ブログパーツ Twitter

« AndroVM Playerが動いた | トップページ | Virtualbox上の仮想AndroidでKindleアプリの動作に成功 »

2014.01.26

Genymotionにチャレンジ


いきなり読んだ方は「Genymotion とは何ぞや?」と思われるかもしれませんが、以下の「PC 上で Kindle アプリを動かそう」シリーズの続き記事です。
(前回とそっくりな書き出しでスイマセン。)
 
2013.12.29 PCでKindleの電子本を読むのに挑戦したんだけど...
2014.01.19 Virtualbox上でAndroidが動いたけれど
2014.01.23 AndroVM Playerが動いた



前回の記事で AndroVM Player からの仮想 Android タブレットの起動に成功しましたが、実は「AndroVM Player」という名前のプロジェクトは現在は終了してしまっており、名前を変えて新しいプロジェクトとなっているのです。
 
それが「Genymotion」です。



AndroVM Player のときとは違ってユーザ登録が必要になりました。
(商用製品になったので仕方ないですね。)
 
以下のページから「Sign up」欄に必要事項を登録すると確認メールが届くので、確認メール内のリンクをクリックするとユーザ登録が完了します。
 
Sign in | Sign up - Genymotion Site
 
サインイン後にダウンロードページに行き、「Other platforms and versions」欄から「Windows 32/64 bits」を選んでダウンロードします。

ページ上部の「Download ready-to-run Genymotion installer for Windows」欄は、「Virtualbox も一緒にインストールされる」ものです。
Virtualbox を既にインストール済の方は、「Other platforms and versions」欄の方を利用して下さい。

 
ダウンロードした genymotion-2.0.3.exe ファイルはインストーラーになっています。
ダブルクリックしてインストールを実行します。
 
起動したところです。
 
Genymotion
(Genymotion を起動したところ。)
 
上の図で赤枠で囲った部分に、きちんと AndroVM Player での仮想 Android タブレットが表示されています。
 
普通はこのまま「Play」ボタンでいいのでしょうが、AndroVM Player 用の仮想 Android タブレットが表示されている欄のスパナアイコンをクリックして「Device settings」画面を表示させたところ、解像度が「1024x600 - 120dpi」のはずが「1024x600 - 160dpi」になっていたので、それを修正しました。
 
「Play」ボタンをクリックして、仮想 Android タブレットを起動します。

警告メッセージが表示されますが、AndroVM Player 用の仮想デバイスも使用できます。

 
起動した仮想タブレット
(各種ボタンのある部分の背景が黒になってます。)
※画像をクリックすると大きな画像(1089x634)で表示します。
 
無事、起動に成功しました。
 
ただ残念なことに、やっぱり Kindle アプリは「起動中」のまま先に進みません。



そこで今度は AndroVM Player 用の仮想デバイスではなく、Genymotion 用の仮想デバイスでテストしてみましょう。
 
Genymotion 用の仮想デバイスの追加は、Genymotion の画面から行います。
 
1.Genymotion の画面の「Add」ボタンを押す。
2.「Create a new virtual device」画面の下方の「Connect」ボタンを押す。
3.「Credentials」画面でユーザ名とパスワードを入力してサインインする。
4.「Create a new virtual device」画面に作成できるデバイスの一覧が表示されるので、適当なものを選択して「Next」ボタンを押す。
 ※「Nexus 7 - 4.3 - API 18 - 1280x800」を選びました。
5.「Virtual device deployment」画面で仮想デバイスの名前を指定して「Next」ボタンを押す。
6.「Retrieve and deploy Genymotion virtual device」画面でデバイスファイルのダウンロードと設定が行われます。完了したら「Finish」ボタンを押す。
 
これで Genymotion の画面に新しい仮想デバイスが追加されるのですが、Virtualbox の設定画面から以下の項目を変更しました。
 
・プロセッサー数: 4 → 1
・ビデオメモリー: 8MB → 128MB
 
起動します。
 
起動した仮想 Nexus 7
(言語やタイムゾーンが日本になっていないので設定画面から直す必要があります。)
※画像をクリックすると大きな画像(1227x763)を表示します。
 
実はこの仮想 Android タブレットには、大きな問題が一つあるのです。
 
それは「Google Play が使えない」ということ。

Genymotion2.0から、Google のサービスは一切搭載されなくなったようです。
(GMail や Google Map なども。)

 
この状態で Kindle アプリを使用する方法を調べたところ、以下の2つが見つかりました。
 
1.「Amazon アプリストア」から Kindle アプリをインストールする。
※参考: Genymotion2.0でもKindle本が読みたいんだよ - 神沼三平太のメモ
 
2.AndroidSDK から Google Play 関係をインストールして Google Play を使えるようにする。
※参考: Genymotionのその後について part1 - CBRで風になる~♪



まず「1」の方法にトライしましたが、Amazon アプリストアをインストールしようとしても、以下のような表示が出てインストールできませんでした。
 
インストール失敗
(「このアプリはお使いのタブレットに対応していません。」と表示されています。)
 
うーん、はっきりとはわかりませんが、この仮想タブレットを Nexus 7 とは認識していないような感じですね。
 
Genymotion 用の仮想デバイスの種類を変えてテストしてみましたが、変化なし。



次に「2」の方法ですが、実はまだ実行出来ていません。
(ここまでで予想以上に時間がかかってしまったので、また今度。)
 
AndroidSDK が必要だったりと、めんどくさそうであまり気が進まないなあ。



あと、「Kindle アプリの apk ファイルを持ってきて直接インストールする」方法ですかね。
 
「2」の方法よりこっちの方が簡単かも?


結論: まさか日曜が丸々一日つぶれるとは思わなかった...

« AndroVM Playerが動いた | トップページ | Virtualbox上の仮想AndroidでKindleアプリの動作に成功 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AndroVM Playerが動いた | トップページ | Virtualbox上の仮想AndroidでKindleアプリの動作に成功 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ