ブログパーツ Twitter

« Ubuntu 11.10 Unity を 11.04 と比較する | トップページ | 大阪W選 維新の会完勝は何を意味する »

2011.11.23

LPICの認定証が来た

近所のスーパーでバイク用の手袋と乾電池(単3)を買いました。
乾電池はTVリモコン用だったのですが、交換しようと開けてみて、実は単4が必要だったと気が付き、凹んでいます。
(事前に開けて見ていたのに...)


----------
先日めでたく合格した「LPIC レベル1」。
今日、認定証が届きました。
 
やってきた封筒
(こんな封筒で来ました。) ※宅配便の場合は封筒とは言わないか。
 
LPIに登録するときに、住所を英語と日本語の両方で登録させられたので、英語の方の住所表記で来るのかなと少しばかり不安に思っていたのですが、ちゃんと日本語の住所表記がされていました。
 
封筒を開けてみると、なんだか書類がたくさん入っていて、「なんだろうか」と思いましたが、大半が広告でちょっと拍子抜け。
(レベル2と3、それとデータベース技術者認定試験(OSS-DB)のパンフレットなど。)
 
こちらがLPIからの認定のあいさつ文(おそらく)と、認定カードです。
 
認定のあいさつ文(?)と認定カード
(右下にあるのが「認定カード」です。あいさつ文の方はそのうち頑張って読みます。)
 
そしてこちらが認定証です。
 

(「LPIC認定証」です。ちょっとばかり硬い紙が使われています。)
 
周囲に「あとで『採点間違いで不合格でした』なんて言われるのでは」とからかわれていたのですが、もうこれで間違いはないでしょう。
 
でも合格時の記事に書いたように、「合格したとはいえLinuxの実力があるとはいえない」と思うので、これに満足することなく学び続けないといけないと思っています。
(といってもレベル2にチャレンジするかどうかは、今はまだ未定ですが。)
 
それにしても「全世界で共通なので、海外でも通用」するというこの認定証とカード。
カードの方はともかく、認定証をどうやって保管しておくべきか...


結論:次なる標的はHTML5? ※今日Amazonで書籍を注文しました

« Ubuntu 11.10 Unity を 11.04 と比較する | トップページ | 大阪W選 維新の会完勝は何を意味する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Ubuntu 11.10 Unity を 11.04 と比較する | トップページ | 大阪W選 維新の会完勝は何を意味する »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ