ブログパーツ Twitter

« Ubuntuオフラインミーティング2013.05 Tokyo (東京行き1日め) | トップページ | ボストン美術館展に行ってきた »

2013.05.30

浅草探訪とハートのしっぽ (東京行き2日め)


先日の記事にあるように、25日(土)から26日(日)にかけて東京に行っていました。
 
この記事は東京行きの2日めである26日の出来事です。
(1日めの記事はこちら。)



ホテルのチェックアウト時刻は11:00と記載されていましたが、早めに行動すべく、10:00少し前にチェックアウト。
(チェックイン時に料金を払うシステムなので、チェックアウトはすぐに済みました。)
 
10:00発の都営浅草線に乗って、浅草をめざします。
 
日本橋や蔵前など、名前では聞いたことのある駅を通り過ぎて、浅草に到着しました。
(大門-新橋-東銀座-室町-日本橋-人形町-東日本橋-浅草橋-蔵前-浅草)
 
で、真っ先に撮った写真がこちら。
 
東京スカイツリー
(言わずとしれた東京スカイツリーです。)
 
いやあ、スカイツリーが浅草から電車でひと駅の場所にあるとは、今旅の事前調査で初めて知りました。
(浅草から東武スカイツリーラインでひと駅。都営浅草線ならふた駅。)
 
東京タワーとスカイツリー、2大タワーを両方とも見ることができて大満足。
(でもいづれも登ってませんけどね。)
 
吾妻橋の交差点では人力車をたくさん見かけました。
 
人力車
(吾妻橋交差点を行く人力車。乗っているのは女性ばかりでしたね。)
※Xperia SX にて撮影



続いて、浅草と言えば...の場所に向かいます。
 
そうです、雷門(かみなりもん)です。
 
雷門
(真ん中の提灯に人が被らないタイミングを見つけるのに一苦労。)
 
もう人でいっぱいです。
外国人らしきお顔も何人も見かけましたし、外国語らしき声があちこちから聞こえました。
 
仲見世(なかみせ)はちらっとだけ見て早々に撤退
 
仲見世
(当然こちらも人でいっぱい。想像していたより幅が狭いんですね。)
 
ツイッターで写真付きツイートをしようと試みるのですが、写真のサイズ(2592x1944)が大きいからか、はたまたネットに接続している人があまりに大勢いるためか、写真付きツイートがことごとく失敗してしまいます。
 
そこで雷門から離れて「本日のメインイベント」の場所の方へと移動します。



雷門通りを西へ移動していきますが、写真付きツイートは相変わらず失敗します。
さらにスカイツリーと雷門で時間を取られすぎて、この時点で予定より20分以上遅れています...
 
そんな中、ついに「本日のメインイベント」の場所を確認。
 
ハートのしっぽ
(ついに念願のハートのしっぽにやってきたぞ。)
 
「ハートのしっぽ」は日本唯一の「プリモプエル専門店」だそうです。
 
中に入って店員さんにご挨拶してから2階を見学します。
 
村上くんとプエルちゃんたち
(村上くん(※奥)とスタッフプエルちゃんたちがお出迎え。)
 
ハートのしっぽの2階は「村上くんのお部屋」ということで、ハートのしっぽの家主こと村上雷門(むらかみらいもん)くんをはじめ、何人ものスタッフプエルちゃんたちがのんびりしています。
 
村上くん全身
(村上雷門くん。おっきくてもちゃんとおしゃべりできるんですよ。)
 
村上くんにおしゃべりしてもらおうと、おでこをなでなでしたり、体をトントンとしてみたりしましたが、左手をにぎったら、おしゃべりしてくれました。
(なんて言ったのかは、すみません、忘れてしまいました。)
 
歴代プエルの棚
(たぶんこれまでに発売された全タイプのプエルがいるんじゃないかな。)
 
もう少しゆっくり見ていきたかったのですが、着いた時点で予定からかなり遅れていたのですから、そろそろおいとまをしなければ。
 
元々は見学だけするつもりだったのですが、やっぱりなんか買っていかないと悪い気が...
 
というわけで、福ちゃん(わが家のプリモプエル)のためにプリモプエル幼稚園の園服を買いました。
 
園服一式
(購入した園服です。上から、帽子、上着、ズボンで、計4,410円なり。)
 
またいつ来られるかどうかわかりませんが、スタンプカードも作っていただきました。
 
店員のみなさん、スタッフプエルちゃんたち、ありがとうございました。



しっぽを出たら、最後の目的地である東京駅に向かいます。
 
11:42 浅草-秋葉原 つくばエクスプレス
11:58 秋葉原-東京 JR山手線
 
秋葉原の町は山手線への乗り換え時にちらっと見ただけでしたし、たぶん電気街とは反対側。
(時間に余裕があったら写真の1枚ぐらい撮りたかったんですけどね。)
 
徒歩移動時に頑張ったおかげでしょうか、東京駅に着いた時点で予定からの遅れはわずか3分に。
 
東京駅です。
 
東京駅 その1
(創建当時に近い形に復元されたばかりの赤レンガ駅舎。とっても「カッコイイ」です。)
 
東京駅 その2
(現代の超高層ビルをバックにしても、決して負けていませんね。)
 
15分ほど撮影した後、再び改札内へ戻ります。
 
事前に東京駅構内図を見た時には、「こんなに複雑では迷うんじゃないだろうか」と恐れていたのですが、案内板がわかりやすく、簡単に新幹線乗り場の場所を確認できました。
 
さて、新幹線の乗り場も確認できたので、車内で食べる駅弁を購入しておきましょうか。
 
やわらか穴子弁当
(「やわらか穴子弁当」ですよ。1,000円なり。)
※Xperia SX にて撮影
 
ちょうど朝の TV ニュース番組内で「東京湾のアナゴ漁」を取り上げていたことを思い出して、この穴子弁当を選択。
 
やわらか穴子弁当
(その名前に違わぬ、とっても柔らかい穴子でした。)
※Xperia SX にて撮影
 
13時ちょうどの「のぞみ229号(N700系)」に乗って東京を離れました。
(12号車18番E席。帰りは富士山は見えず。)



いやあ今回は「自力で行く初めての東京()」ということで、かなり余裕を持たせた予定を組んだはずだったのですが、結構大忙しで周ったような印象です。
(その余裕のおかげで浅草での遅れを取り戻せたんですけどね。)

学生時代に初めて東京に行ったときは、ただみんなの後についていっただけでした。

 
見てまわるところも最小限に抑えた日程だったので、もし今度来る機会があったならば、もう少し観光できるような日程にしようかな。
 
後、1日めも2日めも、途中でスマホのバッテリーがなくなりそうになったので、バッテリーをもうひとつ買うか、モバイルブースターの類は手に入れておいたほうがよさそうですね。
(1日めは途中で電源OFFで節電し、2日めは新幹線のコンセントから充電しました。)
 
新しい発見がある旅っていいですよね。


結論:でもやっぱり「わが家がいちばん」!?

« Ubuntuオフラインミーティング2013.05 Tokyo (東京行き1日め) | トップページ | ボストン美術館展に行ってきた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Ubuntuオフラインミーティング2013.05 Tokyo (東京行き1日め) | トップページ | ボストン美術館展に行ってきた »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ