,あるいは最新のUbuntuを使い続けないと爆発する爆弾を埋め込まれてしまった等)がない場合,14.04 LTSを使い続けることを検討することをお勧めします。
 
LTS でないバージョンのサポート期間は9ヶ月です。つまり 14.04 LTS から 14.10 にアップグレードした場合、遅くとも来年の7月中には次の 15.04 へ必ずアップグレードしなければなりません。
 
LTS の場合はサポート期間は5年です。
その後に出た新たなバージョンについて、「あまり代わり映えがしない」とか、「変更が多数入っていて不安定」などといったことがあっても、LTS を入れている場合はそういうバージョンをスキップすることができます。
 
また、アップグレードする場合については、このようなことも書いてあります。
 
> Ubuntuのアップグレードは中断可能,かつ問題発生時も復元可能になるよう設計されていますが,未知のバグ等の影響でアップグレードが失敗し,ある程度の知識がないと復旧できない状態に陥ることもあります。アップグレード前にバックアップを取得することをお勧めします。また,一ヶ月程度経過するとQAプロセスで見つからなかった問題が発見され,より安定した状態でのアップグレードが可能になるため,自信がない場合はしばらく経ってからアップグレードすることをお勧めします。
 
LTS のままで行くか、しばらく待ってから 14.10 にアップグレードするか、ゆっくり考えるとしますか。
(「すぐに 14.10 にアップグレードする」という選択肢は端から眼中になし!?)


結論: ううっ、私の中の「最新のUbuntuを使い続けないと爆発する爆弾」がぁ...(笑


・10月26日 追記
リリースノート日本語版が公開されていました。
インストールやアップグレード前には必ず読むようにして下さい。
リリースノート日本語版


・11月10日 追記
みんな大好き Ubuntu 14.10 日本語 Remix がリリースされていました。
Ubuntu 14.10 日本語 Remix リリース - Ubuntu Japanese Team
私もテストに参加しようと思ったのですが、テスト版をダウンロードして1回使ってみただけでその後は時間も取れず、何の成果も得られませんでした!(※某マンガ・アニメ風に)

« Bitcasa、容量無制限やめるってよ | トップページ | 巨大太陽黒点を撮った »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Bitcasa、容量無制限やめるってよ | トップページ | 巨大太陽黒点を撮った »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ