ブログパーツ Twitter

« ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展 in 京都市美術館 | トップページ | Bitcasaのアカウント更新した »

2014.10.29

大阪のど真ん中で青森ねぶた? 後編


先日19日(日)の記事「大阪のど真ん中で青森ねぶた?」の続きです。

前回の記事のあらすじ(?)
ツイッターで紹介されていた「大阪駅前で本物の青森ねぶたが組立中」という記事を読んだ本 Blog の筆者は、完成披露式典が行われる20日の前日の19日、ねぶたの組み立てを見ようと大阪駅の南側にあるヒルトンプラザ WEST に出かけた。
残念ながらねぶたは既に完成しており、式典に備えて透明なシートで囲われた状態だった。
そんな状態ではあったがねぶたの巨大さを実感した筆者は、11月3日(月・祝)までの展示期間内に再び訪れることを心に誓うのであった...



というわけで昨日28日(火)に再びねぶたを、いやもっと正確には「明かりの灯ったねぶた」を見ようと、再び現地ヒルトンプラザ WEST 前に出かけたわけです。
※詳しい場所は前回の記事に地図を載せてあるので参照して下さい。
 
ねぶたに明かりが灯るのは午後4時半(~11時)なので、午後4時10分ごろに JR 大阪駅に到着。
(今回は前回のような「駅の北側に出てしまう」といった失敗は繰り返しませんでした。)
 
少し時間に余裕があったので、先に「小型ねぶた」を見学するために、ヒルトンプラザ EAST へ。
(ヒルトンプラザ WEST から道路を挟んで東側のビルです。)
 
回転ドアをくぐって入ったアトリウムに小型ねぶたは展示されていました。
 
小型ねぶた
(小型ねぶたです。サイズは書かれていませんでしたが、幅3m,高さ2m弱くらいかな。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
こちらの題名は「鬼子母神(きしぼじん)」。

「きしもじん」と読むのが一般的かと思うのですが、説明書きのプレートには「きしぼじん」と書いてありました。

 

この記事を書きながらねぶたに関するハービス PLAZA のサイトの方を確認したのですが、なんとハービス PLAZA ENT の地下2階の方にも小型ねぶたが展示されているようです。
本物の青森ねぶたが登場!ヒルトンプラザWEST&ハービスPLAZA ENT 10周年記念合同イベント - ハービスPLAZA
って、前回の記事の「追記」でこのリンク紹介してるやん!



巨大ねぶた点灯の10分前くらいになったので、そちらへ向かいます。
 
透明のシートは正面と向かって左側の側面の2箇所は外されていました。
(辺りには青森ねぶたのお囃子が流れています。)
 
巨大ねぶた 消灯中
(ついに巨大ねぶたと「生で」ご対面。透明シート越しより立体感がはっきりわかります。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
「ねぶたの点灯を見ようという人でいっぱいだったらどうしようか」なんて思っていたのですが、公開から既に1周間以上経っている平日だということでしょうか、私より前に来ていたのは若い女性の2人組のみ。
 
それよりも何よりも風が強くて寒い!
(前日に木枯らし一号が吹いたばかり...ということは「二号」か(笑)。)
 
いよいよ点灯の時間になりました。
 
巨大ねぶた 点灯中
(これは点灯後15分ほど経った写真。点灯直後より辺りが暗くなってきたのでねぶたが映えます。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
ねぶたの明かりは現代では電球や蛍光灯になっているようなので、点灯の瞬間はあっけなかったです。
(アナウンスも何もなし。)
 
点灯その瞬間を撮った動画を YouTube に挙げておきましたので、リンクを張っておきます。
 

(バリバリという音の正体は強風です。寒かった。)
 
文覚
(より一層男っぷりが増した(?)文覚。中の針金の様子がよくわかります。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
不動明王
(赤みがかかって迫力も3倍増し(?)の不動明王。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
辺りが暗くなるまで待てばもっと綺麗なんでしょうが、あまりの寒さのために点灯から20分ほどで退散しました。



ねぶたの展示は11月3日(月・祝)まで。
 
11月1日(土)・2日(日)の午後2時からは「青森のりんごプレゼント!」というイベントもあるようです。
※各日500個限定
 
巨大ねぶたの展示は「天災等により展示を継続できない場合は、期間中であっても終了する場合がございます」ともあります。
 
Yahoo!天気予報によると、11月2日(日)・3日(月・祝)の大阪は天気が崩れる予報になっているので、「本物の青森ねぶたを見てみたい」という方はお早めに。


結論: いつか本場で見てみたい

« ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展 in 京都市美術館 | トップページ | Bitcasaのアカウント更新した »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展 in 京都市美術館 | トップページ | Bitcasaのアカウント更新した »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ