ブログパーツ Twitter

« 金環日食観察顛末記 | トップページ | プリモプエル、まんぷくになる »

2012.05.25

b-mobile Fair 開通(仮)

ロンドン五輪が近づき、液晶 TV やレコーダーの売れ筋に変化が出てきたというニュースを見ました。
値段が上がる前に、私もそろそろ新しいのを買ったほうがいいのかも。
それとも五輪後まで今のやつ(ブラウン管TV&アナログレコーダー)をもたせるか。


----------
先日の記事に書いたように、日本通信の b-mobile Fair を買ったわけですが、従来の U300 SIM の課金の最終日である今日、開通させました。


正確には「仮開通」です。
開通手続きを携帯・PHS から行った場合は5分ほどで開通するのですが、私はそのどちらも持っていません。
(開通手続きは090,080,070の番号からのみ可。モバイルIPフォンの050番号からは不可。)
なので固定電話からヘルプデスクに掛けて手続きしたのですが、その場合は正式開通まで10日ほどかかるのです。
なお、仮とはいえ、できないことがあるわけではありません。

 
IDEOS から従来の U300 SIM を取り出し、Fair に入れ替えます。
 
FairとU300比較
(Fair と U300 の SIM の裏表。いづれも左が Fair。)
 
U300 SIM には「FOMA」のロゴがあるのに、Fair にはないんだなぁ...なんて思いながら、さくっと入れ替え完了。
(U300 を取り出す時に中途半端な位置で止まってしまい、ちょっと手間取ったくらい。)
 
IDEOS の電源を投入します。
 
Fair換装後の起動後の表示
(Fair を入れて起動したら無事「NTT DOCOMO」と出た。しかし左上に「!」の表示が。)
 
お!、ちゃんと「NTT DOCOMO」って表示されてる...と喜んだのもつかの間、左上の黒三角に「!」の表示は何だ?
 
通知内容を見てみると、「ログインエラー」と書いてあります。
そうだった、確か APN の設定が必要だったんだ。
(Fair では U300 のときと一部の設定内容が異なるのです。)

ログインエラーの原因は別にあることが後でわかります。

 
メニューキーをタップして「設定」を選択。
「無線とネットワーク」-「モバイルネットワーク」-「アクセスポイント名」と順にタップ。
APN の画面が表示されたら、メニューキーをタップして「新しいAPN」を選択。
「アクセスポイントの編集」画面で以下の項目を入力します。
 
・名前: (適当な名前) ※私は「bmobile Fair」としました。
・APN: dm.jplat.net
・ユーザー名: bmobile@fr
・パスワード: bmobile
・認証タイプ: PAPまたはCHAP
・PDP type: IP ※IDEOS には設定項目なし

APNの設定項目一覧画面
(APN の設定画面。Fair 用の設定を新規で登録。)
 
必要な項目の入力が終わったら、メニューキーをタップして「保存」を選択。
APN の画面に今入力した項目の名前が追加されているはずです。
 
登録済APNの選択画面
(従来の U300 用の設定と Fair 用の設定があるので、Fair 用の設定を有効にする。)
 
オプションボタンで Fair 用の設定の方を有効にしたら設定完了です。


では早速、試しに Google Play でも開いてみるか...
 
Googleログインダイアログ
(Google のパスワードを要求された。)
 
なんと、Google のパスワードを要求されました。
SIM を入れ替えた場合はパスワードも再設定する必要があるみたいです。
そういえば、最初の「ログインエラー」の通知内容に Gmail アドレスが表示されていたし、原因は APN 設定がされていない事じゃなくこれだったんだ、と理解。
 
パスワードを設定し直すと、Google Play の画面もちゃんと表示されました。
こんどこそ設定完了。


さて、U300 よりずっと速くなったはずの Fair の実力を試してみましょう。
 
ブラウザを開いて、適当なページを表示するまでの時間を見てみます。
 
ブラウザで読み込み中
(3G でブラウザの読み込みを見てみる。)
※赤で囲った部分、Wifi でなく 3G で接続していることがわかりますよね。
 
ページ読み込み時の「黄色いバー」が伸びていくのを観察するという、感覚に頼った方法ですが、明らかに U300 の時よりもバーの伸びる速さが速い!
Wifi には多少及ばないものの、それに匹敵するくらいの速さでバーが伸びていきます。
 
嬉しがって色々試していたら、既に16MB も使っている模様。
(ATOK のアップデートを 3G でやったのが大きかった。)
大慌てで Wifi を有効にし直しました。


私は普段は WIMAX のモバイルルーターと IDEOS とを Wifi で繋いで使っているので、3G を使う場面はめったにありません。
でもその「めったにない」場面でも Fair であれば、例えばモバイル IP フォンでもスムーズに会話できることが期待できます。
WIMAX が使えない場合の保険の役割を十分果たしてくれるでしょう。
(モバイル IP フォンのテストはまだやっていません。)
 
そしてもちろん先日の記事でも触れた「料金の安さ」。
Fair なら1ヶ月2,000円ちょっとで運用できます。
もっと安いサービス(例えばイオン SIM のプランA)もありますが、U300 でモバイル IP フォンがなんとか使える速度ですから、それより遅いのはちょっと...ね。


さあて、思惑通り 1GB 使い切ることなく4ヶ月もつのか?


結論:安い(通信料が)、軽い(本体重量が)、使いやすい(UIが)の三拍子そろったサービス希望


・5月31日 追記
2日ほど前に日本通信から「開通コード」が郵送されてきました。
E-メールか電話でヘルプデスクに開通コードを連絡すれば(仮)が取れて正式開通になります。
E-メールで連絡後、4時間ほどして「開通手続きが完了致しましたのでご連絡差し上げます。」というメールが届いて無事開通。
うれしいなと思っていたら、なにやらさらにお得(1,980円/月)なプランが...
日本通信、Amazon.co.jp®限定で高速定額データ通信サービスの提供を開始 - b-mobile

« 金環日食観察顛末記 | トップページ | プリモプエル、まんぷくになる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金環日食観察顛末記 | トップページ | プリモプエル、まんぷくになる »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ