ブログパーツ Twitter

« 遅まきながらWin8インストール中 | トップページ | Ubuntu 14.04 LTSにアップグレードした »

2014.05.22

Bitcasaに登録&インストールした

東京スカイツリーが今日で開業2周年なんですってね。
なんかついこのあいだ開業したような気がしてならないんですけど。
って、昨年5月に浅草に行った時にはもう立っていたのを今思い出した。


----------

Bitcasa というのはいわゆる「オンラインストレージ」の1種です。
 
Ubuntu で使用していたオンラインストレージサービスの Ubuntu One が終了するというので引越し先を探していました。

下記記事の「追記」の部分で Ubuntu One 終了について触れています。
2014.04.05 Virtualbox 4.3.10上のUbuntuで共有フォルダが使用できない時、他



Ubuntu の最新バージョンである 14.04 には Ubuntu One のクライアントソフトも付かなくなるということなので、引越し先を見つけないことには 14.04 にアップグレードも出来ません。
(技術的に出来ないわけではなく、安心してアップグレードしたいという意味。)
 
ということで、web で以下のページなんかを参考にして引越し先を探していました。
 
最大50GBまで無料で使える!全15のオンラインストレージの完全比較 - Synclogue navi
 
条件としてはまず「対応デバイスに Linux があること」。
 
とすると以下の4つが該当します。
(Dropbox は既に使用しているので省いています。)
Copy
・Bitcasa
ADrive
Wuala
 
これらの中から Copy と Bitcasa に絞って検討していました。
 
最初は無料で 15GB 使える Copy がいいかなとも思っていたのですが、同じオンラインストレージとは言え、この2つのサービスには大きな違いがあることがわかりました。
 
・Copy
PC 内に「Copy」というフォルダを作成し、その内容をオンラインストレージと自動的に同期する。
(Ubuntu One みたいに同期するフォルダを任意に選ぶことはできない。)
つまりオンラインストレージにある内容と同じものが PC 上にもあるので、それだけ PC のストレージ容量が必要。
 
・Bitcasa
PC から見ると「外付けハードディスク」のように使える。
PC から Bitcasa に必要なファイルを転送した後ならば、PC 上のファイルは削除してしまってかまわない。
(指定のフォルダを自動で同期させるサービスもあるが、現状それは Linux では使用できない。)
 
Virtualbox のゲスト OS ということでストレージ容量に余裕のない Ubuntu, Windows で使用するには、Bitcasa がより適しているだろうと判断しました。



登録は Bitcasa のサイトからでもできますが、それだと無料アカウントでは 5GB しか使えません。
(私は Ubuntu One で現在 5.8GB 使っているので、5GB では足りません。)
 
Bitcasa には「他の人を招待すると招待した人と招待された人の両方に無料の容量 1GB がプレゼントされる」というサービスがあるので、web 上に招待用のリンクを公開しておられる方を探して、その方のリンクから登録しました。

ちなみに私の招待用のリンクはこちらです。
 
http://l.bitcasa.com/QAy02bHJ
 
このリンクから Bitcasa に登録していただけると、あなたと私の双方に 1GB の無料容量がプレゼントされます。

 
登録自体は名前とメールアドレスと希望のパスワードを入力するだけですんなりできました。
 
登録直後の bitcasa の私のページはこんな感じ。
 
140522a
(招待リンクから登録したので 6GB になっています。)
※画像をクリックすると大きな画像(1315x641)を表示します。



さてこれでは web サイトを経由した操作しか出来ないので、クライアント用のソフトを導入します。
 
Windows 用ならば GUI でインストールできるのですが、Linux 用のサービスはまだ β版 ということもあるのか、端末から指定のコマンドをたたく必要があります。
 
Linux 用のクライアントソフトの導入は以下のページから行います。
Linux版Bitcasa BETA
 
私の使用しているのは Ubuntu なので「Debian Distribution向け」のコマンドを入力します。

サポートしている Ubuntu のバージョンについて「Ubuntu 12.04, 12.10, and 13.04 - 64 さらに、 32 bit」とありますが、13.10 にも問題なくインストールできました。

 
$ sudo sh -c 'echo "deb http://dist.bitcasa.com/release/apt debian main" > /etc/apt/sources.list.d/bitcasa-release.list'
$ wget -O- http://dist.bitcasa.com/release/bitcasa-releases.gpg.key | sudo apt-key add -
$ sudo apt-get update && sudo apt-get install bitcasa

 
で、これでおしまいではなく、Bitcasa を任意の場所にマウントさせる必要があります。
 
書式は以下の通り。
 
$ sudo mount -t bitcasa <メールアドレス> <マウントポイント> [-o オプション]※[]内は省略可
 
例えば /media/bitcasa にマウントしたければ、
 
$ sudo mount -t bitcasa hoge@gmail.com /media/bitcasa -o password=1234
のように入力すれば OK。
 
アンマウントの書式は以下の通り。
 
$ sudo umount <マウントポイント>
 
毎回毎回マウントのためのコマンドを打つのが面倒くさいというのならば、Virtualbox の共有フォルダと同様に /etc/rc.local などにマウントコマンドを記載しておけばいいでしょう。
(/etc/fstab でもいいですが書式がマウントコマンドとは違います。)



登録しておいてなんですが、心配な点が2つ。
 
1.Linux 版は β版 であること
つまり正式サービスじゃないんですよね。
(Windows 版や Mac 版は正式サービス。)
 
正式サービスでないということは、なんらかの不具合を持っているかもしれません。
(OS なんかでも β版 を使うということは、そういうことを承知で行うもの。)
 
今後正式サービスになるかは今のところわかりませんし、正式サービスになるまでに仕様の変更があるかもしれません。
 
2.Bitcasa が今後も存続できるか
1と比べてなんと根源的な...
 
Bitcasa が一時騒がれたのは、サービス開始時に「年99ドルで容量無制限」を謳っていたからなのですが、その条件ではとてもやっていけなかったようで昨年11月に約10倍に値上げしています。
(現行の容量無制限コースは 11,900円/月または119,900円/年。)
 
サービス開始時こそ画期的と騒がれた Bitcasa ですが、値上げによってその魅力はガタ落ちに。
 
現在では無料コースの容量や無制限コースの金額が Bitcasa よりも有利なオンラインストレージのサービスは他にもあって(例: Google Drive)、Bitcasa がそれらよりも選ばれるサービスであるのかどうか。
 
Bitcasa 自身もそれはわかっているようで、データが暗号化されて Bitcasa 自身もユーザのデータの中身を見ることが出来ないなどの「信頼性」をアピールしているようですが、決め手になるのかどうか。
(先に挙げた Google Drive なんかは「データの中身見るよ」って言ってます。)
 
Ubuntu One だけでなく、有名どころでは NDrive や KDrive なんかがサービスを終了しました。
(KDrive は無料版が既に終了。有料版も2014年8月29日に終了予定。)
 
オンラインストレージ業界も大手への寡占が進みだしているのかもしれません。
その中で新興の Bitcasa が生き残っていけるのかどうか。



まあ万が一 Bitcasa がポシャったら他に移ればよい話なんですが、Linux 対応のサービスが少ないのは困りものです。
 
できれば Bitcasa が存続して Linux 版のサービスを拡充してくれれば言うことないんですが。
 
そのためにはどうしたらいいんだろう。そうだより多くの人が Bitcasa を使うようになればいいんじゃないか(棒読み)。
 
以下のリンクから Bitcasa に登録するとあなたに(そして私にも) 1GB の無料容量がプレゼントされます。
 
http://l.bitcasa.com/QAy02bHJ


結論: ファイルのアップロードが済んだら 14.04 にアップグレードしなきゃ


・5月24日 追記
Bitcasa からメールで「5月31日までに 1TB コースに変更すれば通常の 20%OFF の $79/年 だよ」って言ってきました。
 
1TB コースの通常価格は、ドル建ての場合 $99/年、円建ての場合 11,900円/年 なので、為替レートは120.20円。
(ここのところの実際の為替レートは円安に振れても103円台だから円建て価格は高いなあ。)
そのレートで換算すると $79 = 約9,496円 ということになります。
 
Ubuntu One の料金が 25GB で $29.99/年 だったから容量に対するコストパフォーマンスはいいですけどね。
(円建ての支払い価格は最後に支払った分で 3,134円 でした。)
 
どうしようかな。


・5月30日 追記
記事中に2回も書いた私のリンクですが、なんとそのリンクから Bitcasa に登録して頂いた奇特な方がおられたようです。
2014.05.30 私のリンクからBitcasaに登録してくれた人がいた!


・10月23日 追記
Bitcasa が「容量無制限をやめる」というニュースが飛び込んできました。
とりあえずわかっているところまでを記事にしました。
2014.10.23 Bitcasa、容量無制限やめるってよ

« 遅まきながらWin8インストール中 | トップページ | Ubuntu 14.04 LTSにアップグレードした »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遅まきながらWin8インストール中 | トップページ | Ubuntu 14.04 LTSにアップグレードした »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ