ブログパーツ Twitter

« b-mobile Fairを買った | トップページ | b-mobile Fair 開通(仮) »

2012.05.21

金環日食観察顛末記

新 PC のマウス Microsoft Wireless Mobile Mouse 4000 の電池警告灯がつきました。
つい最近電池入れ替えたように思っていたのに...
何が「約10か月の電池寿命」だ!
(単に1日のうち使っている時間が長すぎるからです、ハイ。)


----------
今日は待ちに待った金環日食の日。


私が子供の頃の書物には「金環食」と書いてあったけど今ではそうは言わないのかな。
それから「日蝕」と表記している例も見かけますが、国立天文台のサイトでは「日食」となっているので、こちらが正しい表記かと。
(月が太陽に「触れる」んじゃなくて、太陽を「食っちゃう」んだからですかね。)


前日から天気が心配だったのですが、朝7時少し前に目覚めると、窓の外が明るい。
外を見てみると、いくらか雲があるものの太陽ははっきり見えます。
(注:太陽を直接見てはいけません。)
 
急いで撮影の準備を始めて、「いざ撮影」という時になって雲に隠れた!
「なんてタイミング悪い」と思いましたが、雲がフィルターになって日食グラスなしでも欠けているのがはっきりわかります。
 
雲を透かして見た日食
(日食前の三日月様状態。コンデジを手持ちで撮りました。設定はオート。)
※ 結局これが今回一番きれいに撮れた写真になった。
 
その後、デジカメのレンズ前に日食グラスを合わせて撮影しようと試みましたが、日食グラス越しだと暗いためシャッター速度が遅くなり、手持ちと相まってブレブレの写真ばかり。
 
日食グラスを通して見たブレブレの日食
(腕を窓枠に固定して撮ったんだけどこの有様。)


考えてみると、素早くピントが合うだけでなく、ぶれずに適切な明るさで見える「人の目」ってすごい。
(目に写った画像がそのまま見えているのではなく、脳でぶれなどを補正しているので適切に見えるのだそうです。)
 
天体写真の経験はほとんどありませんし、カメラのマニュアルも「オート」以外はろくに読んでないのが恨めしい。
(注:マニュアルとリリースノートは事前にきちんと読みましょう。)


そうこうしているうちに金環日食の時刻に。
 
多重のリング状に写った金環日食
(なんかこんなバネのおもちゃありましたよね。)
 
うーん、やっぱりぶれてしまった。
 
ちなみに日食グラス越しの肉眼では、きれいな金環が見えました。


雲がフィルターになった場合ならまだしも、日食グラス越しにデジカメで直接太陽を狙うのは三脚なしでは無理のようなので、間接的に太陽を写す方法を試してみました。
ピンホールカメラの原理を使う方法です。
 
穴の開いたテレフォンカード(テレカ)と白い紙を用意し、テレカの穴を通った光を白い紙で受けます。
テレカと白紙の間隔を広げていくと、白紙に写ったテレカの影の中に太陽の形が現れます。
(よく紹介される「木漏れ日」を観察する方法と原理は同じ。)
 
日食グラスで金環日食を観察する福ちゃん
(金環の時刻は過ぎてしまっているので、三日月様の太陽が写っています。)
 
写真ではすっかりボケているように見えますが、実物を肉眼で見た印象は、この写真よりサイズがもっと小さいながら、はっきりと三日月様がわかります。
 
テレカと白紙の間隔を広げれば広げるほど太陽が大きく写るので、もう少し離して撮ればよかったかな。
この方法は原理的に「くっきり」とはいかないので、大きさを別にすれば、まあこんなもんでしょうか。
(光は波の性質を持つので回折という現象が起きるため。)


すぐ脇では、福ちゃん(我が家のプリモプエル)が日食観察の真っ最中。
 
120521e
(おひさまがおかしいよ! なんでぇ?)


さて、ひと通り撮影も済んだし、写真を PC に転送して...と思った時に、太陽の残像が視界の隅の方に焼き付いているのに気が付きました。
 
しまった! 真正面からは太陽を見なかったものの、カメラの方向調整のためなどで視界の橋で太陽を見てしまっていた。
(注意:だから太陽を直接見てはいけませんって。)
 
TV などでも「日食グラスを使用していても総観察時間が3分以上になると目に異常をきたす恐れ」とか言ってたし...
 
一瞬ドキリとしましたが、しばらくすると残像も消えたようなのでたぶん大丈夫でしょう。


前回の皆既日食の時は一面の雲のために見れませんでした。
※ 当地は部分日食
2009.07.22 日食でショック!?
 
天気予報で「曇」と聞いて2連敗も覚悟したのですが、見れてよかった。
 
部分日食は何度か見たことがあり、今回の金環日食をクリアしたことで、残るは皆既日食ですね。
いつか見られるといいなぁ。
 


なお、来月6月6日には「金星の太陽面通過」という日食の一種が起きるそうです。
(地球と太陽の間に月ではなく金星が並ぶ現象。)
金星の太陽面通過 - 国立天文台
日食グラスはまだまだ役に立つようです。


結論:本でも買って写真の撮り方についてちょっと勉強しようかな

« b-mobile Fairを買った | トップページ | b-mobile Fair 開通(仮) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« b-mobile Fairを買った | トップページ | b-mobile Fair 開通(仮) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ