ブログパーツ Twitter

« 大阪のど真ん中で青森ねぶた? 後編 | トップページ | 枚方宿ジャズストリート&ひらかた菊フェスティバル 2014 »

2014.10.31

Bitcasaのアカウント更新した

今年のプロ野球も昨日日本シリーズが閉幕したことで終了しましたね。
(結果はみなさんご存知だから、わざわざ触れなくてもいいよね...(;_;))
そして早くも「ストーブリーグ」の話題がいくつか聞こえてきます。
その中に来年に期待を持たせるような内容は...無いよう。


----------

先日のこちらの記事の続きです。
2014.10.23 Bitcasa、容量無制限やめるってよ
 
その後、何か新たな情報が出てくるかと観察していたのですが、いくつかの IT 関係のニュースサイトとかに載った記事も、新たな情報を与えてくれるようなものではなく...
 
ということで、「それなら」とアカウント情報の更新作業を行うことにしました。



まずは https://www.bitcasa.com/personal の左上の「ログイン」から、メールアドレスとパスワードを入力します。
 
そうすると前回記事の「21時10分 追記」に添付した画像の画面が現れて、アカウントの更新を促してくれます。
 
アカウントの更新について
(前回の追記の画像を再掲。)
 
この画面によると、更新には4つの段階を踏むことが必要だとわかります。
 
1.セキュリティ証明書を確認
2.アカウントタイプを確認
3.転送したいファイルを選択(オプション)
4.新しい Bitcasa アプリをダウンロード
 
ではこの段階に沿って更新作業を見ていきましょう。
 
前回は「後で通知する」をクリックしましたが、今回はアカウントの更新を行うので「始めよう」ボタンをクリックします。



1.セキュリティ証明書を確認
 
認証情報の設定画面
※画像をクリックすると大きな画像(1302x671)を表示します。
 
「始めよう」ボタンをクリックすると、この「1.認証情報を設定します。」画面が表示されます。
(どうやらパスワードや秘密の質問を新たに設定するための画面のようです。)
 
画像では「セキュリティ質問1」までしか見えませんが、この下に「セキュリティ質問2」まであります。



2.アカウントタイプを確認
 
アカウント情報の確認画面
※画像をクリックすると大きな画像(1317x671)を表示します。
 
次にこの「2.アカウント情報」画面が表示されます。
 
私の場合は Free(無料) プランなので特に注意する点もないです。
 
しかし Infinite(容量無制限) プランの方の場合は新たな移行先のプラン(※)を選択する必要があるので、ここでその選択を行うのではないかと推定されます。

1TB Premium プラン、もしくは 10TB Pro プラン。

 
その選択によっては全ファイルを移行できない場合があるので、その点の念押しなども行われるのではないかと。



3.転送したいファイルを選択(オプション)
 
転送ファイル選択画面
※画像をクリックすると大きな画像(1317x671)を表示します。
 
次にこの「3.転送するファイルを選択します。」画面が表示されます。
 
この画面も Infinite(容量無制限) プランの方以外は何も考えずに「すべてのファイルを転送」ボタンをクリックでよいでしょう。
 
Infinite(容量無制限) プランから移行される方で、新たなプランに全てのファイルを移行できない方の場合は、ここで移行するファイルを選択することができるものと思われます。
 
また、移行しないファイルのダウンロードもここからできるのではないかと推測されます。



4.新しい Bitcasa アプリをダウンロード
上記「3」までが完了すると新たなパスワードでのログインを求められます。
(従来のログイン画面では「メールアドレス」であった部分が「ユーザー名」になっているので一瞬「???」となりましたが、従来通りメールアドレスを入力で OK でした。)
 
ログインが成功すれば移行作業は一段落ついたことになります。
 
しかしこの状態ではまだ Bitcasa アプリを更新していないので、新アカウントの My Bitcasa にはアクセスできません。
 
以下に Bitcasa アプリの更新方法を、Windows と Linux とに分けて説明していきます。
(Mac については筆者の環境に Mac がないので確認できません。あしからず。)
 
・Windows

以下の内容は Windows 8.1 のデスクトップで行ったものです。
デスクトップからなら他のバージョンでも同様にできると思われます。
モダン UI の場合はわかりません。

 
Windows の場合は Windows のツールバー上の Bitcasa アイコンからアプリのアップデートが可能です。
 
右クリックメニューからアップデート
(Bitcasa アイコン右クリックから「もっと」-「アップデートの確認」。)
 
この記事を書いている時点では「1.1.7.28」が最新でした。
 
アップデート完了後には Windows の再起動が必要です。
 
再起動の完了後に新アカウントへのログインが求められるのでログインして下さい。
 
ログインのための入力に間違いがなくても、Bitcasa 側の旧アカウントから新アカウントへのファイルの転送作業が完了していないと「転送が進行中です。これには数分かかる場合があります。」と表示されてログインできません。
 
転送が進行中
(「数分かかる場合が」とありますが、容量によっては数分では済みません。)
 
適当な間隔を置いて何度かログインしてみて、My Bitcasa の画面が表示されれば成功です。
 
・Linux
Linux 用のアプリは新アカウント用についても残念ながらまだ「ベータ版」です。
 
ログイン後の画面左上にある「ダウンロード」をクリックします。
 
ログイン後の画面
 
「Bitcasaをダウンロード」という画面が表示されるので、左下に表示される「ダウンロード」ボタンの下に「for Linux」云々という文言があるのを確認して、「ダウンロード」ボタンをクリックして下さい。
 
Bitcasaをダウンロード画面
 
ダウンロードボタン付近の拡大
(「ダウンロード」ボタン付近を拡大。ボタン下に「for Linux」の文字が見えます。)
 
「Linux版Bitcasa BETA」という画面が表示されるので、そこに記載された通りに端末からコマンドを実行します。

サポートしているバージョンとして「Ubuntu 12.04, 12.10, and 13.04 - 64 そして、 32 bit」と記載されていますが、Ubuntu 14.04 32 bit でも動作することを確認しています。

 
$ sudo sh -c 'echo "deb http://dist.bitcasa.com/release/apt debian main" > /etc/apt/sources.list.d/bitcasa-release.list'
$ wget -O- http://dist.bitcasa.com/release/bitcasa-releases.gpg.key | sudo apt-key add -
$ sudo apt-get update && sudo apt-get install bitcasa2

 
Bitcasa アプリを更新後に My Bitcasa にアクセスしようとしても、最初に挙げたアカウントの更新を促す画面が表示されてしまいます。
 
画面中の「アカウントが既にアップデート済みの場合はここをクリックして(略)」の「ここ」の部分をクリックして新アカウントでログインし直すと、My Bitcasa にアクセスできるようになります。



アカウントを更新しても、見たところ変わった部分があるようには見えません。
が、逆に考えると、これまでと同じ使い勝手で使用することができるとも言えます。
 
マイクロソフトの OneDrive が条件付きながら容量無制限を打ち出すなどしている中、Bitcasa がもともとの最大の売りだった容量無制限をやめるというのはビジネス的に逆風になるのではと思われます。
 
過去には価格の大幅アップといったこともありましたし、Bitcasa というブランドに不信感を持つ人が増えても仕方がない状況です。
 
私個人としては Bitcasa に頑張って欲しいと思うので、これからどのような「Bitcasa ならではのメリット」を打ち出していけるかに注目しています。
 
頑張れ! Bitcasa !!


結論: Linux 版の正式化はまだですか

« 大阪のど真ん中で青森ねぶた? 後編 | トップページ | 枚方宿ジャズストリート&ひらかた菊フェスティバル 2014 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪のど真ん中で青森ねぶた? 後編 | トップページ | 枚方宿ジャズストリート&ひらかた菊フェスティバル 2014 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ