ブログパーツ Twitter

« 長田の鉄人28号を見に行く | トップページ | ついに夢の抗ウイルス薬開発へ! »

2011.08.18

LPICの技術解説セミナーに行ってきた

天竜川の川下りでの事故のニュースを聞いて、2002年に行った保津川下りを思い出しました。
当時の写真を確認してみましたが、救命胴衣は着けていなかったようです。
「事故を起こさないそなえ」も大切ですが、それがあるからといって「事故が起きた場合のそなえ」をおろそかにしてはいけないということですね。
(なんか福島の原発事故にも通じるような...)


----------
LPI-Japanによる、「LPICレベル1技術解説無料セミナー」に行ってきました。
 
「LPIC」というのは、サイトでの説明によると、
 
「LPIC」は、NPO法人/Linux技術者認定機関「LPI」(本部:カナダ)が実施している全世界共通・世界最大規模・最高品質の「Linux技術者認定制度」です。
 
だそうです。
 
私が受講したのは、LPICの中でも最も初級である「LPICレベル1(LPIC-1)」試験についての講習会で、大阪の新梅田シティにある梅田スカイビル(「空中庭園」のあるビル)にて行われました。


まずはJR大阪駅へと向かいます。
 
大阪駅の連絡橋より
(ガラス張りの連絡橋からホームを見下ろしたところ。)
 
講習が「午後1時15分受付開始」ということで、大阪駅で昼食を取ることを考えて、正午よりいくらか早めに着きたかったのですが、出かけるのにバタバタして、ホームに降り立ったのは正午直前。
恐れていたとおり、大阪駅周りの商業施設であるルクア、三越伊勢丹、大丸とも、レストラン街がいっぱいの雰囲気。
(レストラン街のある上階へ向かうエレベータが満員で乗れなかった。)
駅前のヨドバシカメラ梅田店のレストラン街で、なんとか空きを見つけて昼食を取りました。
 
1時前に昼食を終え、ヨドバシを出て、新梅田シティの方に向かいます。
JR線の下をくぐる地下道を抜けると、新梅田シティに到着します。
(所要時間10分弱ほど。)
 
空中庭園を見上げる
(このビルを間近に見るのはたぶん3度目。中に入るのは初めて。)
 
この梅田スカイビルを構成する2つのビルのうち、「タワーウエスト」の22階のE会議室が今回のセミナーの会場になります。
(ちなみに「空中庭園」は39・40階と屋上になります。)


今日のセミナーは、1時30分から2回の休憩をはさんで4時30分まで。
LPICレベル1を構成する「101試験」と「102試験」の範囲から、出題数が多い計8項目について、解説と操作のデモで構成されています。
※解説に使用した資料は、後日LPI-Japanのサイトからダウンロードできるようになる予定です。
 
ちなみに操作デモの環境は、Windows Visa上のVMware Playerで動作させているCentOSでした。
 
解説は、私がUNIXコマンドについての初歩的知識を持っていたこともあって、分かりやすくてよかったです。
(会社員時代の最初の数年間、UNIXミニコン相手にCで開発をやっていた。)
 
それよりも理解の助けになったのが、操作のデモです。
資料に記載された実行例をそのままCentOS上でやって見せるだけなのですが、印刷された実行例を見るのと実際にコマンドが実行される様子を見るのとでは、内容が頭に入っていく程度がはっきりと違うのです。
 
実は私もLPICレベル1受験にそなえて「LPI認定テキスト」のひとつである、翔泳社のLinux教科書 LPICレベル1 第4版を購入して勉強を始めていたのですが、読み始めるととたんに眠気が襲ってくるので、なかなか頭に入らず困っていました。
その教科書に載っている内容と同様のことがらが、実際の操作の様子を見ているだけで、すんなり頭の中に入ってくるように感じられたのは、自分でちょっとびっくりしてしまいました。
 
セミナーを受ける前は「3時間は長いなぁ。疲れるんじゃないかな」と思っていたのですが、面白くてそんなに長いとも感じませんでした。


このセミナーを受けての予想外の収穫は、
 
自宅での勉強でも面倒がらずにコマンド等を実際に動かしてみることの大切さ
 
がわかったこと、でしょうか。
 
早速自宅のUbuntu上に、LPIC試験用の環境を構築せねば!
 
結論:自宅テキストはまだ3分の1も読めていないので、受験の時期はまだ未定
 


・9/2 追記
セミナーの様子とセミナーの資料が公開されていました。
以下のページの最下部の「当日のセミナー資料(1.44Mb)」から資料がダウンロードできます。
『LPICレベル1技術解説無料セミナー』@大阪 8月18日(木)開催結果のご報告
なお、当日のセミナーの様子の写真に、私は写っていません...

« 長田の鉄人28号を見に行く | トップページ | ついに夢の抗ウイルス薬開発へ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長田の鉄人28号を見に行く | トップページ | ついに夢の抗ウイルス薬開発へ! »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ