ブログパーツ Twitter

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014.07.31

明日からOSC Kansai@Kyoto


今年もこの時期がやって来ました。
 
8月1日(金)・2日(土)に京都リサーチパーク(KRP)にて、
 
オープンソースカンファレンス(OSC) 2014 Kansai@Kyoto
 
が開催されます。



私は2日目の午後から覗きに行く予定です。
 
決めているのは午後2時からの Ubuntu のセミナーを見に行くことだけ。
 
あとは企業やグループのブースをブラブラと見て歩く予定。
 
昨年は疲労から見るのを諦めたライトニングトーク(LT)を今年は見たいな。
 
ま、当日の様子はいつものように本 blog で報告します。


結論: 雨降るなよ〜!

2014.07.19

京都水族館に行ってきた


小・中学生と高校生にとっては19日(土)からは楽しい夏休み。
 
当然、各地のレジャー・文化施設なんかはたくさんの人出で大混雑。
 
そんなことになる前に...
 
ということで、18日(金)に京都水族館に行ってきました。
 

京都水族館では7月19日(土)から9月24日(水)にかけて福井県立恐竜博物館と協力して「恐竜たちと水族館」などの企画展示やワークショップを行うそうです(概要はこちら)。



京都水族館は JR 京都駅そばの梅小路公園(うめこうじこうえん)内にあります。
(梅小路といえば蒸気機関車館でも有名。)
 

大きな地図を表示
 
京都水族館のサイトのアクセスマップのページによると、
 
> 「京都」駅中央口より西へ徒歩約15分、またはJR山陰本線「丹波口」駅より南へ徒歩約15分
 
だそうですが、猛暑が始まりだしているこの時期に「徒歩」はないだろうということで、電車とバスを乗り継いで行きました。
 
行きは以下のような手順で行きました。
 
・京阪電車と JR を乗り継いで JR 京都駅へ。中央口から出る。
・目の前にバスのりばが広がっているので、「B3 のりば」から京都市バス205系統に乗って「七条大宮・京都水族館前」で下車。
(支払いに SUICA 等のカード類は使えません。現金のみ(230円)。)
・先に掲載した地図で言うと、七条通と大宮通の交わる交差点を少し西に行った地点がバス停なので、大宮通に出て少し南(※地図で言うと下方向)に歩くと京都水族館に着く。
 

京都水族館への行き方ですが、先に挙げたアクセスマップのページの他に、京都市交通局の以下のページが参考になります。
京都水族館へは京都市バスで! - 京都市交通局

 

帰りは来た時と違って京都市バス208系統で「七条京阪」まで行き、そこから京阪電車で帰りました。
(行きに七条京阪経由にしなかったのは、七条駅のバス停の位置がよくわからなかったから。)

 
大宮通と木津屋橋通の交わる交差点から京都水族館が見えます。
 
京都水族館
(京都水族館です。)
 
入り口は南側(※上の画像で言うと左側)にあるのでそちらへまわります。
 
入口付近
(入り口周りの写真です。もう少し明るく撮るんだった。)
 
京都水族館は原則として休館日はありません。
(「施設点検、気象状況などで臨時休業をする場合があります」とのことです。)
 
営業時間や料金については営業時間・料金のページを参照して下さい。
 
チケットを購入して中に入るときに受付の方に「写真は撮ってもいいんですよね」と確認すると、「はい。ただしフラッシュは使わないで下さい」とのこと。
 
これで堂々と写真が載せられます。



今回、京都水族館に来た最大の目的は「オオサンショウウオを見る」こと。

オオサンショウウオは「世界最大の両生類」で日本にしかいません。
(国の特別天然記念物に指定されています。)

 
Wikipedia の「オオサンショウウオ」の項目を見ると、「分布」として「愛知県、大分県、兵庫県、広島県、岡山県、岐阜県、島根県、鳥取県、三重県、山口県、四国」が挙げられていて「京都府」は入っていませんが、京都にもちゃんと生息しています。

つい先日もニュースになりましたよね。
オオサンショウウオ、京都の住宅街で捕獲 - 京都新聞
また、そのニュースとは別にこんな動画↓も
鴨川にオオサンショウウオ1 (Giant salamander in Kamo River, Kyoto Japan) - YouTube
念の為に確認しておきますが、オオサンショウオは決して「カエルの子供が放射能の影響で巨大化したもの」ではありませんよ。

 
で、その肝心のオオサンショウオですが...
 
なんと!入ってすぐのところにある京都の鴨川を模した水槽にいました!!
 
オオサンショウウオ
(でかい!手前の黒い物体は大きさ比較のためのカード入れ。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x900)を表示します。

当 blog ではよくクレジットカード(クレカ)を大きさ比較のために置いたりしていますが、不特定多数の人が行き交う場所でクレカは出せなかったので、似た大きさのものとしてカード入れを置きました。


デジカメで撮った写真は残念ながらぶれていたので、上記の写真に関してはスマホで撮ったのを掲載しています。
尻尾はこの画像の左端よりさらに伸びてます。

 
オオサンショウウオの頭部
(頭部のアップ。カード入れを写したけど大きさがわかりにくいか。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
さらにその水槽の先の方では、オオサンショウオがうじゃうじゃと...
 
たくさんのオオサンショウウオ
(先ほどのよりやや小ぶりですが、6・7匹が重なっているでしょうか。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。



来館した目的をいきなり達成してしまいましたが、まだまだ入ったばかり。
 
以降は写真を中心に紹介していきます。
 
 
京の川ゾーン
(先ほどのオオサンショウウオのいた水槽もこのゾーンの一部。)
 
由良川を模した水槽
(京都の由良川の水生を再現した水槽。3つに分かれていて、右から順に上流・中流・下流となっています。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
 
かいじゅうゾーン
(かいじゅう=海獣ですね。)
 
ミナミアメリカオットセイ
(ミナミアメリカオットセイです。上下逆さまで泳いでいます。)
 
ゴマフアザラシ
(ゴマフアザラシです。このチューブ状水槽は右横の大きな水槽に床下でつながっています。)
 
 
ペンギンゾーン
 
ケープペンギン
(水中を泳ぐケープペンギンです。)
 
 
大水槽
 
大水槽
(大水槽です。水量は約 500t あるそうです。)
※画像をクリックすると大きな画像(1200x1600)を表示します。
 
古代魚
(「恐竜たちと水族館」展の先行展示として、古代魚が3種展示されていました。)

展示されていた3種の名称は以下のとおり。
・ポリプテルス・ビキール・ビキール
・ポリプテルス・エンドリケリー・エンドリケリー
・ポリプテルス・アンソルギー

 
 
ペンギンゾーン(続き)
 
ペンギン各種の絵
(2階へ上がるスロープの壁面に、いろいろなペンギンが実物大で描かれていました。)
 
ペンギンのための砂場
(スロープを上がり切ると、そこにはケープペンギンがいっぱい。)
 
ペンギンのアップ
(しきりのアクリル板のすぐ向こうにいました。こんなにペンギンに近づいたのは初めてかも。)
 
 
海洋ゾーン
 
サンゴ礁の海
(サンゴ礁の海を再現した水槽です。熱帯魚ってきれいなのが多いですね。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
ハマクマノミ
(ハマクマノミです。専用の小さな水槽に入ってます。)
 
チンアナゴ
(チンアナゴです。5匹顔を出しています。聞くところによると若い人に人気だとか。)
 
オオモンカエルアンコウ
(オオモンカエルアンコウです。)
 
ダイオウグソクムシ
(ダイオウグソクムシです。深海に住むため水槽が暗くなってます。)
※手前のカード入れと大きさを比較して下さい。

ダイオウグソクムシは7月17日(木)に展示開始されたばかり。
謎の深海生物「ダイオウグソクムシ」7/17展示開始 - 京都水族館

 
オウムガイ
(オウムガイです。「海底2万里」のノーチラス号の「ノーチラス」はオウムガイのことです。)
 
クラゲの大群
(クラゲばかりの大きな水槽。幻想的ですね。)
 
 
交流プラザ
 
ステゴザウルス類の骨格標本
(あれ?恐竜展は19日(土)からなのに。先行展示かな。)



来る前は「1時間ほどで見て回れるかな」と思っていましたが、予想以上におもしろいところで2時間近く居てしまいました。
(クラゲの水槽以降は「閉館時間のアナウンス」に急かされたので、それがなければ2時間を超えていたでしょう。)
 
しかもイルカスタジアムでのイルカショー(※)も見てないし、ペンギンペタペタタイムも見てません。

イルカに関するプログラムには以下の2種類があるようです。
イルカLIVE きいて音(ネ)
イルカのじかん~そっち行っていい?~

 
これはぜひまた行かなくては!
 
京都水族館、おすすめです。


結論: エキスポランド跡地に海遊館の2号館もできるらしいし、これからは水族館が熱い!?

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り

無料ブログはココログ