ブログパーツ Twitter

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014.04.24

今年のクンシランと他の花も


今年も母が育てているクンシランが咲きました。

自宅のクンシランについての過去記事。
2013.04.18 今年もクンシランが咲きました
2012.04.17 自宅のクンシランが咲いた
 
それと「蘭の版画」を見に行った以下の記事も。
2012.04.15 アサヒビール大山崎山荘美術館へ行く

 
株分けして3株に増えているのですが、今年はどうしたわけかそのうちの1株しか花をつけていません。
(あとの2株は花芽が見当たらないので今年は咲かないのかな。)
 
クンシラン 全体
(光の加減か、葉っぱが作り物みたいに写っちゃってます。)
※画像をクリックすると大きな画像(1200x1600)を表示します。
 
本当はもう少し前に撮りたかったのですが、私が昼間に撮影できる日がことごとくお天気が良くなくて。
 
花の勢いは盛りを過ぎてしまっていますが、やっぱりこういうのは明るい光のもとで撮らないと。
 
クンシラン 花が付いている部分のアップ
(花をアップにしてみました。)
※画像をクリックすると大きな画像(1200x1600)を表示します。



うーん、どうも今年はランをうまく撮れないな。
 
しかし今自宅で咲いているのはクンシランだけじゃありません。
 
ツツジ ピンク
(ツツジ(ヒラドツツジ)です。もう少し花があるときに撮ればよかった。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x900)を表示します。
※ここからはスマホ(Xperia SX)での撮影になります。
 
パンジー 黄と紫
(パンジーです。一見黄色だけの花のように見えますが、よく見ると...)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x900)を表示します。
 
ガーベラ 赤
(ガーベラです。)
※画像をクリックすると大きな画像(1335x1000)を表示します。



さあて、綺麗な花を鑑賞して心が洗われたところで、またもうひと頑張りといきますか。


結論: 私も自分自身の花を咲かせることに一生懸命になるぞ

2014.04.22

プリモプエルようちえんの大阪入園式に行ってきた 2014

ニュースでヒノキ科の花粉もピークを過ぎたと言っていましたが、1日2回の飲み薬でなんとかしのいでいる今日このごろです。
ゴールデンウイークもおでかけ日和になるみたいですし、もう少し治まってほしいものです。


--------

4月といえば世間では入学式や入社式のある季節。
 
プリモプエル幼稚園でも本校の入園式が東京(4月12日)と大阪(4月19日)の2箇所で開かれます。
2014年度 プリモプエルようちえん入園式のお知らせ - はーとねっと

--- はーとねっとより引用 ---
プリモプエル幼稚園って?
プエルちゃんたちが入園するようちえんだよ!
バンダイを本校とし全国のはーとなーショップが分校の役割をしているんだ!
--- 引用ここまで ---

 
昨年に引き続き、今年も福ちゃん(我が家のプリモプエル)を連れて、19日(土)の大阪入園式に出席してきました。

昨年の記事はこちら。
2013.04.20 プリモプエルようちえんの大阪入園式に行ってきた



大阪市営地下鉄御堂筋線の中津駅で下車。
 
はーとねっとの入園式のお知らせでは「中津駅1出口」となっていますが、お昼ごはんの場所の関係で2番出口から地上へ出ます。
 
やよい軒の中津店で昼食をとって、会場のバンダイ大阪支店へ向かいます。
 

(地下鉄中津駅からバンダイ大阪支店への行き方。)
※右上の地点の進行方向向かって右側がバンダイ大阪支店の場所。
 
バンダイ大阪支店
(バンダイ大阪支店です。入園式の看板が見えていますね。)
 
お出迎えのプエル2名
(ビルの入り口を入ったところでお出迎え。)
 
整理券をもらって、まずは3Fの控室で待機。
 
園服姿の福ちゃん
(昨年に浅草で買った園服を着て登園の福ちゃん。でもやっぱり下駄履き。)
 
整理券の番号は「36番」。後でこれがプレゼント抽選会の抽選券になります。
 
関西プリモの方々とご挨拶していると入場の時間になったので、2Fの会場へと移動します。
 
入り口に座る大きなプエル
(会場の入り口でお出迎え。名前はなんて言うのかな?)
 
入園式が始まりました。
 
つゆっきー園長とすみれ先生
(つゆっきー園長(左)とすみれ先生(右)。昨年のカトリーヌ先生は異動されたらしい。)
 
横を向く西村先生
(プリモプエルの生みの親、西村先生。うまく撮れなくてこんなのしかありません。ごめんなさい。)
 
今回の入園式は「授業形式」。
 
・1時限目: しゃかい
・2時限目: こくご
・3時限目: おんがく
・4時限目: きゅうしょく
・5時限目: がいこくご



まずは1時限目、「しゃかい」です。
 
おっきなプエルちゃんが「はじめてのおつかい」に挑戦したということで、そのビデオが流れました。
 
ビデオ上映中
(お使いの場所はバンダイ本社ビル上の売店。)
 
ちなみにこのおっきなプエルちゃん、昨年の「ハートそだつよ!プリモプエルお誕生祭(※)」から登場した NEW おっきなちゃん。

イベント詳細
イベントレポート

 
写真ではいまいちに見えてたのですが、実物を見るとけっこうイケてる感じ。



つぎは2時限目、「こくご」です。
 
プリモプエルに関するクイズが出題され、各テーブルごとに○×の札を上げて答えます。
 
クイズ出題中
(よりによって我々が間違えた問題の写真とは...)
※ちなみに答えは「○」。
 
我々のテーブルの成績は5問中4問正解。
 
全問正解のテーブルには賞品が用意されていましたが、正解テーブル数より少ない数しか用意されていなかったので、つゆっきー園長とじゃんけんで対象テーブルを決定。
(いきなりつゆっきー園長が全滅させるというハプニングも。)



続いては3時限目、「おんがく」です。
 
おっきいプエルちゃんとプエラちゃんが登場して、ダンスを披露しました。
 
ダンスを踊るおっきいプエルちゃんとプエラちゃん
(曲はゴールデンボンバーの「女々しくて」。)



4時限目は、みんな大好き「きゅうしょく」の時間です。
 
どらやき(※)が出ました。
(実はこれはおっきなプエルちゃんがおつかいで買ってきたものだったのです。)

関西では「三笠(みかさ)」と言いますね。
「みさか」じゃないよ(何。

 
三笠をかじる福ちゃん
(おいしいね!)



5時限目は、「がいこくご」です。
 
「プエルのイベントで外国語って?」と思っていたら、何のことはない「Free Time」のことでした(笑。
 
フリータイム中にはあちこちに個別のコーナーが。
 
・クラス別記念撮影
ぺんぎんぐみ
(福ちゃんはぺんぎんぐみです。どこにいるかわかりますか。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
※今回は他の組の写真はありません。あしからず。
 
・西村先生サイン会
西村先生サイン会
(サイン待ちの列が長いです。)
 
描いていただいたサインと似顔絵
(福ちゃんの似顔絵を描いていただきました。)
※画像をクリックすると大きな画像(1040x1600)を表示します。
 
・園長スタンプコーナー
スタンプコーナー
(こちらも列が。でも西村先生にはちょっと負けるかな。)
 
・撮影コーナー
ジオラマの中でお澄まし福ちゃん
(園門をかたどったジオラマ(?)をバックに、はいチーズ。)
 
・身体測定コーナー
身長測定中の福ちゃん
(おっきくなったかな?)
 
ちなみに今年の福ちゃんは、
 
しんちょう 28.6cm
たいじゅう 886g
 
でした。
 
・おっきいプエルちゃん、プエラちゃん写真撮影
 
おっきいプエルちゃん、プエラちゃんと一緒に写真が撮れます。
(自分自身も一緒に入って、スタッフの方に撮ってもらうことも。)
 
・ハートそだつよ!プリモプエル 入園式おしゃべり配布
 
「プリモプエル幼稚園の入園式にいったよ」というおしゃべりを登録してくれます。
(ハートそだつよ!ちゃんは SD カードでおしゃべりが増やせるのです。)
 
・つうしんぼ作成
つうしんぼとシール
(シールを貼ってつうしんぼを完成させよう。)
 
シールは全部で6種類あるのですが、最初はそのうちの3種類が3枚づつ配られます。
私には上の写真の左側の3種類が入っていました。
(人によって組み合わせがちがいます。)
 
つうしんぼのシールを貼る欄は5つあるので種類が足りません。
 
周りの人たちに話しかけて必要なシールを交換してもらって、初めてつうしんぼが完成するのです。
 

どうしても揃わない時は、「ハートそだつよ!プリモプエル 入園式おしゃべり配布」コーナーに行くと、必要なシールと交換してもらえます。

 
・かくれプリモを探せ!
見つけたかくれプリモ一覧
(全部で9箇所見つけました。)

上段左: 正面向かって左の壁の何かのスイッチ横
同中央: 正面向かって右の壁の、旗を持ったピースのパネル
同右 : 出入口の閉まっている扉の裏
中段左: 正面向かって左の壁のプエルのパネル
同中央: 男子トイレの扉
同右 : アンケート回収コーナー横の小さな椅子
下段左: 撮影コーナーのジオラマの中
同中央: 出入口の開いている扉の裏
同右 : 式次第のホワイトボードがある壁と床の境目



最後はお待ちかねの「抽選会」です。
(2人に賞品が当たります。)
 
最初にもらった整理券が抽選券になります。
(覚えていますか? 私と福ちゃんの番号は「36番」ですよ。)
 
さて当るのでしょうか...
 
最初の当選番号は.........「46番」!
 
残念! 1の位だけなら当たっていたし、10の位も1つ違い。
 
さて2人目の当選番号は.........「38番」!
 
残念! 10の位だけなら当たっていたし、1の位も2つ違い。
 
なお賞品は、
 
・西村先生の特製イラスト
・新製品の「チャームストラップ
 
でした。
(2人とも同じ賞品。)



今回もとても楽しい会でした。
 
実は数日前から古傷の右膝の調子が思わしくなく、行けるかどうかちょっと心配だったのですが、なんとか保ってくれました。
(帰りは疲れもあって、ちょっと右足を引きずり気味になっていましたが。)
 
来年も参加できるように体調管理をきちんとしないとね。


結論: 福ちゃんの下駄がつゆっきー園長と西村先生に「うけて」うれしい

2014.04.17

Ubuntu 14.04 LTS "Trusty Tahr" のリリース日なのを忘れてた


ちゃんと Google カレンダーに「17日」と書いておいたのに...
(リマインダーは設定せず。)
 
ということで(?)、今日17日は Ubuntu 14.04 LTS "Trusty Tahr" のリリース日なのです。
※LTS = Long Term Support
 
すっかり失念していました。
 
今日はほぼ1日かけて大きな問題の解決に取り組んでいたこともあって、そしてそれが一応うまくいった安心感もあって、今日がリリース日だということはどっかに飛んでいってしまっていました。



この記事を書いている段階ではまだリリースされていないようです。
 
今回は事前にあまり情報を集めなかったので 14.04 LTS の特徴などはまだよくわかってません。

私が知っているのはこれくらい。
・Unity のレスポンスが速くなったらしい
・Ubuntu One のクライアントソフトが同梱されない



まったく情報提供になっていませんが、新規、あるいはアップグレードを考えておられる方々には、次のことを強調してこの記事の終わりとしたいと思います。
 
リリースノートを読みましょう


結論: 新しい OS を入れる時って(いろいろな意味で)ドキドキしますよね


・追記
Ubuntu 日本語 Rimix でおなじみの Ubuntu Japanese Team の方々が、今年もリリースパーティを開かれるようです。
 
Ubuntu 14.04 LTSリリースパーティ+オフラインミーティング14.05 - ATND
 
裏タイトルが「そろそろ仕事でもUbuntu使ってみるか」だそうで、色々な事業者の方々のセミナーなども予定されているとか。
興味があられる方は参加してみてはいかがでしょうか。
※私は今回は残念ながら不参加です。


・4月18日 追記
日本時間の夜中(18日に入ってから)の間にリリースされたようです。
(寝てたのでリリース時刻はわかりません。)
デスクトップ用のダウンロードはこちら
(64bit 版と 32bit 版と、もうひとつあるぞ...何?「MAC」???)
英語版のリリースノートこちら
日本語版のリリースノートは Ubuntu Japanese Team の方々によって現在鋭意翻訳中とのことです。
(本業を持ちながら夜を徹しての翻訳作業、いつもいつも頭が下がります。)
 
14.04 LTS リリースについての記事が、gihyo.jp の Ubuntu Weekly Topics で(こんなに早い時刻に)公開されてます。
(この追記を書いているのは午前10時前。普段はお昼ごろ公開されているようです。)
 
Ubuntu Weekly Topics 2014年4月18日号 Ubuntu 14.04 “Trusty Tahr”・UWN#363 - gihyo.jp


・4月23日 追記
リリースノートの日本語訳が公開されています。
https://wiki.ubuntu.com/TrustyTahr/ReleaseNotes/Ja
 
今日公開の gihyo.jp の Ubuntu Weekly Recipe では、このリリースノートの解説を行っています。
Ubuntu Weekly Recipe 第321回 Ubuntu 14.04 LTSのリリースノートの紹介 - gihyo.jp
 
また、日本語 Remix リリース候補版が公開されています。
Ubuntu 14.04 LTS 日本語 Remix リリース候補版
 
あくまで「テスト用」ですので取り扱いにはそれなりの注意が必要ですが、たくさんの方がテストに参加するほど日本語 Remix の品質が向上しますし、バグ修正の助けになるのでリリース日も早まります。
Japanese Team の方々も数多くの方のテスト参加を呼びかけられているので、参加してみてはいかがでしょう。

日本語 Remix リリース候補版の使用には特に条件などはありませんが、バグ報告にはメーリングリストへの参加が必要です。
参加・退会 »
過去メールのアーカイブ »


・4月24日 追記
次期バージョンである 14.10 のコードネームが発表されました。
 
utopic unicorn
 
「ユートピアのユニコーン」といったところでしょうか。


・4月28日 追記
14.04 の日本語 Remix がリリースされました。
Ubuntu 14.04 LTS 日本語 Remix リリース - Ubuntu Japanese Team
RC4 を USB3.0 な USB メモリにインストールしてみたけど、サクサク動きますね。

2014.04.10

ITニュース3題

一時ひどくなったものの元に戻ったかに見えた花粉症ですが、本格的にひどくなってきました。
(毎年杉の季節よりあとにひどくなるので順調なの、か?)
行きつけの病院で薬を1日2錠に増やしてもらったのですが、副作用で日中もかなりの眠気。
気候のよい時期だから外出したいわ、花粉症がひどくなるのはいやだわ...


----------

ちゃっちゃといきます。



・1題目: えっ!富士通がニフティを売却?
富士通はニフティ売却を検討、ネット接続の業界再編も=関係者 - REUTERS
富士通、「ニフティ売却へ」報道にコメント - ITmedia ニュース
 
最初このニュースを見た時は「えっ?」と目を疑いました。
 
私が利用している ISP は @nifty です(※)し、私のメインのメルアドもそうです。
もちろんこの blog も。

正確に言うと、接続には @nifty の WMax サービスを使っています。

 
アドレスが変わったりすると嫌だな〜と思っていたら、否定するニュースも。
 
ただ「当社が発表したものではありません」という表現は、往々にして「情報を漏らしたのは当社じゃない」というのと同意なので、検討はされているのかも。



・2題目: ついに Win XP のサポートが終了
Windows XPのサポート期間が終了、Windows Updateは今後1年間提供 - PC online
ついに「Windows XP」サポート終了--6月末でも推定約600万台が稼働 - CNET Japan
 
XP 搭載マシン、使っていない仮想 PC に1台あります。
 
今は使ってないけど一応アップデートしておくかと思って、保存してある外付け HDD を覗いたら、VMware Palyer の仮想 PC でした。
(今はもっぱら Virtualbox ですが、かつては VMware を使っていた時期があるのです。)

VMware から Virtualbox に移るきっかけとなった記事がこちら。
2011.09.27 VMware Player上のUbuntu 11.04の解像度がおかしくなった

 
そのためだけに VMware Palyer を再インストールするのもなんなので、そのまま眠っていてもらいますか。



・3題目: インターネットの暗号化に深刻なバグが発見される
OpenSSLに情報漏えいの危険がある脆弱性、JPCERT/CCが注意喚起 - PC online
Gmail、YouTubeにも影響。壊滅的なOpenSSLの脆弱性、「Heartbleed」問題とは - WIRED
OpenSSLの「Heartbleed」脆弱性、一般ユーザーの自衛は困難 対応は長期戦か - ITmedia ニュース

 
ネットバンキングの場合に該当サイトのアドレスが「http://〜」じゃなく「https://〜」になっていることを知っている方はおられると思います。
 
「通信が暗号化される」わけなのですが、その暗号化のための方法の1つが「OpenSSL」と言うとわかりやすいかな。
 
その OpenSSL に深刻なバグが見つかったというのですから、これはおおごと。
(「1から10で評価するならこれは11だ」とあるのでも事態の重大さがわかろうかというもの。)
 
ただ私達ができることはほとんどないみたいなので、事態の推移を注意して見ておかないといけないかと。


結論: 花粉症なのか薬の副作用なのかで頭が回らない時に色々出すな!

2014.04.06

新HariTiger OS、2ヶ月


2006年以来約8年ぶりに開発を再開した HariTiger OS。

新 HariTiger OS についての過去記事です。
2014.03.06 新HariTiger OS、1ヶ月
2014.02.20 Project HariTiger OS、再起動
旧 HariTiger OS の記事へのリンクは2月20日の記事内にあります。

 
開発を再開してから今日でまる2ヶ月が経ちました。
 
主たる参考資料にしている「30日でできる! OS自作入門」(※以下「30日OS」)に掲げられている「30日」の倍の日数が経過しましたが、進捗はどうでしょう。



では今回も最新の画面の方を起動時から順を追って掲載していきます。
 
テキストモード
(GRUB2 から起動後、テキストモードで文字がずらずらーと流れていきます。)
 
ほぼマウスカーソルだけ?
(ん? なんか非常にすっきり「しすぎた」画面なんですが...)
※実際の画面サイズは前回と同じく、プログラム上は320x200、Virtualbox上では上下2倍に拡大されています。
 
前回の画面では、「動かない」とはいえウインドウやら何やらたくさん表示されていたのに。
 
とは言え、今回はマウスカーソルが動きます。あちこち動かしてみましょう。
 
カーソルを画面の下端に近づけると...
 
画面下端からバー出現
(画面下端から黒いバーが出現しました。)
 
前回の画面でも、若干デザインが異なりますが同じようなバーが表示されていましたね。
 
ということは、カーソルを画面の左端に近づければもしかして...
 
画面左端からバー出現
(色は前回と違いますが、思ったとおりバーが出現しました。)
 
画面上端と右端は何も出ません。
 
それぞれのバーにいくつかアイコンらしき図が表示されているので、マウスで色々クリックしてみましょう。
 
左端のバーの「白四角」をクリックしてみたところ...
 
ウインドウ出現
(前回とデザインが違いますが、ウインドウが1つ出現しました。)
 
もう一度クリックすると、ウインドウが2つに増えます。
 
ウインドウのタイトル部分をドラッグすると、ウインドウの移動も出来ます。
 
ウインドウ2つ
(ドラッグしたところ。右のがフォーカスあり、左がなしの状態です。)
 
このウインドウにも左上にアイコンがあります。クリックしてみましょう。
(左のウインドウのをクリックしました。)
 
ウインドウのメニュー
(巨大なメニューが表示されました。)
※メニューが「巨大」なのは画面のサイズが小さいせいです。
 
メニューの上1行は左から、「戻る」「最小化」「最大化」「閉じる」ボタンになっています。
(この画像では「最小化」はグレーアウトしていて「使えない」ことを表しています。)
※「最小化」ボタンがグレーアウトしているのは機能を実装できていないからです。
 
もちろん何を「最大化」「閉じる」のかというと、「元のウインドウを」です。
 
その下のメニュー項目ですが、多くのデスクトップ用 OS ではメニューのトップ項目は横に並びますが、新 HariTiger OS では縦に並びます。
 
メニュー項目をクリックすると、次階層のメニューはこの横に表示されるのではなく、Android などのメニューと同じように現在のメニューを上書きして表示されます。
※実装はできていません。
 
またメニュー項目の数が非常に多い場合、画面上に一度に表示されるのは数項目で、残りの項目へはメニューをスクロールさせてアクセスします。
(Android などのメニューと同じ。)
※実装はできていません。
 
「最大化」ボタンをクリックしてみます。
 
ウインドウ最大化
(最大化した場合はこういう表示になります。)
 
もちろんこの状態でも左端や下端のバーを表示させることは出来ますし、メニューを表示させると先程は「最大化」ボタンだった部分が「元のサイズに戻す」ボタンに変わります。
※これらの機能は実装できています。



前回の記事で「UI の実現は優先順位がかなり低い」と書いておきながら、この1ヶ月の大半をこの UI の実装に費やしてしまいました。
※UI = User Interface
 
新 HariTiger OS の UI 設計の基本となる考え方は「タッチでも使いやすいデスクトップ OS」です。
 
なのであちこちに Android の画面を元にしたものを入れています。
(iOS は触ったことないのでわかりません。)
 
UI での変更点で言うと、フォントを変えました。
(前回の画面と右上の時計表示(※機能未実装)の数字を比べてみて下さい。)
 
前回までは「30日OS」で使用しているフォントと同じものを使用していましたが、今回は文字コード0x21〜0x7eまでを「Ubuntu Mono」の12ポイントを元にしたデザインに変えています。
 
UI 以外のOS 内部の機構としては、念願のタスク管理に取り組んでいます。
 
「30日OS」で言うと17章の1までできたので、それからそのタスク管理機構を自分なりに改造している最中です。
(マウスクリックでのウインドウ選択やドラッグによる移動は24章相当。※実装方法は本とは異なります。)
 
今回出てきた「ウインドウ」は、まだタスクに紐付けられていない状態です。



今後の予定ですが、しばらくはタスク管理機構の改造を続けます。
 
その後は、タスク管理機構の効果を実感したいから「ウインドウ」ごとに異なる「アプリ」を走らせられるようにするのがいいかな。
(それとも「30日OS」の通りに次は「コンソール」の作成に進むか。)
 
UI に関しては今回で私的にはほぼ満足行くところまで実装できたので、これ以上の進歩はあまりないかと。
(いくつかのアイコンをクリックした場合の「ダミー画面」くらいなら作るかも。)
 
と言いつつ来月になったら「また UI の実現に大半を費やしました」ということになってたりして。
 
ということで、来月をお楽しみに。


結論: いい加減ペースを落とさないと他の「やらないといけないこと」に支障が出まくってます


・5月9日 追記
次の記事が出たのでリンク貼っておきますね。
2014.05.07 新HariTiger OS、3ヶ月

2014.04.05

今年も近所の桜を

プリモプエル幼稚園の入園式の日程がようやくはーとねっとに載りました。
2014年度 プリモプエルようちえん入園式のお知らせ - はーとねっと
私と福ちゃん(我が家のプリモプエル)は4月19日(土)の大阪入園式への参加を予定しています。


----------

先日の背割の桜以来、花粉症がひどくなったように感じている筆者です。
 
昨晩の風雨はものすごくて、自宅近辺の桜もかなり散ってしまっているだろうなあ...と思っていたのですが、今日になってから見てみるとしっかり残っていました。
 
なので急遽、(スマホのカメラですが)何枚か撮影してきました。



場所はいつもの「スーパーの桜と堤防の桜」です。
(帰宅途中に撮影を思いついたので、何箇所も回れませんでした。)

前回も挙げましたが、桜を撮った過去記事です。
(古い記事から1つ見つけて一覧に追加しました。)
2014.04.01 背割の桜を観に行ってきた
2013.03.31 近所の桜を撮る
2013.03.29 南天満公園に桜を見に行く
2012.04.08 さくらを満喫
2011.04.10 大阪城に桜を見に行く
2010.04.10 さくらを写す
2009.04.11 ゆく桜を惜しむ
2008.04.06 さくら、さくら、ららららら
2006.04.16 花と自転車と、そして...

 
水路と桜
(水路と桜)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
自転車と桜
(自転車と桜)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
子供と桜
(子供と桜)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
菜の花と桜
(菜の花と桜)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。



また今晩から雨だそうですし、TV のニュースなんかでも「今日がお花見の最終日」と言っていたので、これで今年の桜もおしまい。
 
桜は花はもちろんですが、実は筆者はこの後の新緑の季節がまた好きなのです。
 
そしてもちろん、「桜餅」もね(笑。
(我が家は大阪なので「道明寺」。ちなみに葉は「食べる派」です。)


結論: 桜に「死」よりも「生」を感じるのはおかしいですか

Virtualbox 4.3.10上のUbuntuで共有フォルダが使用できない時、他


現在の私の自宅でのメインの作業環境は Virtualbox 上の Ubuntu 13.10 です。
 
Virtualbox 上の Windows 7 や、ホスト PC の Windows 7 とファイルのやりとりを行うのに、Virtualbox の「共有フォルダ」の機能を重宝してきました。
 
それが先日、Virtualbox のバージョンを 4.3.10 に上げたところ、Ubuntu のみが 共有フォルダを使えなくなってしまったのです。
(Win 7 は問題なく共有フォルダが使用できる。)



最初は私の環境に何か問題があるのかと思ったのですが、どうやらこれは Virtualbox のバグのようです。
 
以下のようにバグ報告が上がっていました。
 
Ticket #12879: Can't mount shared folders with guest additions 4.3.10 ※注:英語
 
そしてその中に解決方法も記載されていました。
 
ゲスト OS 上で以下のコマンドを実行するだけです。
 
$ sudo ln -s /opt/VBoxGuestAdditions-4.3.10/lib/VBoxGuestAdditions /usr/lib/VBoxGuestAdditions



さて、本当に共有フォルダが使えるようになっているかを確かめてみます。
 
「mount」コマンドを実行してみます。
 
$ sudo mount -t vboxsf (共有名) (マウントさせるフォルダ)


例えば共有名が「Share」、マウントさせるフォルダが「/home/Share」の場合は以下のようになります。
$ sudo mount -t vboxsf Share /home/Share

 
アクセスしてみると、ちゃんと共有フォルダ内のファイルが見えることを確認しました。
 
まだ起動時の自動 mount は確認していませんが大丈夫でしょう。
(mount コマンドを自動で実行しているだけですし。)


結論: スクリーンショットが撮れないバグの方もよろしくおねがいします


・追記(というか「別件」)
Ubuntu ユーザの方にはおなじみのストレージサービスである Ubuntu One ですが、
 
提供元の英 Canonical が「Shutdown」(要するに「やめる」ということ)を発表しました。
 
Shutting down Ubuntu One file services - CANONICAL blog ※注:英語
ストレージサービス「Ubuntu One」、6月30日で終了。コードはオープンソース化される方針 - SOURCEFORGE.JP Magazine
 
既に追加容量や音楽の購入はできなくなっているようです。
(既に Ubuntu の「バックアップ」機能の保存先として使用できなくなっている、という情報もあります。)
6月1日以降はファイルの同期はされず、できるのはダウンロードだけになるようです。
8月1日以降、アップロードされているファイルも順次消されていきます。

上記 SOURCEFORGE.JP Magazine の記事に「7月1日以降ファイルは削除される」とありますが、情報元の Canonical の bog ではダウンロードできるのが「until 31 July」とされているので、8月1日が正しいと思われます。

 
またリリースがこの17日に迫った 14.04 LTS には、Ubuntu One クライアントは搭載されないとのことです。
(それ以前のバージョンからも順次消していくそうです。)
 
筆者のように有料の追加容量を購入している人に対しては、Shitdown アナウンスの出た4月2日を基準として以降の日数分の金額を払い戻してくれるそうです。
 
引越し先を探さねば...

2014.04.01

背割の桜を観に行ってきた


最初に白状しておきますが、私は「背割の桜(せわりのさくら)」という言葉は聞いたことがあったのですが、その場所が京都府の八幡市にあるということはつい数日前まで知りませんでした。



今年はどこに桜を見に行こうかと考えていて、「そういえば京都方面には梅は撮りに行ったけど桜はないなあ」と思って調べたところ、この「背割の桜」を見つけたのです。

桜を撮った記事を挙げてみました。
2013.03.31 近所の桜を撮る
2013.03.29 南天満公園に桜を見に行く
2012.04.08 さくらを満喫
2011.04.10 大阪城に桜を見に行く
2010.04.10 さくらを写す
2009.04.11 ゆく桜を惜しむ
2008.04.06 さくら、さくら、ららららら


ついでと言ってはなんですが、梅を撮った記事も。
2013.03.08 万博記念公園に梅を見に行く
2012.03.16 梅を見に城南宮へ



場所は、京阪電車の八幡市駅を下車し、石清水八幡宮とは線路をはさんで反対側へ徒歩10分ほど。
 
宇治川と木津川に挟まれた位置に「背割堤(せわりてい)」はあります。
淀川河川敷公園 背割堤地区 - よしぶえ
 
背割の桜 遠景
(御幸橋(ごこうばし)から見た背割堤の桜。これは全体のごく一部。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
満開の桜
(八幡市観光協会の開花状況のページによると「五分咲き」でしたが、満開になっているように見えます。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
八幡桜まつりのプレート
(1日(火)から10日(木)まで「八幡桜まつり」が開かれています。)
八幡桜まつり開催のお知らせ(再掲) - やわたまるごとナビ
 
桜のトンネル
(「桜のトンネル」です。これが約1.4km 続きます。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
写真ではわかりにくいですが、平日に行ったのにかなりの人出。
これは予想を超えていました。
 
いやそれよりもっと予想外だったのが「暑さ」。
薄手の服装を選んで行ったのですが、4月はじめとは思えない暑さ。

気象庁のサイトで調べたところ、1日の京都市の最高気温は「20.5℃」。
平年を4.1℃上回る「4月中旬並」の気温だったそうです。

 
木津川と桜
(下流に向かって左側が木津川。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
宇治川河川敷に張られたテント
(反対の宇治川側の河川敷には売店などが入ったテントがあります。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
こちらの河川敷では、ジャグリング日本チャンピオンのジャグリングショー(11:00,12:30,14:00,15:30)や、本部テントではガイドの説明を聞きながら桜のトンネルを歩く「"桜のお話"ツアー」(11:30, 13:30, 14:30)などの催し物も。
 
また、別の公園までを船で観光するコースなんかもあります。
(料金等は確認していません。)



桜の花をアップで撮ってみました。
 
桜の花アップ
(風があるのは暑い中では助かるのですが、枝が揺れるので撮るのには大変。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
下流を向いての写真ばかりでしたので、上流を向いての写真を1枚。
 
桜と木津川と御幸橋
(木津川の上流を向いてパチリ。)
※画像をクリックすると大きな画像(1600x1200)を表示します。
 
木津川方向の写真が多いので、宇治川が入った写真も1枚。
 
宇治川側からの背割の桜
(宇治川に掛かる淀川御幸橋から見た背割の桜。)



今回は全長約1.4km のほんの一部分しか歩いていませんが、評判に違わぬみごとな桜でした。
 
来る前は「もしかしたら少し早いかも」とも思っていましたが、ほぼ満開と言っていい状態で堪能できました。
(そういえば桜のトンネルで深呼吸の動作をしている人がいたけど、その気持ちわかる。)
 
次の木曜(3日)は雨とかいう天気予報になっていたので、もし行ってみたい方は明日の水曜が天気が良すぎなくていいかもしれません。
 
あ、そうだ、背割堤付近の Google Map を入れておきますね。
 


結論: 忘れるな、歩いた後のストレッチとアンメルツ(字余り)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り

無料ブログはココログ