ブログパーツ Twitter

« プリモプエル、ライバル(?)があらわれる | トップページ | 万博記念公園にコスモスを見に行く »

2011.10.14

C言語とUNIXの父 死去

厚労省の健康日本21によると、15才以上男性の歩数の1日平均は7243歩だそうです。
4000歩台後半の歩数を歩いただけで膝を痛めてしまう私は、まったくもってダメダメなんですね。
しかも今日は1日中雨で、歩数計は「0」歩...


----------
先日のスティーブ・ジョブズ氏死去のニュースに引き続いて、またもやコンピュータ界の超大物死去のニュースが飛び込んできました。
 
C 言語と UNIX システムを生んだ Dennis Ritchie 氏が死去 - Japan.internet.com
 
> 米 Bell Labs は2011年10月13日、Dennis Ritchie 氏が、先週自宅で亡くなったと発表した。70歳だった。死因は公表されていない。
 (中略)
> Ritchie 氏は、C プログラミング言語の開発者であり、UNIX システムの開発者の1人でもあった。

 
デニス・リッチー氏と言えば、上の引用にあるように「C言語の開発者」であり、彼の著作「プログラミング言語C」は、「C言語のバイブル」とまで呼ばれました。
(第2版の日本語訳本は、私も持っています。)
 
その本に掲載された「hello, world」プログラムは、現在でも「新しいプログラミング言語を習得する際に1番最初に作成するプログラム」として、様々なプログラミングの入門書に記載されています。
(Androidプログラミングの入門記事に「hello world」が載っていて、ちょっと驚いた記憶あり。)


タブレットなんかが登場してきて「ポストPC」などという言葉が現れてきたのに合わせるかのように、「PC第1世代」とでも呼ぶべき人たちが亡くなっていくのは、今、時代が動きつつあることの象徴なのかもしれませんね。


結論:時代が動く今、私は何をするべきなんだろうか...

« プリモプエル、ライバル(?)があらわれる | トップページ | 万博記念公園にコスモスを見に行く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プリモプエル、ライバル(?)があらわれる | トップページ | 万博記念公園にコスモスを見に行く »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ