ブログパーツ Twitter

« C言語とUNIXの父 死去 | トップページ | 「バラ」と「ラバー」は好相性? »

2011.10.23

万博記念公園にコスモスを見に行く

大阪の万博記念公園で、10/8(土)〜11/3(木祝)の期間で「万博公園コスモスフェスタ」が開催されています。
 
ということで、今日行ってきました。
 

のですが、今日はしんどいので、とりあえず写真(と少々のコメント)だけUPします。
その他は「そのうち」書き加えていきます。

 
万博記念公園に来るのは、エキスポランドが無くなってからは初めてです。
 
大阪モノレールを万博記念公園駅で下車し、中国自動車道をまたぐ中央橋を渡ると、万博記念公園の中央口はすぐそこです。
 
当初の予定では、中央口を入ってすぐにある太陽の塔のそばで弁当を食べるつもりだったのですが、中央口の手前にベンチがあった&ちょっと小雨が降ってきたということで、そのベンチで弁当を食べつつ天気の様子をうかがいます。
 
幸いにも弁当を食べ終わる前に小雨はやんだので、安心して公園内に入場します。
 
太陽の塔 全景
(太陽の塔です。高さ70m(※Wikipediaより)だそうで、鉄人28号(18m)の4倍弱!)
 
大阪万博といえばやはり「太陽の塔」でしょう。
聞くところによると、現在太陽の塔の耐震工事が計画されているんだそうで、その工事が完了すると太陽の塔の「内部」が見られるようになるんだとか。
着工は来年度とか。楽しみですね。
 
太陽の塔と人
(下の方に写っている人の大きさと比べると、太陽の塔の大きさがわかりますよね。)
 
う〜ん。もう何度も見ているはずなのに、改めて「こんなに大きなものだったのか!」とびっくりしてしまいました。
太陽の塔の周りはぐるっと回れるようになっているので、裏側へまわってみます。
 
黒い太陽
(太陽の塔の裏側の「黒い太陽」です。)
 
ところで、太陽の塔の手前に、「太陽」を名に持つもうひとつのモニュメントが期間限定で立っています。
 
Sun Childと太陽の塔
(ヤノベケンジさん制作の「Sun Child」です。高さ6.2mだそうです。展示は23日まで。)
 
放射能防護服を脱いでいる姿とすることで、「防護服が不要な世の中」を表しているんだそうです。
 
さて、今日の目的地である「万博公園コスモスフェスタ」の会場である「花の丘」ですが、中央口を入って左側に進んでいったところにあります。
太陽の塔のある「太陽の広場」から橋を渡ったところにある梅林のそばに自然文化園の地図があったので、場所を確認してみます。
 
自然文化園地図
(下の黄色の○が「太陽の塔」、上の○が目的地の「花の丘」です。)
※クリックすると拡大します。
 
う〜ん、なんか見たところ、だいたい片道800mから1kmぐらい歩かなきゃいけなさそう...
膝にこなきゃいいんだけれど。
 
さて、地図の場所から左手に進み、「上津道」という名前の道を進んでいきます。
道はそれほど広くなく、いくらかアップダウンがあります。
 
少しばかり進むと、道の左手側の地面に、なにやらプレートのようなものが。
 
フランス館跡
(フランス館の跡地。)
 
ドイツ館跡
(ドイツ館の跡地。)
 
広めの道を横断して、上津道をさらに進んでいくと、こんどはパビリオン跡地の標章が道の右手側に現れます。
 
オーストラリア館跡
(オーストラリア館の跡地。)
 
アメリカ館跡
(アメリカ館の跡地。)
 
なんか跡地のプレートを見ただけで、そのパビリオンを見たような気分になってしまいました。
(万博当時のパビリオンで残っているのは「鉄鋼館」だけ。中央口から右手の「EXPO'70パビリオン」というコーナーにあり。)
 
「渡りの沼」という小さな池を越えていくと、左側に分かれ道のある場所に出ます。
そこにある地図を見たところ、目的地の「花の丘」に行くには、左側の分かれ道を行くほうが近いと判断。
(実際には大して変わらなかったかも。)
「生産の森」「観察の森」と名付けられたエリアの方へ進みました。
 
田んぼがあってカカシが何体か立っていたり、風車があったり(実際に回るのか?)、何か果樹のようなものが植わっていたりする小道を抜けていくと、その先にきれいな「ピンク」色が!
 
コスモス畑 その1
(コスモス畑が見えてきました。)
 
やっと到着です。
 
コスモス畑 その2
(こんなにたくさんのコスモスは見たことがありません。)
 
「見渡す限り一面のコスモス」を想像していましたが、ちょっと違っていて、ある程度の広さのコスモス畑が何箇所かに分かれてあるといったような感じでした。
※「自然文化園 花の丘 コスモス植栽マップ」が万博公園のコスモスのページにあります。
 
コスモス畑 その3
(このあたりの品種は「センセーション」と「秋咲き大輪」というものらしいです。)
 
黄色のコスモス
(黄色のコスモスは「イエローキャンバス」という品種だそうです。)
 
オレンジ色のコスモス
(オレンジ色のコスモスは「マンダリン」でしょうか。)
 
コスモス畑 その4
(このあたりはピンク・赤・白の品種が混じって植えられています。)
 
ヒマワリの群生
(ヒマワリも咲いていました。)
 
大変綺麗でよかったです。
ただし、帰路は足ががくがくになりましたけどね。
(結局歩数は8980歩にも達しました。普段の目標の4000歩の2倍とは!)


結論:エキスポランド跡地にテーマパークを誘致しなくても、これで十分な気が(子供には物足りないか...)

« C言語とUNIXの父 死去 | トップページ | 「バラ」と「ラバー」は好相性? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« C言語とUNIXの父 死去 | トップページ | 「バラ」と「ラバー」は好相性? »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ