ブログパーツ Twitter

« ノーベル賞受賞者小柴先生の公開講座に行ってきた | トップページ | b-mobile Fair 1ヶ月 »

2012.06.06

金星の太陽面通過を撮った

「ひげの殿下」と親しまれた三笠宮寛仁親王殿下がご逝去されました。
三笠宮寛仁さま ご逝去 - NHK NEWS web
上のニュースを見るまで、「障害者福祉に積極的に取り組まれて」いたことなどは知りませんでした。
ご冥福をお祈り申し上げます。


----------
先月の金環日食に引き続いて、日食観察グラスが活躍する時がやって来ました。
金星の太陽面通過です。
 
天気予報は晴れということで心配していなかったのですが、朝起きてみると太陽に薄雲がかかっている状態。
金環日食の場合なら全く問題にならないくらいの雲ですが、ちっちゃな金星の影を撮るには大問題。
雲が切れるチャンスを待ちます。


ところで金環日食はブレブレの写真ばかりで大失敗したので、今回は事前に準備を、と考えていました。
 
1.事前に太陽をぶれないで捉える練習をしておこう
2.デジカメのマニュアルでの撮影方法を調べておこう
 
当然(?)、両方とも忘れてました(汗)。
 
金環日食をきれいに撮られていた方の blog 記事にも、「カメラの露出、ピント設定はマニュアルでないとできません」とあったので、金星の時はオートで撮るのはやめようと思っていたのに。
 
とりあえずマニュアルを引っ張り出して、フォーカスを AF (オートフォーカス)から無限遠にしましたが、よく考えたら絞り値とシャッター速度をいくらにしたらよいのか全くわかりません。
適当に設定して撮ってみましたが、そんなのでは当然ながらきれいに写るはずもなく。
 
基本的な知識がないのだからオートの方がまし!
ということで、再びフォーカスを AF (オートフォーカス)に、撮影モードをオートに戻しました。
(なんじゃそら。)


雲が切れたので再び狙います。
 
オートであっても絞り値だけは簡単に調整できるようにしてあったので、マイナス側の最大値「−2」を指定。
ズームは光学だけだと太陽が液晶画面に小さくしか映らないので、超解像ズームを目一杯。
 
ブレを最小限に抑えるために、デジカメの底面を窓枠に置き、
デジカメを持つ両腕のひじを壁につけて固定し、
デジカメの上端をおでこで押さえ、
息をふうっと吐いていきシャッターを切る瞬間に止める。
(デジカメの手ブレ補正もON、)
 
という工夫をして撮れたのがこちら。
 
金星の太陽面通過
(うまく撮れたのはこの1枚だけ。※露出時間:1/80秒、ISO スピード率:160、焦点距離:53.0mm)
※クリックすると拡大画像(2048x1536)を表示します。
 
Twitter に載せた写真はこの写真の太陽のまわりだけをトリミングしたものでした。
(799x599ピクセル。 ※800x600にしたかったが、うまくいかなかった。)
 
できればこの後、金星が動いて位置が変わった写真も撮りたかったのですが、太陽が真上の方へ行ってしまい、デジカメをうまく固定できなくなってしまったので写真はありません。


金環日食の時と今回、太陽を撮ってみて痛感したこと、それは...
 
日食観察グラスは目の部分だけグラスになっている物だと撮りにくい
 
かな?
 
ズームを広角側にしておいてレンズと観察グラスの位置が合うように手で押さえ、ズームを望遠側にしようとして鏡筒が伸びるのを手で押さえる格好になってしまい、エラーになったのが何回あったことか。
 
かといって、あらかじめ目的の倍率まで伸ばした状態だと、太陽を捉えるのがむずかしい。
(成功した写真はこちらの方法で撮りました。)
 
さらに液晶画面を見ていると太陽の像がふっと消えたので、レンズの方向が太陽から外れたのかと思うも、よく観察すると観察グラスがレンズからずれてしまっていた...のも1度や2度ではありません。
 
全面すべてグラスになっているタイプなら、観察グラスが少々動こうがカメラのレンズから外れる心配はないので、ずっと撮りやすかったでしょうね。


まあ、いい経験になったと思います。
 
オートでうまく撮れた時の設定条件もわかったし、次の何らかの機会までにマニュアル設定で撮れるようになっていたいと思います。
(そう言っておきながら、また忘れてしまう確率、大。)


結論:なにごとも経験だ!

« ノーベル賞受賞者小柴先生の公開講座に行ってきた | トップページ | b-mobile Fair 1ヶ月 »

コメント

こんにちは!
当日撮影レポートアップされてたんですね。
遅ればせながらのコメントです。
僕もフルオートで撮るつもりだったんですよ。
でも、日食メガネを被せると暗すぎて赤いAFアシスト照明を発光してしまったり
太陽なんてなかなか画面中央に来ないので焦点が合わないし。。
同じ理由でAEも撮る度にきまぐれなのでマニュアルしか無いと思ったわけです。
結果的にマニュアルの露出度はKanachanさんの設定と同じ約-2.0くらいになってました。

ちなみにマニュアルAFでは無限遠って設定が無いので、マニュアルモードのまま焦点を合わせるスイッチがあるのでメガネを外して遠くの建物に合わせてからメガネを当てて太陽に向けるという器用なことをしてました。

むにゃむにゃさん、コメントありがとうございます。
 
> でも、日食メガネを被せると暗すぎて赤いAFアシスト照明を発光してしまったり
 
AFアシスト証明は幸いにも事前にOFFに設定していました。
私の太陽より、むにゃむにゃさんの太陽が赤く写っているので、たぶん私の観察グラスの方が透過度が高かったのではないかと思っています。もしかするとそれが幸いしたのかも?
 
これを機に、写真の入門書なんかを買ってみようと思っています。
これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ノーベル賞受賞者小柴先生の公開講座に行ってきた | トップページ | b-mobile Fair 1ヶ月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ