ブログパーツ Twitter

« そうなの!「全然いい」は昔からある言い方 | トップページ | プリモプエル、おなかいっぱいになる »

2011.12.15

Twitterはじめました

昨日(14日)はプライベートでちょっとばかり大変なことがありましたが、現在のところ一応落ち着いています。
(おそらく大したことにはならないものと。)


----------
周りの幾人かに「やれ!やれ!」と言われ続けていたTwitterをついに始めてしまいました。
(アドレスは「http://twitter.com/#!/_Kanachan」です。)
 
なんかTwitterって、日常のどうでもいいことを「○○なう」と書くものみたいなイメージがあって、勧められても全くやる気がおきなかったのですが、心変わりしました。
 
普段の生活の中で、「あっこれblogで取り上げたいな」と思うことがあっても、忘れてしまったり、記事を書く時間が取れなかったり(かなりの遅筆です)で、結局なにも書けないということが結構あるのですよね。
でもTwitterなら、そんな出来事についても一言言及できるのではと思ったのです。
 
それともうひとつは、すこしいやらしいですけれど、Twitterを通じてならもっと多くの人にこのblogを知ってもらえるんじゃないかと思ったからです。
(要するに「集客」かよ!)
 
実は先日、OKWave系のQ&Aサイトを見ていて、Ubuntu関係の回答の中にこのblogの記事へのリンクを貼ってくださっているものを見つけたのです。
 
「うれしい」というよりも、ちょっとばかり感動してしまいました。
自分の書いている記事がいくらでもか他の人の役に立っているという実感、でしょうか。
 
普段、記事ごとのアクセス数とかはわかっても、検索ロボットとかかもしれないですし。
また実際に人間のアクセスだったとしても、対象の記事が本当にその方の問題解決に役立ったのかどうか...
 
それがその回答を見て、少しばかり勇気をもらった気分です。
ならばもう少し、このblogをアピールして行ってもいいんじゃないかと。
 
というようなわけで、今日からTwitterデビューです。
「○○なう」のようなTweetはあまりしないと思いますが、このblogともどもよろしくお願いします。


結論:短縮URLのしかたを調べなきゃ

« そうなの!「全然いい」は昔からある言い方 | トップページ | プリモプエル、おなかいっぱいになる »

コメント

こんにちは。
Twitterの世界へようこそ。
ブログともmixi、Facebookとも異なる使い勝手と世界観を持ったツールなので、じっくり楽しんだり活用したりなさってくださいな。
ところで短縮URLですが、いまはURLを前後に半角スペースを入れてそのまま張りつければTwitter側で強制的にt.coドメインで短縮します。
短縮URLサービスはさまざまありますが、どこのものを使ってもt.coに置き換えられるようになりました。
個人的にはt.coより短いサービスを多用していたため、困ったことが多いのですが、どうにもしようがないので…。
さらに困るのが、同じドメインにされてしまうことで、信頼できるサイトか否か判断できないんです。これはアカウントが信用できるかどうかからみるしかないですね。
公式サイトは近々大幅なデザイン変更もなされます。ひんぱんに仕様が変わっています。
せっかくですし、ゆとりができましたならFacebookにもお越しくださいね。実名利用に抵抗ある方も多いですが、だからこそ責任を持って発言することになり、かえって自分は性に合ってるなととらえています。

じょーでんさん、コメントありがとうございます。
 
> ところで短縮URLですが、いまはURLを前後に半角スペースを入れてそのまま張りつければTwitter側で強制的にt.coドメインで短縮します。
 
や、そうなんですか!今度やってみよう。
 
> さらに困るのが、同じドメインにされてしまうことで、信頼できるサイトか否か判断できないんです。これはアカウントが信用できるかどうかからみるしかないですね。
 
これについては、ブラウザ側でかなんかで元のアドレスを表示してくれる機能があるとか聞いたんですけど(未確認)。
 
> せっかくですし、ゆとりができましたならFacebookにもお越しくださいね。
 
そうですね。前向きに検討します。
ただその場合、このblogやTwitterとリンクさせてしまうと、「バレて」しまうので、そのへんを考えないと(笑)。

お返事くださり、こちらこそありがとうございます。

短縮URLですが、表示は張りつけた際の形式でされますけど、Twitter側でt.coドメインへすべて変換しているので、長短かかわらず「20文字」でカウントされるようになりました。
書き込みの転送機能「リツイート(RT)」で、Twitter側の標準仕様である「公式RT」なら、書き込み全文がそのまま転送されるんですが、一部を引用するなどの「非公式RT」だと、短縮URLの文字数が引っかかる場合もあります。
非公式RTの中でも機械的に行っている「bot」がやっかいもので、文章の途中であろうがかまわず端折られてしまうことが多いんです。
URLを張りつけられる際は、そのあたりもご注意くださいね。

短縮URLの元URLを表示する機能は、アプリケーション、クライアント側で対応しているものがありますね。
有名なところだとウェブ・クライアントのHootSuiteはマウス・オーバーで元URLを表示してくれます。

Facebookは先日までRSSの取り込みに対応していたんですが、いつの間にか廃止されました。
わたしもTwitterのログ取得をしてくれるサービスTwilogのRSSを読み込ませていたんですけれども、気がついたら表示されなくなっていたので調べたところ、取り込み機能は廃止したと記載があったんです。

わたしの場合Twitter、Facebook、Google+、mixiはそれぞれ別個に動かしていて、連携機能は使っていません。
おのおの違う名前のアカウントで目的も変えて運用していること、自動で連携させていることを忘れて、出したくないところにうっかり掲載してしまうのを避けるためです。
手動運用は手間がかかりますけど「うっかり」を防ぐ最大限有効な方法と思いますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そうなの!「全然いい」は昔からある言い方 | トップページ | プリモプエル、おなかいっぱいになる »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ