ブログパーツ Twitter

« 日本FP協会への登録申請が受理された | トップページ | 3DCGソフトの「Blender」で、プリモプエルを作ってみた »

2013.02.22

Ubuntu One の拡張容量を購入した

今日は午後から地元の市民会館で映画の上映会があったので、行ってきました。
上映された映画は「天地明察」。
昨年秋に映画が公開され、原作小説も大変評判になったものですね。
いやあ、公開時に映画館で見ておけばよかったなぁ。


----------

Ubuntu One」というのは、クラウドストレージサービスの名称です。
(早い話、Dropbox や SkyDrive みたいなものと思ってもらえば間違いないかと。)
 
その名の通り、Ubuntu の開発元である英 Canonical が提供しており、次のような特徴があります。
 
・5GB まで無料
・Ubuntu の場合、クライアントアプリなどを別途インストールする必要がない
 (利用を開始するに当たって、メールアドレス等の登録は必要)
・Ubuntu 以外では、Windows, Mac, iOS(iPhone+iPad), Android 用のクライアントアプリがある
・web インターフェースもあるので、上記以外の環境からも使用可
・20GB ごとに追加容量を購入可



私は現在、クラウドストレージサービスとして Ubuntu One, Dropbox, SkyDrive を使用しています。
 
画像・動画と音楽関係が Ubuntu One
上記以外の文書や表計算系が Dropbox
両者を含めたもうひとつのバックアップ先として SkyDrive
 
で、昨年末あたりで Ubuntu One の使用率が「99%」になっていることに気がついており、「追加の容量を買わないといけないかな」と思ってはいたのですが、先日見てみると「100%」になっていたのです。
 
当然、5GB に達して以降のデータは、クラウドにアップされているわけはなく...
 
なので今日、追加容量の 20GB を購入したわけです。



「購入」とあるように、追加容量は有料です。
 
課金方法には2通りあり、「月額 $2.99」か「年額 $29.99」のどちらかを選べます。
支払方法としては、クレジットカードか PayPal かを選べます。
 
課金単位が「ドル」なので、昨年末のうちに契約しておけば、円高でお得だったのに...と悔しがってみても後の祭りです。

ドル円は、昨年末の時点が1ドル=86円ぐらいで、今日が1ドル=93円ちょっと。
「年額 $29.99」の方で比べれば、昨年末ならば29.99✕86=2,579円、今日が29.99✕93=2,789円で、その差210円。
大騒ぎするほどの差じゃない?



「年額 $29.99」でクレジットカード払を選択して、はたと止まったのが「Billing Address」枠。
(住所入力枠ですね。)
 
「Street address」「City」「State/Province/Region」「Postal code/Zip」「Country」と分かれています。
 
「Street address」が「○○市」より後の部分。
「City」が「○○市」。
「State/Province/Region」が都道府県。
「Postal code/Zip」が郵便番号。
「Country」が国名。
 
私でもそれくらいわかりますが、迷ったのは「書き方」。
 
例えば「大阪府大阪市」の場合、
 
・大阪府は、Osaka pref? Osaka-fu? それとも単に Osaka?
・大阪市は、Osaka city? Osaka-shi? それとも単に Osaka?
 
色々調べているうちに、「外国の配送者は『Japan』しか見ない。後は日本側の配送者が見てわかるように書いておけば良い」という文言に出会ってすっきり。
 
結局、上に挙げた「大阪府大阪市」の例でいうと、
 
・「City」欄は「Osaka-shi」
・「State/Province/Region」欄は「Osaka」
 
という書き方にしました。
海外から何か送ってくるわけじゃないので、これで問題ない(はず)。



無事に契約完了したところで、Ubuntu One のアプリをたちあげてみました。
 
Ubuntu One アプリ画面
(赤で囲った部分に「25GiB」と表示されています。)

「GiB」とは「2の30乗(=1,073,741,824)バイト」のこと。「ギビバイト」と読むらしい。
「GB」に「2の30乗バイト」と「10億バイト」の両方の用法があるため、「2の30乗バイト」とはっきりさせたい時には「GiB」と表記すべきらしい。

 
web では「GB」の表記で、クライアントアプリでは「GiB」の表記って、なぜなんでしょうね。
 
まあ、とにかくこれで当分、容量不足に悩まされることはない、かな?


結論:世の中には「ストレージは容量があればあるだけ使ってしまう」という法則があるそうだけど、はたして...

« 日本FP協会への登録申請が受理された | トップページ | 3DCGソフトの「Blender」で、プリモプエルを作ってみた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本FP協会への登録申請が受理された | トップページ | 3DCGソフトの「Blender」で、プリモプエルを作ってみた »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ