ブログパーツ Twitter

« ボストン美術館展に行ってきた | トップページ | プリモプエル、園服に着替える »

2013.06.07

Ubuntu Magazine Japan 2013 Summer 本日発売

梅雨入り宣言が出てからほとんど雨が降りませんね。
カラ梅雨も困りますし、梅雨明け前に豪雨というのも困ります。
その代わりではないと思いますが、何か欧州では洪水が起こっているとか。
本当に最近の気候はどうなってしまったんでしょうかね。


----------

Ubuntu Magazine Japan の最新号である「Ubuntu Magazine Japan 2013 Summer」が、本日6月7日(金)に発売されました。
Ubuntu Magazine Japan 2013 Summer 6月7日発売です! - Ubuntu Magazine Japan
 
これまでは「Ubuntu Magazine Japan vol.10」のような表記でしたが、上のリンク先の記述にもあるように
 
> 今号から、vol表記ではなく、西暦+季節=2013 Summerとなります
 
と変更されました。
(先日のオフラインミーティングでは「vol.11」って表現されていました。)



さて、そんな「うぶまが」最新号ですが、記事内容についてはまだ読んでいないので置いておくとして、注目すべき点が2つ!
(内容の概要については最初に挙げたリンク先を参照して下さい。)
 
1.付録 DVD に Ubuntu 13.04 日本語 Remix の32ビット版/64ビット版+仮想ディスクイメージが収録されている
 
2.今号から電子書籍としても同時発売される



まず「1」についてですが、Ubuntu を www.ubuntu.com からダウンロードする場合、ダウンロード画面の「Choose your flavour」コンボで「32-bit」が初期表示されています。
また、Ubuntu Japanese Team が提供する日本語 Remix は32ビット版しかダウンロードできません。
 
これは現在のデスクトップ版 Ubuntu は「32ビット版」が標準とされているからなのです。

サーバー版は64ビット版が標準になっていますし、近い将来デスクトップ版も64ビット版が標準になる予定です。

 
www.ubuntu.com のダウンロード画面から取得する場合は「Choose your flavour」コンボで「64-bit (for newer machines)」を選択すれば64ビット版もダウンロードできますが、日本語 Remix については64ビット版を直接取得する方法はこれまでありませんでした。
 
本 blog にも「Ubuntu 日本語 64bit」とかの検索ワードで来られる方がおられることからもわかるように、64ビット版を希望される方はある程度おられたのです。

例えば Windows 8 とデュアルブートさせようとするときには64ビット版が必要、というようなことがあるためでしょうか。
Windows と異なり、比較的最近の Ubuntu 32ビット版はメモリを 4GB 以上搭載していても利用できるので、大量のメモリを使用したいからというのは理由になりません。

 
そのような方々も今号の Ubuntu Magazine Japan 2013 Summer を買えば、付録 DVD から日本語 Remix の64ビット版をインストールすることができるのです。



次に「2」についてですが、うぶまがは従来から、
 
最新号がリリースされると1つ前の号の内容を PDF にて無料で公開
(Creative Commons ライセンスの CC-BY-NC-SA ライセンスで配布)
 
という太っ腹なことをやっています。

例えば、vol.09 の PDF はここから、vol.08 の PDF はここからダウンロードできます。

 
しかし雑誌の全てのページが公開されるわけではなく(例:表紙やグラビア)、そのようなページを含めての電子書籍化を求める要望が以前からあったようです。
 
そのような声に応えて、今回の「2013 Summer」から、紙の雑誌の発売と同時に電子書籍にても発売されることになったのです。
(もちろん、表紙やグラビアも完備!)
・6月8日 追記
電子書籍版には付録 DVD は付きません。

 
電子書籍の販売は以下の2ヶ所があります。
 
・BOOK☆WALKER
・Amazon Kindle
 
BOOK☆WALKER は税込840円で、Android や iOS(iPhone/iPad) の他に、Windows や Mac に対応したビューワーがあります。

Microsoft Windows 8、7、Vista、XP (Windows 8は未保証)
Mac OS X 10.6以降
くわしくは BOOK☆WALKER Viewer for PC(PCビューア)β のページを参照のこと。

 
Amazon Kindle は税込800円で、Kindle の他に Android や iOS に対応したビューワーがあります。
 
もちろん、電子書籍が出ることになったからといって、これまでの PDF による無料公開がなくなるわけではありません。
 
この記事を書いている時点ではまだ vol.10 の PDF は公開されていませんが、数日中には公開されるはずです。
・8月2日 追記
7月31日に PDF が公開されました。
Ubuntu Magazine Japan vol.10記事を公開



上に挙げた2つの注目点だけでなく、内容についても大いに期待の持てる Ubuntu Magazine Japan 2013 Japan。
 
今や Windows が圧倒的であった状況は変わって、デスクトップでは Mac(これは UNIX の一種)、スマホやタブレットでは Android(これは Linux の一種) といった「UNIX/Linux 系列」の OS が勢力を拡大しています。
 
Ubuntu そのものに関心がある方だけでなく、「Linux ってどうなの?」と思っておられる方々にも大いにおすすめしたい雑誌です。
 
もちろん、私も紙の雑誌は買う予定です。
(電子書籍版はどうしようか考え中。)


結論:編集者が替わっても表紙のジュニアアイドル路線は不変です

« ボストン美術館展に行ってきた | トップページ | プリモプエル、園服に着替える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ボストン美術館展に行ってきた | トップページ | プリモプエル、園服に着替える »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ