ブログパーツ Twitter

« 教育訓練給付の申請に行ってきた | トップページ | インディアン伝承シャンプーを買った »

2012.08.04

OSC 2012 Kansai@Kyoto に行ってきた

ロンドン五輪の女子トライアスロン日本代表の足立真梨子選手は大阪府枚方市出身だそうです。
今日のニュースで見ましたがなんと14位に入ったそうですね、すごい!


----------
オープンソースの今を伝えるイベント、オープンソースカンファレンス 2012 Kansai@Kyoto が3日(金)と4日(土)の2日間にわたって、京都リサーチパーク(KRP)にて開催されました。
 
私は昨年は1日目の金曜日に参加しましたが、今回は2日目の土曜日に参加してきました。
※2011.07.15 OSC2011 Kansai@Kyoto に行ってきた


私は普段は土曜日のイベントには参加が難しいのですが、今回は1ヶ月以上前から日程を調整して今日に備えてきました。
理由は土曜日にある2つのセミナーを見るため。
 
Ubuntu Japanese Team のセミナーと、LibreOffice 日本語チームのセミナーです。
 
でもって、乗る電車の時間などを事前に周到に決定し、万全の体制で向かった...はずでした。
京都駅で昼食を済ませるまでは...
 
嵯峨野線の33番ホームヘ向かうと、どうやら電車が遅れている様子。
放送がよく聞き取れなかったのですが、こちらへ向かっている急行か特急だかが、京都の2駅前の二条駅で車両トラブルで点検しているとか。
(その車両は京都駅に帰って来ましたが、トラブルが解消しなかったようで、折り返しの特急となることなく運休になっていました。)
 
最初に表示を見たときは大したことないように見えたと思ったのですが...
結局12:37発の普通に乗る予定が、13:10くらいに電車が来て、13:20くらいに出発しましたからね。
いつ来るかわからない電車を待って、汗をホームに滴り落とすような状態で、辛かった。


でも、どうにかこうにか目的地の KRP に到着です。
 
KRPの会場前
(KRP 東地区1号館のアトリウム入り口前。)
※今回の写真は全て IDEOS にて撮影。
 
当初の予定では KRP 到着から Ubuntu Japanese Team のセミナー開始まで1時間以上あるはずだったのが、電車の遅れで30分ほどになってしまったので、スタンプラリーは断念。
(くそう、「OSPN.JP特製ポーチ」欲しかったのに...)
 
まずは Ubuntu Japanese Team のブースはどこだろうと会場を見回すと、なんと目の前にあってびっくり!
(入り口入ってすぐの左手のテーブルがそうでした。)
 
ブースの長テーブル
(Ubuntu Japanese Team のブース。)
 
ブースにおられた方にお名前を伺うと、あの ASCII.jp の「行っとけ! Ubuntu道場!」でお馴染みの「さかもっちー」こと坂本さんでした。
(ちなみにご本人は「道場のさかもっちーはあくまで創作だ」と念を押されていました。)
 
セミナーの準備に入られるまでの少しの間だけでしたが、お話させて頂きました。
これはご本人には言っていないのですが、私の大学時代の友人と容姿と喋り方がそっくりだったのには驚きました。


さて、メインイベントたるセミナーの方です。
 
まずは14:00からの Ubuntu Japanese Team のセミナーに向かいます。
 
セミナー開始前
(セミナー開始前の準備中の様子。奥で PC を操作しているのが坂本さん。)
 
「Ubuntuプロジェクトの概要と活動内容の紹介」という題名で、立ち見も出たみたいで盛況でした。
(Japanese Team のセミナー恒例の「じゃんけん大会」も生で見れた。)


一旦アトリウムに戻って、アンケートを書いて「くじ」を引いたりしているうちに、次のセミナーの時間が近づいて来ました。
(ちなみに「くじ」の結果は昨年と同じく「はずれ」で、アメとステッカーをいただきました。)
 
続いては、15:15からの LibreOffice のセミナーに向かいます。
 
セミナー開始前
(セミナー開始前の準備中の様子。奥で横を向いているのがあわしろいくやさん。)
 
「LibreOfficeの紹介と最近の動向について」という題名で、Ubuntu Japanese Team にも所属されているあわしろいくやさんと、LibreOffice 日本語チームの榎 真治さんが担当されました。
 
このセミナーは、「ニコニコ生放送」で中継が行われていました。
(ニコニコ生放送の該当のページはこちら。)
 
セミナーの内容が面白かったのはもちろんですが、中継の様子や、ついたコメントに答えている様子などが見れて、非常に興味深いものとなりました。


LibreOffice のセミナーが終了すると、残すところはライトニングトーク(以下「LT」と略)と閉会式です。
(ブースを撤去したアトリウムで開かれます。)
 
LT とは「持ち時間一人あたり5分のショートプレゼンテーション大会」だそうです。
(OSS のサイトより引用。)
 
LTの様子
(LT の様子。右の赤い服を着ているのがこのときの発表者。)
 
内容も堅苦しいものはなく、何度も笑い声がおこる楽しいものです。
 
普段なら開始から5分経つと「ドラ娘」と呼ばれる女の子がドラを叩いて強制的に終了させるらしいのですが、今回はドラの代わりになんと「ブブゼラ」を使っていました。
全部で確か10組ほどが発表したのですが、たいていの組が時間内に終わらせる中、ブブゼラで打ち切られる組もありました。
 
なお、LT の最中にあわしろいくやさんにご挨拶させて頂きました。


LT が修了したところで会場を脱出。
(最後までいたら大混雑するのではと思ったので。)
 
一時はどうなることかと思いましたが、やはり参加してよかったです。


オープンソースカンファレンス、次は9月1日(土)の島根だそうです。
(オープンソースカンファレンス 2012 Shimane のページはこちら。)
 
さらにその次の週の9月7日(金)・8日(土)には、東京でオープンソースカンファレンス 2012 Tokyo/Fall が開かれます。
 
私はいずれも参加しませんが、オープンソース関係の動向に興味のある方は、覗いてみてはいかがでしょうか。


結論:京都はたぶん来年も参加します!

« 教育訓練給付の申請に行ってきた | トップページ | インディアン伝承シャンプーを買った »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 教育訓練給付の申請に行ってきた | トップページ | インディアン伝承シャンプーを買った »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ