ブログパーツ Twitter

« FMV LIFEBOOK SH76/GN メモリ増設の巻 | トップページ | アサヒビール大山崎山荘美術館へ行く »

2012.04.12

FMV LIFEBOOK SH76/GN SSD換装の巻

先日の桜の記事の3枚目の写真の桜ですが、昨日横を通ってみると満開になっていました。
ただ残念なことに昨日の強い雨で、一部の花びらが道路に散っていました。
明日、明後日と雨らしいので、一気に散ってしまうかも。


----------
先日の「メモリ増設の巻」に続いて、HDD から SSD へ換装の巻です。
 
では SH76/GN SSD 換装方法の記事を...と思いましたが、もう既に換装についてのわかりやすい記事が公開されていました。
 
LIFEBOOK SH(SH76/GN)のSSD換装 - the 比較
 
私はこの記事を参考にして換装しました。
 
なのでこれ以降を読まなくても、上記記事の内容だけで換装作業はできます。
(以降、上記記事を「例記事」と記述します。)
 
違っているところは3点のみ(いずれも本質的な違いではありません)。
・例記事で使用している SSD は Intel の 180GB モデルだが、私は Intel の 240GB モデルを使用した。
・例記事では SSD を PC に外付け接続するのに SATA-USB 変換ケーブルを使用しているが、私は 2.5Inch HDD ケースを使用した。
・ハードディスクのパーティション分けのサイズが異なる。
 
以下、例記事の区分に従って書いていきます。
(例記事も見比べながら読んで下さい。)


・ステップ1:SSDをPCへ外付け接続する
 
換装のためには PC のハードディスクの内容を全て SSD にコピーする必要があります。
そのためにまず、SSD を外付けドライブとして PC に接続します。
接続するためには例記事のように SATA-USB 変換ケーブルを使ってもいいのですが、私は換装後に取り出した HDD をポータブルドライブのように使いたかったので、HDD ケースを購入しました。
 
Logitec USB 2.0ポータブルハードディスクケース LHR-PBGU2 です。
(Logitec のこの製品のページはこちら。)
 
LHR-PBGU2
(Amazon マーケットプレイスの Joshin web にて購入。790円でした。)
 
ケースのほかに Y字型 USB ケーブルなども付いています。
 
コネクタの向きに注意してケースに SSD をはめ込みます。
後はケースと PC を付属の USB ケーブルで接続するだけです。


・ステップ2:ディスクの内容をコピーする
 
例記事では、PC のハードディスクの内容を SSD にコピーするためのソフトを4種類紹介しています。
私はそのうちの1番目、Intel Data Migration Software を使用しました(無料です)。
※Intel Data Migration Software は Intel SSD にのみ使用可
 
以下に Intel Data Migration Software の使用方法がわかりやすく説明されています。
(ダウンロードもできます。)
 
新規導入時のデータ移行ツール - Intel
 
ただし4ページ目で「Start Now」(日本語版では「開始」)ボタンを押した後の手順が異なります。
例記事の手順の方を使用しないと、SSD から直接リカバリができなくなってしまうので注意して下さい。
(リカバリディスクからのリカバリは可。)
 
注意点としては、例記事の記述では C ドライブだけを手作業でサイズ指定するように読めますが、C ドライブの前にある2つのパーティション(20GB と 200MB)についても、手作業でサイズ変更しないように指定しておいて下さい。
(サイズを指定しないとソフト側が適当と判断したサイズに変換されてしまう。)
 
そして全てのパーティションサイズの合計が SSD の容量を超えないように注意します。
 
私は C ドライブのサイズを 100GB から 60GB に縮小するように指定しました。
(Windows インストール時にパーティションサイズを指定できるので、C ドライブのサイズを最小の 100GB にしてあった。)
また、D ドライブは Windows の「ディスクの管理」を使用して事前に削除しておきました。
 
コピーを実行するとすぐに再起動を指示されます。
実際のコピーは再起動時に DOS モードで行われます。
 
コピー完了後のハードディスクと SSD の構成は以下のようになっていました。
 
ディスクの管理画面
(「ディスク0」がハードディスク、「ディスク1」が SSD の構成です。)
※クリックすると拡大します(1366×728)。
 
C ドライブの前にある2つのパーティションのサイズが、ハードディスクと SSD で同一になっていることがわかると思います。


・ステップ3:SSDを交換
 
データのコピーが終わったら、PC の HDD を取り外し、代わりに SSD を装着します。
 
SH76/GN を裏返します。
 
SH76/GN 裏側
(赤枠が HDD が搭載されている部分です。)
 
バッテリーを取り外し、HDD スロットのふたを外します。
HDD が現れました。
 
HDD スロット部 アップ
(HDD スロット部のアップ。赤枠の隙間にードライバを差し込んで HDD を持ち上げると容易に取り出せます。)
 
HDD が接続されていたコネクタに SSD を接続します。
HDD スロットのふたを閉め、バッテリーを元通り装着して下さい。
電源を入れて Windows が立ち上がってくれば、換装成功です。


さて、換装前後で Windows エクスペリエンス インデックスはどう変化したでしょうか。
 
換装前
換装前のスコア
(HDD のスコア(5.9)が最も低いため、それが全体のスコアになっています。)
 
換装後
換装後のスコア
(ドライブのスコアが MAX の 7.9 になったことで、全体のスコアも 6.3 に上がっています。)


結論:キビキビと動く PC は快適そのもの!

« FMV LIFEBOOK SH76/GN メモリ増設の巻 | トップページ | アサヒビール大山崎山荘美術館へ行く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FMV LIFEBOOK SH76/GN メモリ増設の巻 | トップページ | アサヒビール大山崎山荘美術館へ行く »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ