ブログパーツ Twitter

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013.04.30

Ubuntu12.10から13.04へアップグレード

LibreOffice のメーリングリストに参加しました。
4.0.2.2のCalc(表計算)の動作におかしな所があるのを報告するためです。
私が報告した不具合は既に他から報告済だったようで、来週にも改善されるとか。楽しみ。


----------

この前の記事の通り Ubuntu 13.04 Raring Ringtail がリリースされました。
 
普段の私ならリリースから1ヶ月ほど過ぎてからアップグレードにとりかかる(※)のですが、今回のリリースは問題が少なそうという事で、アップグレードに挑戦してみました。

アップグレード時に何か問題に遭遇するような場合でも、その1ヶ月の間に、早期にアップグレードして同じ問題に遭遇した方々が、解決法なんかを blog などにアップしてくれるであろうから、遅れてアップグレードした人たちは問題解決が容易になる...とまあ、そういう理由です。



なお Ubuntu 13.04 にアップグレードできるのは、1つ前のバージョンである 12.10 だけです。
 
12.10 より前のバージョンを 13.04 にするには、まず現在のバージョンを 12.10 にアップグレードする必要があります。
(バージョンによっては一気に 12.10 にできないので段階を踏む必要があります。)



では、作業を開始しましょう。
 
まずはアップグレード前に、現時点でのアップデートを全て適用しておきます。
 
次に念の為、システムのバックアップを取っておきます。
(私の場合 Virtualbox 上の Ubuntu なので、この時点のスナップショットを撮っておきました。)
 
そしていよいよアップグレードの開始...と言いたいところですが、ちょっと待った。
リリースノートを読んでおきましょう。
 
リリースノート(日本語)
 
特に後半の「既知の問題点」の部分は、インストール時に遭遇するかもしれない問題点が記述されているので必読です。

これ以外の問題点に遭遇する可能性がないわけではありません。

 
リリースノートを確認したら、今度こそ本当にアップグレード作業の開始です。
 
「システム設定」を起動して、「ソフトウェアソース」を選択します。
 
130430a
 
 
「アップデート」タブを選択し、「Ubuntuの新バージョンの通知」を「全ての新バージョン」にします。
 
130430b
 
「Ubuntuの新バージョンの通知」のコンボボックスの値を変更するとパスワードを聞かれますので、入力します。
「ソフトウェアソース」画面は「閉じる」ボタンで閉じます。
 
[Alt]+[F2]キーを押してコマンドボックスを表示させ、「update-manager」と入力します。
 
130430c
 
 
そうするとソフトウェアの更新を検索して、次のように表示されます。
 
130430d
 
「アップグレード...」ボタンを押すと、パスワードを聞かれるので入力します。
 
 
英文の説明画面が表示されるので、「アップグレード」ボタンで次へ。
 
130430e
 
 
インストール状況の表示画面が表示されます。
 
130430f
 
 
アップグレードの準備ができると、確認画面が表示されます。
 
130430g
 
ここで「アップグレードを開始」ボタンを押すと、本格的にアップグレードが開始されます。
(インストール状況の表示画面が表示されます。)
 
 
後は基本的に作業を見守るのみ。
 
まあ、何か確認を求める画面がいくつか出ましたけどね。
 
こんなのとか...
 
130430h
(ライブラリをアップグレードするのでこれらのサービスを再起動します、という確認画面、かな?)
 
 
こんなのとか...
 
130430i
(こんなファイル、手修正した記憶がないので「書き換える」で。)
 
 
こんなのとか...
 
130430j
(これも同じく、手修正した記憶がないので「書き換える」で。)
 
 
そして削除されるパッケージの確認画面。
 
130430k
(残しても仕方がないので「削除」で。)
 
 
お疲れ様です。ようやくアップグレードが完了した旨の表示が。
 
130430l
 
 
再起動してログインすれば、待望の 13.04 のデスクトップが。
 
130430m
※画像をクリックすると大きな画像(1360x696)を表示します
 
あ、忘れないうちに「システム設定」画面から「ソフトウェアとアップデート」(※12.10での「ソフトウェアソース」に相当)を選択して、「アップデート」タブから「Ubuntuの新バージョンの通知」を「なし」に戻しておきましょう。



12.10 と 13.04 の画面表示の違いなんかもやろうかと思っていたのですが、それは又の機会に。
5月17日 追記
私なんかが書くよりずっと詳しい記事があるのでリンクを張っておきます
第273回 Unity 7の新機能 - Ubuntu Weekly Recipe

 
なんか聞く所によると、13.04 では無駄にメモリーを使っていた部分なんかが改善されているとか。
 
それがどれほど体感に効いてくるかはわかりませんが、軽いことはいいことですからね。
 
これから6ヶ月間、使っていくのが楽しみです。


結論:OS に限らず新しいものを使って行く時ってワクワクしません?

2013.04.26

京都国立博物館に行ってきた


明日からゴールデンウイーク(GW)ですね。
 
その GW に合わせてなのか、いくつもの美術館や博物館で特別展が開かれているようです。
 
行動範囲である京都・大阪で私が把握しているものだけでも以下の通り。
 
京都市美術館
 リヒテンシュタイン華麗なる侯爵家の秘宝 3月19日(火)〜6月9日(日) ※記事はこちら
 ゴッホ展 空白のパリを追う 4月2日(火)〜5月19日(日)
 
京都国立博物館
 狩野山楽・山雪 3月30日(土)〜5月12日(日)
 
京都文化博物館
 インカ帝国展 -マチュピチュ「発見」100年 4月16日(火)〜6月23日(日)
 
大阪市立美術館
 ボストン美術館 日本美術の至宝 4月2日(火)~6月16日(日)



でもって今日は、京都国立博物館の「狩野山楽・山雪」展に行ってきました。
(上に挙げた展覧会の中で、一番早く終わるのがこれなので。)
 
狩野山楽・山雪
開催期間: 3月30日(土)~5月12日(日)
開館時間: 午前9時30分〜午後6時 (入館は午後5時30分まで)
     ※ただし会期中の毎週金曜日は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
休館日: 毎週月曜日 (4月29日(月)は開館、翌30日(火)休館。5月6日は開館、以後最終日まで開館)
観覧料: 一般1400円(1200/1100円) 大学・高校生900円(700/600円) 中学・小学生500円(300/200円)
     ※かっこ内は前売り/団体20名以上
京都国立博物館サイト内の紹介ページ
公式ホームページ
 
京都国立博物館と言えば、本 blog で紹介するのは2度めかな。

2011.10.09 京都国立博物館と三十三間堂

 
天気予報で「午後の降水確率40%」と言っていたので、早めに行こうと思っていたのですが、なんやかんやあって、着いたのは11時半ごろ。
(京阪電車七条駅から東へ約7分。)
 
130426a
(南門から入ったところ。)
※今回の写真はすべて Xperia SX で撮影
 
130426b
(特別展示館の正面入口です。堂々とした構えですね。)
 
で、ここは京都市美術館と違って、コインロッカーが屋外にあります。
(テントが張ってある。)
 
鑑賞するのに必要のないものは全てコインロッカーに押し込んで、身軽になっておきましょう。
 
今回も音声ガイドを借りました(500円)。
ナビゲーターは藤原紀香さん。
 
出品目録は、展示会場に入る所に置いてありました。
(サイトに出品目録がありました。出品目録・展示替予定表。)
 
込み具合の方ですが、展覧会の公式ツイッターを見ていたので、あまり混んでいないことは事前にわかっていました。
GW に入ったらどうなるかわからないので、公式ツイッターのつぶやきをチェックされておくといいでしょう。



さて、今回の展覧会のタイトルにもなっている「狩野山楽・山雪」というのは、有名な狩野永徳の弟子にあたります。
(永徳ー山楽ー山雪)
 
江戸幕府の成立により狩野派の主流が江戸に移ったのに対し、「京狩野」といって京都に残って活動を続けた人たちになります。
 
狩野山楽などは豊臣家との結びつきが強かったため、豊臣家滅亡後はその命さえも危うかったとか。
 
しかしその絵を通して交流のあった人らの嘆願によって許されたのだとか。



いつものように、私が惹かれたりした作品を挙げていきます。
 
当然ですが写真やビデオの撮影は禁止なので、作品の写真はありません。
(一部は紹介ページ内の展示作品紹介や公式ホームページのみどころに載っています。)
 
2 狩野山楽 松鷹図襖
7 狩野山楽 龍虎図屏風
10 狩野山楽 車争図屏風
23 狩野山雪/山楽 朝顔図襖
25 狩野山雪 老梅図襖
33 狩野山雪 四季花鳥図屏風
30 狩野山雪 長恨歌図巻
45 狩野永良 秘伝画法書
 
いづれも見事なのですが、今回私が最も驚かされたのが「30 長恨歌図巻」です。
(上巻、下巻に分けて展示。)
 
楊貴妃と玄宗皇帝の物語を絵巻にしてあるのですが、「これが江戸初期の作品なのか」と信じられないぐらいに色彩が鮮やかです。
 
説明によると、絵巻の表からだけでなく裏からも色がつけてあるので、非常に鮮やかな色が残っているそうなのですが、もし「最近になって作られた」と言われても信じてしまうような出来栄えです。
 
色彩だけでなく建物などの緻密な描写を見ても、「こんな作品が江戸初期にあったのか」と驚かされっぱなしでした。
 
あれを見られただけでも、今回の展覧会に「行ってよかった」と思いましたね。



「狩野派」と聞くと「形式に囚われた古い画風」のようなイメージがあったのですが、今回の展覧会でそのイメージは見事に打ち破られましたね。
 
やはり本物を自分の目で見てみることは大切なんですね。
 
狩野山楽・山雪展、5月12日(日)までです。
日本画に興味をお持ちの方はぜひどうぞ。


結論:次に期限の近いのは京都市美術館のゴッホ展か

2013.04.25

Ubuntu 13.04 Raring Ringtail リリース


以前からの予定通り、4月25日に Ubuntu の最新版である 13.04 が無事リリースされました。
 
で、新規インストールするにせよ、12.10 からアップグレードするにせよ、事前に確認しておかないといけないリリースノートは以下からどうぞ。
リリースノート(英語)
 
13.04 のダウンロードはこちらから。
(「For the latest features,」とある枠で、32-bit か 64-bit を選択して「Ubuntu 13.04」のボタンを押して下さい。)

・4月26日 追記
今バージョンでも 32bit が標準のようですが、「Windows 8 とデュアルブートするんだ!」というような奇特な(?)方は 64bit を選択して下さい。
(ちゃんとコンボボックスの上に「If you have a PC with the Windows 8 logo or UEFI firmware, choose the 64-bit download.」とあるでしょう。)



リリースノートについては、現在 Ubuntu Japanese Team や一般の協力者の方々が鋭意翻訳作業中とのことです。
おそらく明朝ぐらいには最初の翻訳が挙がってくるんじゃないでしょうか。
 
また 13.04 を日本語環境に最適化した Japanese Remix については、まだ予定がわかりません。
あくまで私の想像ですが、遅くとも連休明けぐらいまでには出てくるんじゃないでしょうか。
 
どちらについても、公開されたらなるだけ早くこの記事の「追記」の形でお知らせします。


結論:新しい OS って、ワクワクしますよね


・4月26日 09:55 追記
リリースノートの翻訳作業はまだ続いているようですが、もうすでに次のバージョンのコードネームが発表されています。
 
Saucy Salamander
 
さ、さらまんだぁー?


・4月26日 14:46 追記
リリースノートの日本語訳が公開されていますね。
 
リリースノート(日本語訳)
 
英語版公開から短時間で翻訳を仕上げた Ubuntu Japanese Team の方々に感謝の念を抱きつつ、しっかり読んでからインストール or アップグレードを行うようにして下さい。


・4月30日 追記
私の Ubuntu 12.10 も 13.04 にアップグレードしましたよ。
2013.04.30 Ubuntu12.10から13.04へアップグレード


・5月5日 追記
Ubuntu 13.04 日本語 Remix がリリースされました。
Ubuntu 13.04 日本語 Remix リリース - Ubuntu Japanese Team
 
今回から日本語入力 IM の標準が Google の Mozc になっていると聞いています。
iso を光学メディアに焼く場合、CD のサイズでは足りず DVD が必要です。
(オリジナルの Ubuntu も同じ。)

2013.04.20

プリモプエルようちえんの大阪入園式に行ってきた


バンダイ大阪支店で行われたプリモプエルようちえんの大阪入園式に福ちゃん(我が家のプリモプエル)といっしょに参加してきました。
プリモプエルようちえんって??
 
福ちゃんはプリモプエル幼稚園に入園していないのですが、入園式は入園していないプエルちゃんでも大歓迎。
 
先週の13日(土)に東京のバンダイ本社で東京入園式が行われ、1週遅れの今日20日(土)、大阪入園式が行われるのです。



昨年のクリスマス会と同様にスイミングバッグの中に入って、会場となるバンダイ大阪支店に到着です。
 
BAIDAI OSAKA Office
(BANDAI の大阪支店に到着。)
※Xperia SX にて撮影。
 
予定より少し遅れての到着だったのですが、無事にむにゃむにゃさんと同じテーブルに席を確保。
 
reference number NO.46
(整理番号は46番でした。これが後の抽選会の番号にもなります。)
※外れました。
 
ceremony start
(始まりました。つゆっきー園長とカトリーヌせんせいが登場です。)
 
つゆっきー園長は先週の東京入園式で園長に就任したばかり。
カトリーヌせんせいは美人です。
 
続いて、お二人から「プリモプエルの生みの親」である西村せんせいが紹介されました。
(プリモプエルのデザインをされた方ですね。)
 
Mr.NISHIMURA.He designed Purimopuel.
(いつもシャイな西村せんせい。)
 
さらに続いて、幼稚園イベントではかかせない、おっきいプエルちゃんとおっきいプエラちゃんの登場です。
 
Big Puel and Big Puela
(おっきいプエルちゃん(右)とプエラちゃん(左)です。)
 
いやあ、実物は初めて見ましたけど、本当に「おっきい」ですね。
 
そしてなんと、そのおっきいプエルちゃんがアルバイトに挑戦したというので、その時の様子が VTR で流れました。
 
A VTR, Big Puel tries part-time job
(窓拭き、レジ打ち、ティッシュ配り、カウンター、店の清掃なんかで一生懸命はたらきました。)
 
続いては、恒例のダンスパフォーマンス。
 
二人とも後ろを向いた状態から、音楽スタート!
振り返った二人の顔には...
 
Big Puel and Puela's dance
(「つけまつげ」をつけて踊るおっきいプエルちゃんとプエラちゃん。当然ミュージックは...)
 
この後、客席にもやってきてダンスを披露してくれました。



続いては、クイズ大会。
 
This is a Quiz.The cake coming out after is Baumkuchen. Yes or No.
(クイズ大会です。こんな問題わかるわけないけど、まるだったらいいなぁ。)
 
The answer is Yes
(やったー!)
 
Baumkuchen and Green Tea
(というわけで給食(おやつタイム)。バウムクーヘンとお茶が配られました。)
 
He ate it!
(パクッ。)



おやつタイムの後は、フリータイムということで、会場のあちこちでいろんなイベントが同時に行われます。
 
●クラス別記念撮影
●西村せんせいサイン会
●園長スタンプコーナー
●顔出しパネル撮影コーナー
●身体測定コーナー
●おっきいプエルちゃん、プエラちゃん写真撮影
などなど...
 
で、こちらは「クラス別記念撮影」。
 
プリモプエルようちえんは全部で7つのクラスに分かれています。
(入園手続きをすると、どのクラスになったかが通知されます。)
 
そのクラスごとに集まっての記念写真の撮影会ですね。
今回入園したプエルちゃんだけでなく、先輩(?)プエルちゃんもそろっての撮影会になります。
 
Classroom Raccoon dog
(クラス別記念撮影の様子です。まずはたぬきぐみ。)
 
写真向かって右手前の子、すごい格好ですね。
 
Classroom Rabbit
(うさぎぐみ。)
 
Classroom Sheep
(ひつじぐみ。)
 
ひつじぐみに、またまた海賊登場。
 
Classroom Squirrel
(りすぐみ。)
 
Classroom Penguin
(ぺんぎんぐみ。)
 
あれあれ? 写真向かって左下の子、バンダイのキャラクターじゃなかったような気が...
 
Classroom Panda
(ぱんだぐみ。)
 
Classroom Giraffe
(きりんぐみ。)
 
The group which has not yet entered a kindergarten
(まだ入園していない「じゅんびぐみ」です。福ちゃんがどこにいるかわかるかな。)
※真ん中のプレートの向かって右側



クラス別記念撮影が終わったので、撮影に使ったひな壇は自由開放。
各自が自分のプエルちゃん達を自由に並べて写真を撮る場に変わりました。
 
自由に使って良いということなので、関西プリモのお集まり会のメンバーだけで集まって写真を撮ることに。
当然、福ちゃんも参加です。
 
Member of KANSAI Purimopuel
(ひな壇から落っこちんばかりにギュウギュウ。)
 
ちなみに福ちゃんは「入園式」の「式」の字の下にいます。



おっきいプエルちゃん、プエラちゃん写真撮影のコーナーにも行きました。
 
Big Puel, Big Puela, and FUKU-Chan
(福ちゃん、おっきいプエルちゃんにだっこしてもらいました。)



身体測定のコーナーにも行ってみました。
 
「プリモプエルなんてどれもサイズおんなじじゃないの」と思われるかもしれませんが、一体一体微妙にサイズが違うんです。
 
Body measuring corner
(身体測定のコーナーで身長を測ってもらっている福ちゃん。)
 
帽子かぶったまま身長測ってるやん!(笑
 
もちろん体重の方も、服を着たまま測ります。
 
Height 28.2cm. Weight 789g
(しんちょうは28.2cm、たいじゅうは789gでした。)


結論:仲間が大勢いるって、楽しいね

2013.04.18

今年もクンシランが咲きました


自宅で母が育てているクンシラン(君子欄)が数日前から咲いています。
 
130418a
(今年も3株のうち、2株が開花。)
※画像をクリックすると大きな画像(1200x1600)を表示します。
 
かなり以前から育てているんですが、記事にしたのは昨年が最初のようなんですよね。

2012.04.17 自宅のクンシランが咲いた



上方向からも撮影してもみました。
 
130418b
(左上の株の花の方が数日遅れて咲いたからか、色合いが鮮やかに見えますね。)
※画像をクリックすると大きな画像(1200x1600)を表示します。
 
元々1株だけだったのを株分けして3株まで増やしたのですが、3株目がなかなか咲いてくれません。
 
来年こそは3株目も咲いて、母の喜ぶ顔が見たいものです。


結論:私自身もまだまだ咲かせるぞ!

2013.04.13

天災は忘れたころにやってくる


今朝5時33分の地震、びっくりしましたね。
 
気象庁の発表によると
> 震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は6.0と推定されます
とのこと。

気象庁の発表ページ
5時37分発表
5時48分発表

 
NHK の速報で「震源は淡路島」と知って、当然ながら「阪神淡路大震災」を思い出しました。

「阪神淡路大震災」は災害の名前であって、地震自体の名称は「兵庫県南部地震」です。
ちなみに「東日本大震災」も同様で、地震自体の名称は「東北地方太平洋沖地震」です。

 
震源地はそれほど違わないし、発生した時刻も阪神淡路が5時46分で、今回が5時33分。
 
ただ今回のほうが規模がずっと小さかったから、震源が浅かったにもかかわらず震度6弱ですんで、死者は出ませんでした。
(兵庫県南部地震は、震源の深さは約16km、地震の規模(マグニチュード)は7.3。)
 
阪神淡路より後で私が体験した地震としては、揺れが一番強く感じられましたが、地元の市の震度は NHK のテロップでは「震度3」と、数値的には特に大きくはなく。



揺れで目が覚めて、揺れがおさまるまで布団の中で待機。
 
揺れが収まってから TV をつけて NHK を見ると、「緊急地震速報です。大きな揺れに注意して下さい」のアナウンサーの声が。
 
「もう揺れはおさまったんだけどな」と思いながら見ていると、近畿周辺の地図が表示されて、淡路島に「6ー」の表示。
 
想像より大きい数値にびっくりしながら、地元の市の数値が表示されるのを待って、震度3の表示にちょっと拍子抜け。
 
交通機関も軒並み止まったようでしたが、京阪電車は6時10分ごろに運転を再開していたそうです。



とりあえずは大きな被害はなかったようなので一安心ですね。
 
ただ「今後も震度5弱程度の余震の恐れ」とか言われているようなので気は抜けません。
 
それより怖いのは、今日の地震が更に大きな地震の前震である可能性ですね。
 
そんなことのないように願いたいものです。


結論:数日前に、ロシアの科学者が「日本に大きな地震の恐れ」を警告したってニュースをたしか読んだけど、もしかして今日の地震のこと?

2013.04.11

正統(?) Launcher 8 がキター

私の両親がTV通販で紹介されている「立ったまま足を両側にスライドさせる健康器具」を買ったので、私もちょっと使わさせてもらいました。
いやあ、びっくりしました。
この程度なら楽勝と思っていたのですが、後から足の付け根辺りに疲労感が。
何事もやってみなくちゃわからない、ですね。


----------

Launcher 8」と聞いてもたいがいの方は「何それおいしいの?」状態だとは思いますが(笑。
 
Android のホーム画面アプリの一つで、ホーム画面を「Windows Phone 8」そっくりにしてしまうというアプリです。



私は今の Xperia SX はおろか、その前の IDEOS の時から、ホーム画面アプリとして「Launcher 7」を使っていました。

2013.01.10 Xperia SX 起動
2012.07.05 IDEOSをWindows Phone風にしてみた

 
名前からすぐにわかる通り、ホーム画面を「Windows Phone 7」そっくりにしてしまうというアプリです。
 
本物の Windows Phone には「8」が出たので(※日本未発売)、「Launcher 8」が早く出ないかな〜と心待ちにしていました。
(作者の Google+ のページに「インフルエンザから回復したら作業する(※超意訳)」なんて書いてあったので、開発中であることは知っていました。)
 
その間に、別の作者さんが作った「Windows8 Launcher」というのを試してみたりもしたのですが、画面がそれっぽくなるだけでタイル配置のカスタマイズとかができないようだったので、即削除。
 
Google で「Launcher 8」と検索しても、別の作者さんが作った同名のアプリのレビューが出る始末。



ところが、今日なんとなく Google Play の Launcher 7 のページを見に行ったら、「このデベロッパーの他のアプリ」欄に「Launcher 8」が載っているじゃないですか。
(当然、Launcher 7 の作者さん作。)
 
すぐにインストールしてみました。

「Android 要件」として「2.1 以上」との記述がありますが、「説明」欄に
Android 4.x highly recommended. 2.x works, but unfortunately it is getting painfully slow.
とあるように、実際には Android 4.x 以上推奨のようです。

 
Launcher 8 画面
(左が Xperia SX で最初に見えている範囲。右はスクロールアップした状態。)
 
ちょっとだけ期待していた「Launcher 7 のアプリタイル配置を読み込んで同様に設定してくれる」機能はなく、インストール直後は標準のタイル配置になるようです。
 
この時点ではほとんどのタイルにアプリは割り当てられていません。
上の画像でいうと、右画像の左下の方の歯車みたいなタイルが「Launcher 8 の設定」になっているだけです。
 
ぱっと見て気がつくのが、タイルのサイズのバリエーションが増えていること。
「1x1」「2x2」「4x2」の3種類が使えるようです。
 
また、画面の横幅いっぱいまでタイルの表示領域として使われていることがわかります。
(Launcher 7 では画面右端の領域は、アプリドロワー画面へのスワイプ領域となっていた。)
 
スワイプ領域はなくなりましたが、Launcher 7 と同じように右から左へスワイプすると、アプリドロワー画面が現れます。
 
アプリドロワー画面
(アプリドロワー画面です。アプリ名の頭1文字ごとにグループ分けされます。)
 
ユーザーレビュー欄に「アプリリストで、頭文字リストがアルファベットのみで日本語のショートカットが出来ない」とありましたが、私がインストールしたバージョンである「1.0-f」では、ちゃんと日本語文字の頭文字リストができていました。
 
アプリドロワー画面から希望するアプリについてホーム画面にタイルを作成する方法は、アプリを長押しして、出てきたメニューから「Pin to home screen」を選択するだけです。
(このあたりは Launcher 7 と同じです。)



さて、先ほどホーム画面の画像のところで「この時点ではほとんどのタイルにアプリは割り当てられていません」と書きましたが、では標準で表示されているタイルにアプリを割り当てるにはどうしたらいいのでしょうか。
 
これは触っているうちに偶然わかったのですが、アプリを割り当てたいタイルをタップします。
すると次のようなアプリの選択画面が表示されます。
 
アプリの選択画面
(アプリの選択画面です。)
 
この一覧からタイルに割り当てたいアプリをタップすると、タイルにそのアプリが割り当てられます。
簡単ですね。



では割り当てを間違えてしまったりして、今割り当てているのとは異なるアプリをタイルに割り当てたい時にはどうしたらいいのでしょうか。
 
まず、割り当てを変更したいタイルを長押しします。
 
するとそのタイルだけ浮かんだような状態になります。
(この状態でタイルの移動も可。)
 
電話のタイルを長押し
(電話のタイルを長押ししたところ。)
 
タイルの周りに3つ、丸で囲ったアイコンが表示されています。
 
・左上がタイルの設定
・右上がタイルの削除
・右下がタイルサイズの変更
 
になります。
 
左上の丸アイコンをタップして、タイルの設定画面を表示させます。
 
タイルの設定画面
(タイルの設定画面です。)
※赤下線や赤枠・緑枠は筆者が記入
 
赤下線の部分に現在設定されているアプリが表示されているので、その右端にあるフォルダのアイコン(赤で囲った部分)をタップすると、アプリの選択画面が表示されます。
 
アプリの選択画面で新しく割り当てたいアプリをタップすると、再びタイルの設定画面になるので、割り当てが正しければ画面右上の保存アイコン(緑で囲った部分)をタップします。
 
ホーム画面に戻るので、浮いているタイルをタップしてタイルが浮いている状態を解除します。
 
これでタイルに割り当てられたアプリが変更されます。
 
タイルの設定画面では、その他に「色」「サイズ」「アイコン」「表示名」などの変更が行えます。



とりあえず、こんなふうにしてみました。
 
現在の画面
(タイルの色は気に入っている「ライム」に。)



このアプリがどの程度 Windows Phone 8 の「モダン UI(旧名:メトロ UI)」 を再現できているのかはわかりません。
 
また、記事の最初の方に書いた「別の作者さんが作った同名のアプリ」と比べて、どちらが再現性に優れているのかもわかりません。
 
でも私はこのモダン UI、結構気に入っていることは事実です。
(PC 用の UI として優れているかどうかは、まだ判断できるほど触ってはいません。)
 
でもでも、今巷では Facebook home が話題になっていますし...
 
でもでもでも、来年初めごろまでには独自 UI の Unity を搭載した Ubuntu Phablet(※Phone+Tablet)の実機も出てくるかも。
 
モバイルデバイスの UI 競争、まだまだゴールは先のようですかな。


結論:競争のないところに進歩なし


・8月10日 追記
7月末に Xperia SX を Android 4.1にバージョンアップしました。
2013.07.30 Xperia SXをAndroid 4.1にバージョンアップ
 
そうしたらアプリドロワー画面の表示順が変わってしまいました。
旧:アルファベット - カナ - 漢字
新:カナ - 漢字 - アルファベット

 
ここから考えるに、アプリドロワー画面の表示のされかたについては Launcher 8 が独自に決めているのではなく、Android の機能を利用しているものと思われます。
 
とすると「アプリドロワー画面にアルファベットしか出ない」症状の原因は Launcher 8 側にあるのではなく、そのスマホに搭載されている Android 側に何らかの原因が...
(でも Launcher 7 ではそういう症状はないみたいだし、どうなっているのやら。)

2013.04.09

サッチャー英元首相 死去


かつて「鉄の女」とまで言われたマーガレット・サッチャー元首相が、8日朝(英国時間)に亡くなりました。87歳でした。
 
サッチャー元首相 死去に功績たたえる声 - NHK NEWS WEB
「鉄の女」サッチャー元英首相、87歳で死去 - CNN.co.jp
「鉄の女」サッチャー元英首相死去、民営化などで国内外に影響 - REUTERS



サッチャー元首相の実績についてはニュースサイトなどの方が詳しいのでここでは触れません。
 
でも、この blog に関係あることと言えば、映画の「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」。
2012.03.30 映画「マーガレット・サッチャー」を見に行ってきた
(もう1年も前になるのか。)
 
ご冥福をお祈りします。


結論:英国病から救ったサッチャー氏。「日本病」から救う人材はどこにいる

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り

無料ブログはココログ