ブログパーツ Twitter

« さくらを満喫 | トップページ | FMV LIFEBOOK SH76/GN SSD換装の巻 »

2012.04.10

FMV LIFEBOOK SH76/GN メモリ増設の巻

3月6日に受けた手術の経過検査に行ってきました。
経過は順調ということで一安心。


----------
先日の記事に書いたように、我が家に新 PC、FUJITSU FMV LIFEBOOK SH76/GN がやってきました。
※型番について:店頭モデルが SH76/G、カスタムメイドモデルが SH76/GN です。
 
と同時にカスタマイズ用として増設メモリと SSD を購入していたわけですが、今回の記事はそのうちの「増設メモリ」の取り付けについてです。
(「SSD 換装の巻」は近日公開予定。)
※「拡張メモリ」という言い方もありますが、本記事では「増設メモリ」と表記しています。
 
手順については取扱説明書の89〜92ページも参照して下さい。
 
・用意するもの
SH76/GN 本体
増設メモリ ※「PC3-10600(DDR3-1333) S.O.DIMM」と表記されているもの
小型のプラスドライバー (ドライバーサイズ:1番)
 
・増設メモリの取り扱い方
増設メモリを持つ前に、何か金属に手を触れるなどして、体に溜まっているかもしれない静電気を逃しておきます。
(プラスチックに光沢メッキなどではなく、ちゃんとした金属がよい。)
増設メモリの金色の端子や配線、素子に触れないようにしてください。
基盤の短い方の辺の両側面をはさむように持つといいでしょう。


1.SH76/GN の電源を切り、全てのコネクタ類を抜いておきます(ACアダプタも)


2.SH76/GN を裏返します
 
SH76/GN 裏側
(赤枠が、メモリスロットのある場所。黄枠がバッテリー部です。)


3.バッテリーを取り外します
 
バッテリーの取り外し方
(①を前方にスライド、②を左にスライド、③の部分を持ち上げるとバッテリーが外れます。)


4.メモリスロットのふたを外します
 
メモリスロット部 アップ
(緑枠が既に付いている 4GB メモリ、赤枠が増設メモリを挿す空きコネクタです。)
 
今回は 4GB×1 モデルを購入したので、既に付いているメモリを取り外す必要はありませんでしたが、2GB×1 モデルを購入して 4GB の増設メモリ2枚を装着したい場合などは、既に付いているメモリを取り外す必要があります。
 
メモリを両側から挟んでいるツメを左右に開くようにすると、メモリ本体が少し浮き上がったようになるので、斜め上方向に引き上げるようにするとコネクタからメモリが抜けます。
メモリが2枚装着されている状態から2枚とも取り外したい場合は、上段のメモリを取り外した後、下段のメモリを取り外して下さい。


5.増設メモリを空きコネクタに装着する
 
増設メモリを空きコネクタに挿す
(メモリには挿す向きがあります。赤丸の出っ張りとメモリの端子部の切り欠きを合わせるようにします。)
 
いよいよメインイベントです。
 
写真でいうと、コネクタに向かって左側から、ななめに傾けて挿し込みます。
(コネクタ側が下、反対側が上になるようにななめにする。)
写真の状態ではまだ完全に差し込まれていません。
さらにグッと押し込んで、金色の端子部がほとんどコネクタ内に隠れる状態にします。
 
ななめに傾けて差し込んだのですから、コネクタの反対側が持ち上がった状態になっています。
配線や素子を触らないように注意しながら、持ち上がっているメモリ本体を水平にするイメージで下に押し下げます。
壊れるんじゃないかと不安になりますが、思い切って押し下げて下さい。
貼ってあるラベルや緑の基盤自体に触れるのは問題ありません。
 
パチンと音がして、メモリを両側からはさんでいるツメが、きちんとはまっていれば完了です。
 
今回装着は1枚だけでしたが、2枚装着する場合は、まず下段のコネクタに装着後、上段のコネクタに装着します。
メモリを全て取り外した状態から1枚だけ装着する場合は、上段でも下段でもどちらに装着しても大丈夫です。
(将来さらに1枚増設する可能性を考えると、下段に装着するのがいいでしょう。)


6.装着完了
 
装着した状態
(写真の上側のツメが十分はまっていないようにも見えますが大丈夫です。)
 
メモリが装着された状態です。
メモリスロットのふたを取り付けて下さい。


7.バッテリーを装着する


8.正しく装着されたかを確認する
 
BIOS画面のメモリ量表示
(Windows インストール前なので、BIOS 画面で確認しました。)
※1GB=1024MB
 
SH76/GN の BIOS 画面の出し方は、以下のとおりです。
(1) 電源 OFF の状態で「F2」キーを押したままにしておく。
(2) 電源を入れる。
(3) 富士通のロゴが表示された後、「ピッ」と音がしたら「F2」キーをはなす。
 
「電源を入れても何も表示されない」とか、「黒画面に白文字でなんかエラーメッセージらしきものが表示される」といった場合は、メモリの取り付けに失敗している可能性があります。
電源を OFF にして、再度メモリを取り付け直してみて下さい。
 
「BIOS 画面は表示されるが「メモリスロット2」のところが(none)になる」ような場合もメモリが正しく取り付けられていません。
※メモリ取り付けに失敗している場合の表示内容は上記と異なる可能性があります(確認していません)。


BIOS 画面を終了すると、引き続き Windows のインストールになります。
(Windows のインストール過程については書きません。)
Windows のインストール後、SSD への換装をおこないました。
それについてはまた後日。


結論:8GB メモリの威力を実感中


・4.16 追記
SSD 換装の記事も UP しています。
4.12 FMV LIFEBOOK SH76/GN SSD換装の巻

« さくらを満喫 | トップページ | FMV LIFEBOOK SH76/GN SSD換装の巻 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さくらを満喫 | トップページ | FMV LIFEBOOK SH76/GN SSD換装の巻 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ