ブログパーツ Twitter

« ツタンカーメン展(大阪)に行った | トップページ | 大阪歴史博物館へ行ってきた »

2012.04.28

Ubuntu 12.04LTS Precise Pangolin が来た

GWまっただ中の5月3日(木祝)〜5日(土祝)まで、大阪工業大学の大宮キャンパスで「RoboCup JAPAN OPEN 2012 OSAKA」というイベントが開かれるようです。
(ロボカップジャパンオープンのサイトはこちら。)
天気と相談してどれかの日に一回見に行って見たいなぁ。


----------
先日の26日(木)の21時少し前(※日本時間)、Ubuntu の最新版である 12.04LTS Precise Pangolin(プリサイス・パンゴリン)が公開されました。
 
Ubuntu 12.04 画面
(Virtualboxにインストールしました。日付表示のあたりをカスタマイズしている以外はそのままです。)
※クリックすると拡大します(1366✕699)。
 
Precise とは「正確な」「精密な」などという意味で、Pangolin は「センザンコウ」のことらしいです。
 
LTS とは Long Term Support の略で、修正プログラム等が5年間提供されるバージョンになります。
(従来は Desktop 版が3年間、Server 版が5年間でしたが、今バージョンから5年に統一されました。)
 
なお、P のコードネームがなぜメジャーなパンダとかペンギンじゃなくパンゴリンなのかということについては、パソコン業界に詳しい人にとっては大変面白い話があるのですが、長くなるのでここでは省略させて頂きます。
(Ubuntu に興味がある人は大概知ってますね。あの「りんご」に喧嘩を売っているという...)
 
ちなみに次のバージョン(12.10)である Q のコードネームもおなじころ発表されていて、「Quantal Quetzal(クアンタル ケツァール)」だそうです。
Quantal とは「量子の」、Quetzal は火の鳥のモデルとも言われる南米に住む「ケツァール」。
 
なお、Ubuntu Japanese Team 提供の「Japanese Remix」については、早ければ28日(土)中、遅くとも3日(木祝)にはリリースされるそうです。
※平日の1日(火),2日(水)にはリリースはしないそうです。


で、そのセンザンコウ君の新機能とは...と書こうと思ったのですが、やっぱりこっち見てもらうのが早いかと。
 
~師範、Ubuntu 12.04の特徴を教えてください!~ - 行っとけ! Ubuntu道場!
 
さて私はいつものリリースの場合なら、リリースから1ヶ月から1ヶ月半ぐらい経ってから現在の環境をアップグレードする形で新バージョンを導入してきました。
これはそのころになると、リリース直後に導入して何らかの不具合に遭遇した方々が、それらへの対応方法を見つけ出して web に公開されるであろう...なので同じ不具合に遭遇してもそれらを見れば対応が簡単!
とまあ、そういう理由です。
(これは一般の方々にはお勧めな方法です。※私も一般人なので。)
 
でも今回はちょっと考えるところあって、公開初日にダウンロードして新規インストールしました。
なにか問題があってもこれまでの 11.10 の環境が残っているので安心して(?)問題にぶち当たれます。
 
で、早速問題にぶち当たっています。
なぜか音が出ません。
 
Ubuntu 道場の第44回「~師範、PCから音が出ません!~」を参考に「alsamixer」コマンドをたたいて、あるデバイスがミュートになっていることはわかったのですが、解除しようとしても勝手にミュート状態に戻ってしまい直りません。
 
実は最初にインストールしようとした時にはなぜか途中で止まってしまい、2回目は成功したと思ったのですがなぜかログインユーザが管理者ではなく一般ユーザになってしまい、3回目が現在の状態です。
なのでもう1度インストールをやり直せば直るんじゃないかと期待しているのですが、それは Japanese Remix が公開されてからにしようと思い、現在に至っています。
 
そんでもって、その音の出ない 12.04LTS で、この記事を書いています。
 
新機能とかはまだ試していません。そのへんはおいおいと。


結論:フリー(自由)な OS を提供してくれる人たちに感謝


・4月30日 追記
Ubuntu 10.04LTS からのアップグレードに関して「7月まで待つように」という依頼がリリースノートに追加されています。
(リリースノートの日本語訳はこちら。で、問題の箇所はこちら。)


・5月3日 23:16 追記
日本語 Remix CD が予定通りリリースされているのを確認しました。
Ubuntu 12.04 LTS Desktop 日本語 Remix CD リリース
日本語 Remix に限らず、インストール前には必ずリリースノートを読むようにしましょう。


・5月4日 追記
音が出ない件、どうやら 11.10 までと 12.04 で使われる Kernel driver が違っているよう。
11:10: HDA Intel
12.04: snd_hda_intel
(私の環境での値です。環境によっては他の値になることも十分に考えられます。)
これが原因かはまだわかりませんが、もしかするとこれをどうにかできると音が出るようになる!かも?


・5月7日 追記
音が出るようになりました。
詳しい経緯は別記事にして7日中にもUPします公開しました。記事はこちら
とりあえず報告として。


・9月7日 追記
数日前に 12.04.1 LTS がリリースされ、10.04 LTS からのアップグレードに OK が出たようです。

« ツタンカーメン展(大阪)に行った | トップページ | 大阪歴史博物館へ行ってきた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ツタンカーメン展(大阪)に行った | トップページ | 大阪歴史博物館へ行ってきた »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ