ブログパーツ Twitter

« 今月から自転車のルールが変わっているんですよ! | トップページ | Ubuntuの「薄い本」、発刊!? »

2013.12.10

スマホ電話SIM フリーData 開通

寝覚めがスッキリすると聞いてアミノ酸の一種「グリシン」を含むサプリを買ってみました。
たしかに朝スッキリ起きられるようになったけど、寝不足が解消するわけではなかったみたい。
昼間は相変わらず眠い...Zzz


----------

先日「日本通信のスマホ電話SIMフリーDataを買った」という記事を書きましたが、今日(10日)ようやく開通させました。



なんでまた開通までにそんなに日数がかかったのかと言いますと、開通のための手続きをするのをわざと遅らせたからなんです。
 
以下に、これまでの推移を時系列で書いてみます。



・11月22日 Amazonで予約
スマホ電話 SIM フリー Data のサービス開始は11月23日。
 
できるだけ早く欲しいと(このときは)思っていたので、Amazon にて予約。
 
ちなみに取扱店は以下の通り。
 
b-mobile オンラインショップ(b-Market)
Amazon
ヨドバシカメラyodobashi.com
その他の取扱店



・11月23日 サービス開始
とくにトラブルもなく、無事サービスが開始されたようです。



・11月24日 パッケージ 着
さすが Amazon、仕事が早い。
 
ではすぐにでも利用開始のための手続きを...と思ってはたと気が付きました。
今使っている「b-mobile スマート SIM」の契約期間が12月9日まで残っていることを。

b-mobile スマート SIM は1ヶ月単位の契約なので、契約期間の途中で解約手続きをしても即日解約にはならず、利用者の契約期間の末日の翌日に解約になります。
私の場合「10日〜翌月9日」の契約になっているので、例え今すぐ解約手続きをしても12月9日までは使用できるのです。

 
解約手続きをして契約が切れた12月10日にスマホ電話 SIM フリー Data を開通させれば無駄がありません。
 
ということで、しばし待機。
 
スマート SIM の解約手続きはそのうちにやることにしましょう。



・12月02日 本人確認書類 送信
利用開始の手続きですが、まず web から本人確認のための書類の画像を送って、その後日本通信から「住所確認コード」が郵送されてくるので、それを自分の My b-mobile アカウントに入力することで完了します。

上記は b-mobile オンラインショップ(b-Market) 以外で購入した場合。
利用開始までの流れ|スマホ電話SIMフリーData - b-mobile

 
住所確認コードの発送についてですが、上記の「利用開始までの流れ」のページによると
 
> 本人確認完了の翌日から3日前後で発送となります
 
とありますし、週末の土日に郵送のための手続きがかぶったりしたら住所確認コードの到着が10日に間に合わなくなるかも...
 
と考えたので、少し早めではありますが2日に本人確認書類として運転免許証の画像を web から送りました。
利用開始手続きのページ - b-mobile



・12月04日 住所確認コード 発送のメール着
本人確認書類を送ったのが2日の深夜(日付が変わる少し前)であったので、実質3日に送信したようなものですが、4日には「発送した」旨のメールが来ました。



・12月06日 住所確認コード 着
住所確認コードが封書で到着しました。
 
30日以内にこのコードを自分の My b-mobile のアカウントに入力する必要があります。



・12月10日 住所確認コード 入力・開通
開通手続きですが、住所確認コードの入力が完了した時間により、以下のようになります。
 
【10:00〜20:00】1時間以内に開通
【20:00以降】翌日午前11時頃までに開通

 
私は夜中に日付が10日に変わったあたりで入力しました。
 
開通のメールが来たのは10時30分ぐらいだったかな。
 
メールにはきっちりと
 
> 開通日     : 2013年12月10日
 
と記載されていました。



ということで、目論見通り10日に開通させることが出来ました。
(もちろん開通後に SIM を入れて APN 情報を設定しないと通信・通話できません。)
 
また当初の予定通り、「留守番電話サービス」を申し込みました。
(月額300円 ※税抜)
 
Turbo Charge は ON にしていないのでデータ通信は 200kbps と、私が最初に使った日本通信の SIM である U300 の 300kbps より遅い通信速度なのですが、Twitter と web ページ閲覧だけなら十分許容範囲。
 
まあ高速通信が必要になるのは、アプリのダウンロードやアップデート時ぐらいなもんでしょうかね。
(スマホでゲームもしませんし、動画を見たりもしませんから。)
 
と言いながら、普段は WiMAX モバイルルータと Wi-Fi 接続で使っているわけですが(笑。



おっと肝心の電話のほうですが、試しに親の携帯にかけてみたところ、「これまでよりずっとよく聞こえる」と好評。
 
FUSION IP-Phone SMART と使い分けていこうと思っていたのですが、電話をかけようとすると IP フォンのアプリ(SMARTalk)が無条件に立ち上がってしまって選択できません。
 
なのでやむなく SMARTalk は削除しました。
(上記の親の携帯への通話テストは、SMARTalk 削除後に実施しました。)
 
使い分ける方法があるかどうかをちょっと調べてみないといけませんね。



なお、データ通信用 SIM で問題になることの多い「セルスタンバイ問題」ですが、通話もできる SIM を導入したことでこうなりました。
 
電池の使用割合
(セルスタンバイの占める割合がたったの6%に。 ※赤で囲った部分。)

「アンテナピクト問題」は、IDEOS でも Xparia SX でも出ていません。

 
これで電池持ちがよくなってくれるとさらにうれしいですね。
 
電池使用グラフ
(Battery Mix の表示。18時で60%くらいから22時で50%くらいか。)
※画像をクリックすると大きな画像(540x960)を表示します。


結論: あ!「スマート SIM」の解約手続きを忘れてる... ダメじゃん


・12月12日 追記
携帯回線と FUSION IP-Phone SMART の使い分けの件ですが、方法がわかりました。
 
SMARTalk のダイアル画面に電話番号が入力されている状態で、「発信」ボタンを長押しすると「通話」か「携帯電話」かを選択するダイアログボックスが表示されます。
(この場合、「通話」が FUSION IP-Phone SMART の意味。)
 
選択ダイアログ
(赤枠で囲った「発信」を長押しすると、このようなダイアログが表示される。)
 
電話帳アプリで呼び出し先を指定した場合でも、SMARTalk の画面から自動的に指定番号に発信してしまわずに「発信ボタン待ち」の状態で止まっていてくれるので、同様に長押しで回線の使い分けができます。
 
この状態で電池持ちにあまり影響しないようであれば、この使い分けで行こうと思います。

« 今月から自転車のルールが変わっているんですよ! | トップページ | Ubuntuの「薄い本」、発刊!? »

コメント

BBエキサイトsimでFUSIONつかっています。
自分もスマホ電話SIM フリーDataが気になっています。
LINE通話ができたら即買いなんですが。
もしLINE通話をしようしてたら教えてください。

hiroyuki さん、コメントありがとうございます。
 
> LINE通話ができたら即買いなんですが。
 
私は LINE はやっていないので想像ですが、LINE 通話をするためには「Turbo Charge」か「3GB高速データオプション」が必須だと思います。
 
LINE 通話はいわゆる「IP 電話」だと思いますが、スマホ電話 SIM フリー Data の基本の通信速度である「200kbps」では IP 電話を使用するのは難しいでしょう。
 
もちろん通話でないメッセンジャーとしての LINE の使用については、200kbps で問題なく使えると思います。
 
以上、参考になれば幸いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今月から自転車のルールが変わっているんですよ! | トップページ | Ubuntuの「薄い本」、発刊!? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ