ブログパーツ Twitter

« Virtualbox上でAndroidが動いたけれど | トップページ | Genymotionにチャレンジ »

2014.01.23

AndroVM Playerが動いた

楽天のマー君こと田中将大投手のニューヨーク・ヤンキースとの契約合意が発表されましたね。
おめでとうございます。
故障だけには気をつけて頑張ってほしいですね。


----------

いきなり読んだ方は「AndroVM Player とは何ぞや?」と思われるかもしれませんが、以下の「PC 上で Kindle アプリを動かそう」シリーズの続き記事です。
 
2013.12.29 PCでKindleの電子本を読むのに挑戦したんだけど...
2014.01.19 Virtualbox上でAndroidが動いたけれど

過去記事の2本目に「AndroVM Player」の説明があります。

 
前回の記事で一応このシリーズは「おしまい」にするつもりだったのですが、ちょっとばかり進展がありましたので、報告します。



前回の記事で参考にさせていただいた blog 「CBRで風になる~♪」の記事にコメントしたところ、管理人さんから「そのスペックならば AndroVM Player は動くはず」とのお返事と共に、チェックすべき点をいくつか教えていただきました。
 
1.ネットワーク設定
2.ホスト PC のグラフィックスドライバーが最新かどうか



まず「1.ネットワーク設定」ですが、仮想 Android はネットワークアダプターを2つ使用します。
 
1つ目が「ホストオンリーアダプター」で、2つ目が「NAT」です。
 
この1つ目の「ホストオンリーアダプター」が以下のような設定になっているかどうかをチェックして、なっていなかったら修正すべき、というご指摘でした。
 
・アダプター
 IPv4 アドレス: 192.168.56.1
 IPv4 ネットマスク: 255.255.255.0
・DHCP サーバー
 サーバーアドレス: 192.168.56.100
 サーバーマスク: 255.255.255.0
 アドレス下限: 192.168.56.101
 アドレス上限: 192.168.56.254
 
Virtualbox マネージャーのメニューから「ファイル」−「環境設定」−「ネットワーク」で開いた画面から「ホストオンリーネットワーク」タブを選択し、アダプター名をダブルクリックして「ホストオンリーネットワークの詳細」画面を表示します。
 
ホストオンリーネットワークの詳細画面
(「アダプター」タブの様子。アドレスもネットマスクも違っています。)
※「DHCP サーバー」タブの方は一致していました。
 
ということで設定すべき値に修正しなければいけません。
 
アドレスとネットマスクを修正して「OK」をクリックし、戻った設定画面で再度「OK」をクリックすると、Windows の UAC(User Account Control) の確認画面が表示されるので「はい」をクリック。
 
ところが念のために再度「ホストオンリーネットワークの詳細」画面を表示させてみると、値が変更前のものに戻ってしまっているのです。
 
Virtualbox 側の画面だけでなくホスト PC の Windows のネットワーク関係の設定もいじってみたりしましたが解決せず。
 
最後の手段として今ある「ホストオンリーネットワーク」を一旦削除して、Virtualbox の設定画面から手作業で新しいホストオンリーネットワークを追加する方法でクリアしました。
 

その後色々調べたところ、どうやら Virtualbox の「ホストオンリーアダプター」の IP アドレスは自動的に「192.168.56.1」になるのが普通なのだけれども、ホスト PC の設定によっては今回のように「169.254.〜」になってしまうらしいです。
 
VirtualBox でホストオンリーアダプターのIPアドレスが設定できない(備忘録) - きままなひとりごと
 
ただし上記の記事で原因として挙げられている箇所は、今回の場合は当てはまらなかったので、原因はわかりません。



次に「2.ホスト PC のグラフィックスドライバーが最新かどうか」ですが、ホスト PC のグラフィックスは「Intel HD Graphics 3000」でしたので、Intel のサイトから最新かどうかをチェックできます。
 
インテル・ダウンロード・センター - Intel
 
このページでチェックした結果、グラフィックスドライバーが最新でないことが判明。
 
ドライバーチェック画面
(赤枠で囲った部分がグラフィックスドライバーについての情報。)
※画像をクリックすると大きな画像(660x495)を表示します。
 
なので最新のドライバーをダウンロードしてインストールしました。



いよいよ修正した環境で AndroVM Player から仮想 Android タブレットを起動してみます。
 
いざ!
 
タブレット ロック画面
(おおっ!「ホーム」や「戻る」ボタンなんかがあるし、壁紙も表示されてる!!)
※画像をクリックすると大きな画像(1080x638)を表示します。
 
タブレット ホーム画面
(ロックを外してホーム画面を表示させたところ。)
※画像をクリックすると大きな画像(1080x638)を表示します。
 
みごと AndroVM Player からの起動に成功しました。



ただ残念なことに、やっぱり Kindle アプリは「起動中」のまま先に進みません。
 
でもこれで新板の Genymotion にチャレンジできますね。


結論: Sandy Bridge を舐めるなよ!?


・1月26日 追記
Genymotion を試してみました。
2014.01.26 Genymotionにチャレンジ

« Virtualbox上でAndroidが動いたけれど | トップページ | Genymotionにチャレンジ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Virtualbox上でAndroidが動いたけれど | トップページ | Genymotionにチャレンジ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ