ブログパーツ Twitter

« スマホ電話SIM フリーDataの1年継続オプションに申し込んだ | トップページ | プリモプエルの敬老の日の動画をアップしたよ »

2014.09.09

スーパームーンを撮った 2014


昨日の記事の導入部に書いたように、昨日が十五夜で今日が満月。

ちなみに十五夜の翌日の月のことを「十六夜(いざよい)」の月とも言います。
また「9月9日」は「重陽の節句」とか「菊の節句」などとも言います。

 
そして今年最後のスーパームーンでもあるのです。
(今年は7月,8月,9月と3ヶ月連続してスーパームーンなのだそうです。)
スーパームーンとは - コトバンク
 
ちなみに「スーパームーン」といえば、当 blog でも2012年に記事にしています。
2012.05.06 スーパームーンを撮った
 
この間にも何回かスーパームーンがあったのですが、「1回撮ったし、もういいかな」と。
 
でも今回は3ヶ月連続スーパームーンの最後だし、久しぶりに撮ってみようかと思い立ったわけです。



今回も2012年と同じデジカメを使用。
 
2012年のときは手持ちでオートの状態から少しづつ露出値(EV値)をマイナスにしていって、月の模様が見えたところで撮影しました。
(ブレを抑えるために、息をゆっくり吐いて止めたところでシャッターを切ったはず。)
 
今回は最初から -2.0EV にセットして、ブレを抑えるために固定物の上にカメラを載せて撮影しました。
(それ以外の条件は同じ。つまり今回もオートで撮影。)
 
まずは純粋な光学ズームの最大倍率で撮影。
 
140909a
(じゃまな電線をどうにか避けて撮影。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
-2.0EV でも月が明るすぎて模様がまったく見えません。
 

掲載写真では Exif 情報を削除していますが、元写真のデータによると撮影条件は以下の通り。
絞り: f/5.8
露出時間: 1/15秒
焦点距離: 267.0(35mm のフィルム), 47.3mm(レンズ)
ISO感度: 800

 
マニュアルモードとかを使えばもっと明るさを抑えて写せるのでしょうけど、そのやり方は全くと言っていいほど勉強していなかった...



次に「超解像ズーム」とかいうのを使って、もっと倍率を上げてみました。
 
140909b
(時間が経ったので電線から離れてくれました。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
今度はちゃんと模様が写りました。
 

掲載写真では Exif 情報を削除していますが、元写真のデータによると撮影条件は以下の通り。
絞り: f/5.9
露出時間: 1/200秒
焦点距離: 300.0(35mm のフィルム), 53.0mm(レンズ)
ISO感度: 100



本当は月が地上の建築物なんかと重なるような時間帯に撮ったほうが、月の大きさが際立っていい写真になるんでしょうけれど。
 
三脚も使ってないコンデジにしてはまあまあな写真になったんじゃないかと自賛しています。
 
それにしても2012年の金環日食のときの記事の最後で「本でも買って写真の撮り方についてちょっと勉強しようかな」と書いておきながら全くやっていなかったのが今回バレてしまいましたね。
 
次の天体ショーまでには少しはマニュアルモードに慣れておかないと。


結論: と思ったら来月8日には皆既月食があるらしい...

« スマホ電話SIM フリーDataの1年継続オプションに申し込んだ | トップページ | プリモプエルの敬老の日の動画をアップしたよ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スマホ電話SIM フリーDataの1年継続オプションに申し込んだ | トップページ | プリモプエルの敬老の日の動画をアップしたよ »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

無料ブログはココログ