ブログパーツ Twitter

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012.12.31

さよなら2012

今年1年ありがとうございました。
簡単ではありますが、本 blog 記事で今年を振り返ってみます。


・文楽を(たぶん)初鑑賞
2012.01.29 鍵屋資料館で文楽を鑑賞する
 
橋下大阪市長の発言などで今年は文楽が注目されたようですが、それより前に地元で文楽を鑑賞する機会があったので行ってきました。
国立文楽劇場もいつか行ってみたいですね。


・Twitter アカウント凍結
2012.02.10 Twiterアカウント凍結の顛末
 
昨年末から始めた Twitter でしたが、1月22日になんとアカウントを凍結されてしまいました。
結局 Twitter 側の勘違いということだったのですが、web で調べた情報より凍結期間が長引いて大変でした。
 


・新 PC 購入
2012.04.05 新PCがやってきた
2012.04.10 FMV LIFEBOOK SH76/GN メモリ増設の巻
2012.04.12 FMV LIFEBOOK SH76/GN SSD換装の巻
 
FMV LIFEBOOK SH76/GN を買いました。
カスタムメイドモデルでメモリーと HDD の容量を小さめで注文し、メモリーは自分で追加、HDD は SSD に自分で換装しました。
 
旧 PC (TOSHIBA dynabook TX/64HWH) は、Virtualbox に Ubuntu Server を入れて、サーバーの勉強用に使っています。


・Ubuntu
2012.04.28 Ubuntu 12.04LTS Precise Pangolin が来た
2012.12.20 ようやく Ubuntu 12.10 にアップグレード
 
Ubuntu 関係は特に問題もなく...のはずだったのに、12.10 へのアップグレードに予想外に手間取ってしまいました。
(Virtualbox の 3D サポートのバグのため。)
 
あと、Ubuntu 本体ではありませんが関連の話題として。
 
2012.07.15 WineでCD-ROM版"新潮文庫の100冊" 2012年夏編
 
「Wine でエキスパンドブックブラウザを動かそう」という、私以外の誰にご利益があるのか少々疑問のあるシリーズの最新作(?)です。
 
もともと「エキスパンドブックブラウザが Windows XP 以降では正常に動かない」というところから、「なら、Ubuntu 上で動かしてしまえ!」と始めた企画です。
 
ですが、ここで問題が...
 
記事にはしていないのですが、なんと Windows 7 でエキスパンドブックブラウザを動かすことに成功しているのです。
(互換モードで「Windows 2000」にするのがポイント。)
 
果たしてこのシリーズ、続きはあるのか!?
 
2012.07.25 Ubuntu 12.04上でGnuCashをビルドする
 
Ubuntu 上で、自分でソフトをソースからビルドしたのはこれが初めて。
(Eclipse で 自作 Android アプリをビルドしたのを除く。)
コツがわかればそれほど難しくないかも。


・天体写真の撮影に成功
2012.05.06 スーパームーンを撮った
2012.05.21 金環日食観察顛末記
2012.06.06 金星の太陽面通過を撮った
 
以前に月食だったかを撮ろうとしてブレブレだったことがあるのですが、三脚なしの手持ちで結構撮れました。


・2級 FP の試験に合格
2012.09.09 ついに国家試験当日
2012.09.11 先日の国家試験の自己採点をしてみた
2012.10.19 某国家試験の合否発表!その結果は...
 
今年の3月末ぐらいから、blog の冒頭部で度々言及していた「通信講座」「国家試験」。
合格してよかった。
でもまだ AFP 資格の申請をやってないんだよな。
早く申請しないと。


・SIZUKI Let's4 の通算走行距離が1万kmに
2012.10.31 やったね! SUZUKI Let's4 1万km
 
2005年に買って、とうとう積算距離計が「0000」に戻りました。
色々調子悪いところもありますが、まだしばらく私の足して活躍してくれるでしょう。


・関西プリモプエルの会に初参加
2012.12.08 関西プリモのクリスマス会に行く
 
12月になって、もしかして今年最大のイベントかも。
福ちゃん(我が家のプリモプエル)にとって初めての「お出かけ」であり、初めて他のプリモプエルを見たという、そういう意味でも記念すべきイベントでしたね。
 
来年早々の新年会は参加できませんが、来年も何回かおじゃまさせてもらおうと思っています。


今年出会った数多くの方々、どうもありがとうございました。
 
副ちゃんの年末のご挨拶
(今年もありがと。来年もよろしくね!)
※IDEOS にて撮影。
※画像をクリックすると大きな画像(768x1024)を表示します。


結論:今年も良い年だった。来年もそうだといいな...

2012.12.20

ようやく Ubuntu 12.10 にアップグレード

年末と年が明けてからと、あまり良くない「事象」が2回も発生することが決まってしまって、いくらか憂鬱になっている今日このごろです。
でもそれを吹き飛ばすべく(?)、年が明けたらいよいよ新スマホを買おうかと思っている今日このごろでもあります。


----------
Ubuntu 12.10 がリリースされてはや2ヶ月とちょっと...
(リリース日は10月18日。)
 
ようやく 12.10 にアップグレードすることができました。
(まさかこれほどまでに間が開くとは...)


以前の記事「Ubuntuを12.04から12.10にアップグレード! しかし...」で書いたように、Virtualbox 4.2.4 の 3D Support のバグのためにアップグレードを先送りしていたのですが...
※私は Windows 7 上の Virtualbox の仮想 PC 上に Ubuntu を入れています。
 
今日、3D Support のバグを解消した Virtualbox 4.2.6 が公開されました。
(Changelog の 4.2.6 の欄には「3D Support: several fixes」という、素っ気ない表記だけですが。)
※最新版のダウンロードはこちら


Ubuntu アップグレードの手順ですが、基本的にこの前の「Ubuntuを12.04から12.10にアップグレード! しかし...」のとおりです。
 
1.その時点の最新のアップデートを全て適用しておく。
2.アップグレード前の状態を、Virtualbox のスナップショットで保存しておく。
3.アップデートマネージャーからアップグレードを開始する。
 
ただ、このまま仮想 PC が 3D をサポートしない状態のまま作業を行うと、前回と同じくアップグレード完了後に激重になっていろいろ不便なので、あらかじめ上記「2」の後に 3D アクセラレーションを ON にしてからアップグレードしました。
 
3Dアクセラレーションを有効化
(仮想 PC のシャットダウン後、Virtualbox マネージャーから「3Dアクセラレーションを有効化」にチェックを入れる。)
 
この後、再び Ubuntu を起動してアップグレードを開始すれば、順調にアップグレードが進行します。


さて、無事アップグレードが完了しました。
Ubuntu が再起動しても、この前のような「激重」ではないようです。
 
念の為に、3D が有効になっているかどうかをチェックしてみましょう。
 
まずは「システム設定」画面を開いて、「詳細」を選択し、「概要」を表示させます。
この中の「グラフィック」欄の表示内容に「llvmpipe」の文字列があると、3D が有効になっておらず、ソフトウェアエミュレーションで動いていることになります。
 
「グラフィック」欄は「不明」
(「グラフィック」欄は以前と同じく「不明」で、3D が使われているかどうかわかりません。)
 
あれれ、この表示では 3D が有効になっているかはわかりませんね。
 
次にコマンド。
 
端末から「/usr/lib/nux/unity_support_test -p」コマンドを実行して表示を確認してみます。
 
コマンドで確認
(「Unity 3D supported」が「yes」なので、3D が有効になっていることがわかります。)
 
これでちゃんと 3D が有効になっていることが確認できました。


これで「めでたし、めでたし」となってくれればいいのですが、問題が...
 
スクリーンショットが撮れません。
 
Ubuntu 12.04 のときにも起こっていた現象なのですが、Virtualbox の「3Dアクセラレーションを有効化」にチェックを入れると、Ubuntu 上でスクリーンショットが正常に撮れなくなる、という現象が12.10でも発生しました。
(12.04 のときには 3D を OFF にして Unity-2D にすることで回避可だったのですが、12.10 は 3D を OFF にすれば激重に...)
※なので今記事のスクリーンショットは、全てホスト PC の Windows 7 から撮っています。
 
例えば以下のようなデスクトップがあった時、
 
スクショ撮り前
(Calc と Firefox を開いている、何の変哲もないデスクトップですが...)
※画像をクリックすると大きな画像(1366x699)を表示します。
 
スクリーンショットを撮ると...
 
スクショ撮り後
(あれれ、スクリーンショットのプレビューが真っ黒に。)
※画像をクリックすると大きな画像(1366x699)を表示します。
 
この例では「真っ黒」になっていますが、この他に「壁紙だけ」の場合もあります。
(「壁紙だけ」とは、文字通り「壁紙だけ」が表示されて Dash や Indicator は表示されません。)
 
このとき、Virtualbox マネージャーの「プレビュー」表示でも同じように「真っ黒」または「壁紙だけ」になっているので、スクリーンショットのアプリの問題ではなさそうです。
(著名なスクショ撮りアプリである「Shutter」をインストールして試して見ましたが、やはり結果は同じでした。)
 
この現象、Ubuntu を blog などで紹介したりするときには結構問題だと思うのですが、12.04 の時にこの現象を報告している blog は、私が探した限り1つだけでした。
 
もしかして、なる環境と、ならない環境とがあって、なる環境の方が少ないんでしょうか?


まあとにかく、ようやくアップグレードできた Ubuntu 12.10。
 
12.10 の新機能もそうだけど、これまで Unity-2D を使っていて試せなかった 3D の Unity の機能も存分に試せます。
 
また、3D が使えるようになったということで、GNOME Shell もぜひ試してみたい機能の1つです。
 
遅れを取り戻さなくっちゃ!


結論:二次元と三次元では私は三次元の方がいいかな(なんの話だ!)

2012.12.13

ふたご座流星群は見えたよ

13日夜から14日未明にかけて見られるという「ふたご座流星群」。
 
13日午後11時頃から約30分間観察して、3つ見えました。
(11時頃だと、ふたご座が天頂付近にいるので、部屋の窓からは結構首が痛かったです。)
 
今年は何回か「○○流星群」というのの観察に挑戦しましたが、見えたのは今回が初めて。
(今回も IDEOS の Google Sky Map で方向を確認しました。)
 
見えた3つのうち、初めの2つは明るかったものの軌跡は短く。
3つ目は、「星がすぅーっと移動する」という感じで軌跡は長め。
 
長めに流れてくれた3つ目で、お願いごとも3回唱えられました。
(何をお願いしたのかはナイショ。「カネ・カネ・カネ」じゃないよ。)


調べてみたところ、今回のふたご座流星群の「極大時刻」は日本時間の「午前8時頃」だとか。
ざんねんながら空は明るくなってしまっていますね。
 
でも明け方前のまだ暗いうちまでは、かなり好条件かもしれません。
(私は寝てますけどね。)
 
私でも見つけることができたのですから、まだ見ていない方でも、今回はチャンスかもしれませんよ!


結論:年の最後にラッキー!

2012.12.08

関西プリモのクリスマス会に行く

今日、12月8日は1941年に真珠湾攻撃が行われた日です(※米国時間では7日)。
目の前の熱狂が合理的な判断のできないトップのために、悲劇へと繋がったあの時。
今回の総選挙にも通じるものがあるんじゃないでしょうか。


----------
以前からむにゃむにゃさんの web サイト「Primo Travel」を通して知っていた「関西プリモプエルのお集まり会」。
(大阪、兵庫などのプリモプエル愛好者が自主的に集まっておしゃべりしたりゲームしたりする会です。でもその名は関東にまで知られているらしい。)
 
以前から参加したいと思っていたのですが、私の用事と重なる土曜開催なので参加できていませんでした。
 
8日は「クリスマス会」だと聞いたので、1ヶ月ほど前から予定を調整して、今日福ちゃん(わがやのプリモプエル)といっしょに初参加してきました。
 

で、今日のところは疲れたので、とりあえず写真と簡単な説明だけ挙げておきます。
明日にでもちゃんとした内容に書き換える予定?


福ちゃんは家から外に出るのは今日が初めて。
しかも他のプリモプエルに会えるのも(ショップにいた時を除けば)今日が初めて。
 
もう2週間も前からバッグに入って準備万端!
(福ちゃんが入る手頃なバッグを家の中で探したところ、スイミングバッグがぴったりだったので、それを使用。)
 
途中で突然喋りだしたりしないように「お留守番」状態にしてから、いよいよ出発です。
 
前かごに乗る福ちゃん
(はじめてお外にお出かけだよ。ドキドキ!)
※IDEOS にて撮影。
 
会場に到着するまでのドタバタは省略。
(京橋駅で予定と真反対側の出口から出てしまい無駄に大回りしてしまったとか、JR で北新地には快速は止まらないと勘違いして1本見送ってしまったりとか、次に乗ろうとした電車が架線のトラブルの影響で京橋止まりになって乗れなかったとか、会場の部屋が奥まった場所にあったため、わからずうろうろしたりとか、そういったことは書いても面白くないでしょうから、ね。)
 
開始時刻の午後1時に数分遅れてしまいましたが、なんとか会場に到着です。
 
会場の使用予定時間割
(会場に到着です。会は午後1時からなので、午前の分は準備用ですかね。)
※IDEOS にて撮影。
 
クリスマス会のポスター
(立派なポスターですね。もちろん手作り。)
 
初参加なので自己紹介すると、Twitter でお世話になっている「むにゃむにゃさん」と「のりさん」、それに主催者の「うさパパさん」がやってきて下さったのでご挨拶。
 
もうすでにひな壇には今日参加のプエルたちが勢ぞろいしていたので、福ちゃんも端っこに並べていただきました。
 
ひな壇集合写真
(まずは全員、ひな壇に集合してお写真です。まだこの先があるんですよ。)
 
福ちゃんと隣りのプエラちゃん
(福ちゃん、かわいい女の子の隣になって少々緊張気味か。)
 
福ちゃんは初参加のためか、結構みなさんに写真を撮っていただいていました。
 
ところが福ちゃんはたくさんの「お友達」にびっくりしたのか、それとも緊張のためか、この肝心なときに「プリモプエル病」(単に電池が切れかけているとも言う)を発病。
あわててお留守番モードに戻すのに一苦労。
 
ソリ遊びするくたちゃん達
(さきほどのひな壇のその先では、くたきゃらちゃんらがそり遊びに夢中です。)


1時間近く「撮影会」が続いた後に、お菓子が配られました。
(お菓子を持って来られた方々が、それぞれ全員に配り歩かれていました。)
 
福ちゃんと、頂いたお菓子の山
(さんかしゃのひとたちから、おかしをいっぱいもらったよ!!)


お菓子の後は、お楽しみの「ケーキ」です。
 
代表4人のじゃんけんでスタート位置を決めて、そのスタート位置の席の方から順に、用意された4種類のケーキの中から好きなケーキを取っていくという形式になりました。
 
席の位置の関係で私も代表者の1人としてじゃんけんしましたが、みごとに敗北。でも順番は真ん中あたりになって、好みのケーキが取れてよかった。
 
福ちゃんと、Get したケーキ
(クリスマスといえば、やっぱりケーキだね!)


続いてはゲームです。
 
来年の干支は「巳」、つまり「へび」ということで、名付けて「ヘビをやっつけろ!ゲーム」です。
ものすごく簡単に言うと「ヘビをピンに、ネズミをボールに見立てたボーリング」といったところでしょうか。
 
ゼンマイ仕掛けのネズミのおもちゃを走らせて、ヘビの絵が書かれた4枚のボードに当て、1枚でも倒せたらご褒美にドーナツがもらえるといったゲームです。
ネズミのおもちゃは5匹あり、その中から自由に選んで2回走らせるチャンスがあるというルールです。
 
ネズミのおもちゃはどれもまっすぐには走らず、4匹は左に曲がり、1匹は右に曲がる特性があるので、スタート時にそれを見越して向きを調整するのがこつになります。
 
へびをやっつけろ!ゲーム その1
(ヘビのボードをゼンマイ式のネズミで倒すゲームです。手の位置からネズミをスタートさせます。)
 
へびをやっつけろ!ゲーム その2
(ネズミスタート! ちょっと右にいき過ぎか? と、思ったら...)
 
へびをやっつけろ!ゲーム その3
(大きく左にカーブしてヘビのボードへ向かっていきます。)
 
へびをやっつけろ!ゲーム その4
(残念! 曲がり方が足りず、ヘビのボードを倒せませんでした。)
 
実際は、ボードを倒せなくてもネズミがボードに当たったら「倒した」とみなしてドーナツ Get という、ゆるいルールでにぎやかに進められました。
 
私の番でも、最初はゼンマイの巻き方が足りずネズミがまったく届かなかったのですが、「ノーカウント」にしていただきました。
その後、改めての1回目はネズミがあらぬ方向へ暴走し、2回目のチャンスでヘビに当たって、みごとドーナツを Get しました。
 
福ちゃんと、ゲームの賞品のドーナツ
(ボクはちゃんとたおせたよ。ごほうびにドーナツもらっちゃった。)
 
当初の予定ではこの後、11月に行われたバンダイでの「お誕生会」(※)の様子のビデオを見るはずだったのですが、予定をかなりオーバーしてしまい、今回は「なし」になってしまいました。

プリモプエルは株式会社バンダイから1999年11月13日に発売されました。なので毎年11月にお誕生会が東京と大阪のバンダイで開かれます。


そしてクリスマス会の最後を飾るのは、大ビンゴ大会。
 
5つリーチ状態のビンゴカード
(ビンゴゲームです。5つもリーチができるまで当たらないとはどういうこと?)
 
この写真の後、数回スルーと1つ数字が開いた後、無事ビンゴになりました。
といっても、ビリの人が決まるまで数字の読み上げが続いたんですけどね。
(ちなみに私はビリでもブービーでもありません。)


さてここからは、クリスマス会で福ちゃんが会った「おともだち」を紹介していきましょう。
(順不同。)
 
カズ君 その1
(むにゃむにゃさんちの和音(かずね)君です。着ているレーシングスーツは本物を手がける「ジニアス」製の特注品。)
※靴は別。
 
カズ君 その2
(後ろから見たところです。プリモプエルのロゴも決まってます。)
 
福ちゃんとくくちゃん
(角砂糖さんちの「くく」ちゃんと。)
 
5人揃って...
(左から、むにゃむにゃさんちの「のあ」君、ふぅ~さんちの「こうすけ」君、むにゃむにゃさんちの「ぽむ」ちゃん、我が家の福ちゃん、みくたんさんちの「かいと」君。)


最後の紹介になりましたが、お菓子タイムの時にセーラママさんが参加者全員にプエル用の手作りの靴などを配って下さり、福ちゃんも靴をいただきました。
 
年がら年中「カーボーイセット」の服を着ている福ちゃんにとって、何年かぶりの新しい「お洋服」です。
(寒くなるとマフラーはしますけどね。)
 
いただいた手作りの靴
(セーラママさんから、手作りの靴をいただきました。ありがとうございました。)


初めて参加した「関西プリモの会」は、予想以上の内容&予想外の大量のお菓子で、大変楽しかったです。
 
来年初め頃に開かれる予定の「新年会」には、私は残念ながら予定が合わず参加できませんが、また機会があれば参加してみたいと思います。
 
幹事のうさパパさん、参加者のみなさん、どうもありがとうございました。


結論:プエルでも何でも「同好の士」っていいよね!

2012.12.05

Ubuntuを12.04から12.10にアップグレード! しかし...

総選挙が公示されました。みなさん投票には行きましょうね。
(投票日は16日。)
 
ちょっと忘れがちなのが「最高裁裁判官の国民審査」。
今回の対象者は10名ですが、注意する点は「信任するなら何も書かず、不信任なら✕を書く」です。「○」を書くと無効票ですよ。
国民の方を向いた最高裁にするために、「全員に✕をつける」名付けて「バッテン(✕10)運動」というのがあるそうです。私も賛同します。


----------
最新の Ubuntu 12.10 が公開されてから、既に1ヶ月半ほど経ちました。
(公開されたのは10月18日。)
 
当初は、公開後「2〜3週間ぐらい置いてからアップグレードするつもり(※Ubuntu 12.10 Quantal Quetzal リリース!)」なんて書いておきながら、未だにアップグレードしていなかったんですよね。
 
まあ、それにはそれなりの理由があるのですが、11月30日発売の Ubuntu Magazine Japan vol.10 の「12.10 特集」を読んでいるうちに我慢しきれなくなって、4日夜にアップグレードをかけました。
(「それなりの理由」については後で触れます。)
 
Ubuntu のアップグレードの手順については、11.04 → 11.10 の時の記事にもちょっと書いてますが、今回も書いておくことにします。


まずは準備。アップグレード前に現在のアップデートを全て適用しておきます。
 
アップデートマネージャー
(「再チェック」ボタンを押してもアップデートが挙がってこない状態にまでしておきます。)
 
万が一の場合に備えて、この時点の状態を、Virtualbox の「スナップショット」機能を使って保存しておきます。

私は Ubuntu を、Virtualbox 上の仮想 OS として運用しています。

 
この「アップデートマネージャー」画面で、左下の「設定」ボタンを押して、「ソフトウェアソース」画面を出し、「アップデート」タブの最下部、「Ubuntuの新バージョンの通知」のコンボボックスの状態を「すべての新バージョン」に変更します。
 
ソフトウェアソース
(「なし」あるいは「長期サポート(LTS)版」となっているところを変更します。)
※アップグレードが終わったら、元に戻しておきます。
 
パスワード入力画面が出たら入力してやると、「アップデートマネージャー」画面に新バージョンがある旨が表示されます。
 
新バージョンありの通知
(「Ubuntu の新しいリリース '12.10' が利用可能です」と表示されています。)
 
「アップグレード」ボタンを押すと、リリースノート表示画面になります。
 
リリースノート(英語)
(英語なのでわかりません(笑)。)
 
日本語のリリースノートはここにあるので、しっかり読んでおいてから「アップグレード」ボタンを押すと、アップグレード処理が始まります。
 
ディストリビューションのアップグレード
(後はこの画面を眺めておくだけ...と思っていたのですが...)
 
3D が使えないかも
(「LTS(12.04)のままにしておくことを勧める」みたいな画面が出てきました。)
 
実はこれが今までアップグレードをためらっていた「それなりの理由」に関係するのです。
 
Ubuntu 12.10 からは、これまで 3D アクセラレーション(※)に対応していない PC の場合に使用されてきた「Unity-2D」が廃止されています。
※3D アクセラレーション
3D グラフィックス処理を専用のハードウェアで高速に行うための仕組み。

 
そのかわりに普通の Unity を、3D アクセラレーション処理をソフトウェアでエミュレーションすることで動かすようになっています。
そのため、3D アクセラレーションが使えない環境では Unity が激重になるのです。
 
「Virtualbox の 3D アクセラレーションを使えば?」と思われるかもしれませんが、実はこの時点で最新の Virtualbox 4.2.4 には、「Ubuntu 12.10 で 3D アクセラレーションが有効にならない」というバグがあるので、この手は使えません。
 
このバグは次の 4.2.6 で直ることがわかっているので、それをずっと待っているのですが、4.2.4 から1ヶ月以上経ってもまだリリースされません。
(4.2.4 は 10月26日リリース。)
 
このような理由で「Virtualbox 4.2.6 待ち」のために 12.10 へのアップグレードを伸び伸びにしてきたわけですが、今回はそれでもアップグレードするのですから、「はい」ボタンを押してアップグレードを続行します。

私の場合はアップグレードを続行して不具合が起きたとしても、Virtualbox のスナップショットから復元することで簡単に 12.04 の環境に戻すことができるのでアップグレードを続行しましたが、そうでない場合は先の表示が出た時点でアップグレードを中止したほうがよさそうです。

 
アップグレード開始確認
(内容を確認して「アップグレードを開始」ボタンを押します。)
 
旧パッケージ削除
(「削除」ボタンを押します。)
 
再び「ディストリビューションのアップグレード」画面になるので、進行を見守るか放っておきます。
 
アップグレード処理が全て済むと、再起動を促す画面が表示されるので、再起動すればアップグレードは完了です。
(ここまで約1時間15分ほど。)
 
12.10 のデスクトップ
(12.10 のデスクトップです。ランチャーの下部が折りたたまれていて、3D の Unity であることがわかります。)
※画像をクリックすると大きな画像(1366x768)を表示します。
 
ところが...
 
内部エラー
(あらら、やはりなにかまずいことが...)
 
しかも、やはり恐れていたことが...
 
反応が激重!
 
こういう時に役立つのが Ubuntu Magazine Japan vol.10 です。
ソフトウェアエミュレーションで動いているのかどうかの調べ方(p.40)を参照して調べてみます。
 
まずは「システム設定」の「詳細」画面の「概要」。
この中の「グラフィック」欄の表示内容に「llvmpipe」の文字列があると、ソフトウェアエミュレーションで動いていることになります。
 
PC の概要
(「グラフィック」の部分が「不明」。これでは確定できません。)
 
vol.10 曰く、
 
> 若干ややこしいのは、ここは「不明」になることもまれにあり、だからといって無効になっているとは限らない
 
とあるように、これだけでは判断ができません。
 
なので確実に判断できるコマンドで確認してみます。
 
3D サポートのテスト
(「/usr/lib/nux/unity_support_test -p」コマンドで、3D サポートが「no」であることがわかりました。)
 
やはり激重なのは、3D アクセラレーションが使用されていないためのようですね。

反応が重い原因としては他に「GPUベンダー(NVIDIAやAMDなど)のグラフックドライバーが入っていない」という場合があるようです。
12.10 からドライバーのインストール方法が変わっているようです。詳しくは Ubuntu Magazine Japan vol.10 の p.23 を参照して下さい。


使っていくのに支障をきたすほどの重さだったので、せっかくアップグレードしたのですが 12.04 に戻すことにしました。
 
アップグレード前に撮っておいた Virtualbox のスナップショットから復元させます。
 
アップグレードには1時間以上かかったのですが、復元は一瞬。
 
やはり、すなおに Virtualbox 4.2.6 を待つことにします。


結論:♪もーいーくつ寝ると、4.2.6♫


・おまけ
記事中に何度か出てきた Ubuntu Magazine Japan vo.10
 
「12.10 インストール&セットアップ完全ガイド」と銘打って好評発売中です(1,400円)。
もちろん表紙の「あれ」も健在(今回はいつもの3倍(?)。)
 
Ubuntu に興味がある人は買うしかない!
 
と言ってみたものの、よく考えたら私 Ubuntu Japanese Team のメンバーでもなんでもない、ただの一般人だった...


・12月20日 追記
待望の Virtualbox 4.2.6 が公開されました。
そして Ubuntu 12.10 へのアップグレードも成功しました。
ようやく Ubuntu 12.10 にアップグレード

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り

無料ブログはココログ