ブログパーツ Twitter

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011.08.23

ついに夢の抗ウイルス薬開発へ!

LPICレベル1の勉強の助けとして、IDEOSに問題集アプリをダウンロードしました。
リナ男のLPIC問題集(101:Free版)
合格には全体でおよそ65%の正解率が必要らしいですが、今のところ50%台後半くらいです。


----------
「最近タイガースもぱっとしないし、何かおもしろいことないかなぁ」って思っていたら、すごいニュースを見つけました!
 
複数のウイルスに効く新薬開発 - ナショナルジオグラフィック ニュース
 
ビックリするのはその効果。
 
> この治療薬は、風邪やインフルエンザのウイルスから、HIV、肝炎ウイルスなどのより深刻な病原体、さらにはエボラや天然痘などもっと致死率の高いウイルスまで、すべてをカバーする
 (中略)
> 致死量のH1N1ウイルスを注射したマウスは、この薬で100%治癒した。


「風邪に効く薬はない」という話は割と有名だと思います。
風邪の原因は「ウイルス」であって、抗生物質が効く「細菌」と違って、ウイルスに効く薬はこれまでほとんどありませんでした。
それが「ウイルスに効く薬」ができて、しかもそれが「複数の」ウイルスに効くというのだから、にわかには信じられない思いです。
 
記事の内容を読んでみると、抗生物質などを含めたこれまでの病原体に対するアプローチの仕方とは、全く違ったメカニズムを使うみたいですね。
 
ウイルスというのは自分の力だけでは増えることができません。
必ず他の細胞に感染して、その感染した細胞に自分自身を増やしてもらって、そうやって広がっていきます。
今回の新薬はウイルス自体を標的とするわけではなく、「ウイルスに感染した細胞」を標的とし、その細胞に「自殺命令」を出すことによって感染細胞を破壊して、ウイルスが増殖することを阻止するというのです。
 
今回の新薬で面白いのは、キーとなる「ウイルスに感染した細胞を見つける」「感染細胞に自殺命令を出す」点について、
> 体内に自然に存在する防衛メカニズムを使って働く
という所でしょう。
生物の体内に元々あるタンパク質を利用して作られているためか、「副作用は残らない」「毒性を示さない」とも書かれていますし、またこの薬を回避するようなウイルスも「できないだろう」とあり、いやがうえにも期待は高まります。


ただちょっと残念なのが、まだマウスでの実験段階で人間での臨床試験がまだで、
 
> 薬局でこの薬を買えるようになるまでには、少なくとも10年はかかる
 
ということ。
 
動物実験の段階で有望でも、人間で副作用が発見されてダメになる、というのはしばしば聞くところです。
でもでも、大いに期待していいんじゃないでしょうか!
 
結論:人間の頭脳もまだまだ捨てたもんじゃない!よね


・2012.3.8 追記
またまた「ナショナルジオグラフィック ニュース」から、今度はインフルエンザに関して。
インフルウイルス増殖関与の蛋白質特定 - ナショナルジオグラフィック ニュース
特定されたのは感染させられる宿主側の蛋白質なので、インフルエンザが耐性を持ちにくい薬の開発につながるかも。

2011.08.18

LPICの技術解説セミナーに行ってきた

天竜川の川下りでの事故のニュースを聞いて、2002年に行った保津川下りを思い出しました。
当時の写真を確認してみましたが、救命胴衣は着けていなかったようです。
「事故を起こさないそなえ」も大切ですが、それがあるからといって「事故が起きた場合のそなえ」をおろそかにしてはいけないということですね。
(なんか福島の原発事故にも通じるような...)


----------
LPI-Japanによる、「LPICレベル1技術解説無料セミナー」に行ってきました。
 
「LPIC」というのは、サイトでの説明によると、
 
「LPIC」は、NPO法人/Linux技術者認定機関「LPI」(本部:カナダ)が実施している全世界共通・世界最大規模・最高品質の「Linux技術者認定制度」です。
 
だそうです。
 
私が受講したのは、LPICの中でも最も初級である「LPICレベル1(LPIC-1)」試験についての講習会で、大阪の新梅田シティにある梅田スカイビル(「空中庭園」のあるビル)にて行われました。


まずはJR大阪駅へと向かいます。
 
大阪駅の連絡橋より
(ガラス張りの連絡橋からホームを見下ろしたところ。)
 
講習が「午後1時15分受付開始」ということで、大阪駅で昼食を取ることを考えて、正午よりいくらか早めに着きたかったのですが、出かけるのにバタバタして、ホームに降り立ったのは正午直前。
恐れていたとおり、大阪駅周りの商業施設であるルクア、三越伊勢丹、大丸とも、レストラン街がいっぱいの雰囲気。
(レストラン街のある上階へ向かうエレベータが満員で乗れなかった。)
駅前のヨドバシカメラ梅田店のレストラン街で、なんとか空きを見つけて昼食を取りました。
 
1時前に昼食を終え、ヨドバシを出て、新梅田シティの方に向かいます。
JR線の下をくぐる地下道を抜けると、新梅田シティに到着します。
(所要時間10分弱ほど。)
 
空中庭園を見上げる
(このビルを間近に見るのはたぶん3度目。中に入るのは初めて。)
 
この梅田スカイビルを構成する2つのビルのうち、「タワーウエスト」の22階のE会議室が今回のセミナーの会場になります。
(ちなみに「空中庭園」は39・40階と屋上になります。)


今日のセミナーは、1時30分から2回の休憩をはさんで4時30分まで。
LPICレベル1を構成する「101試験」と「102試験」の範囲から、出題数が多い計8項目について、解説と操作のデモで構成されています。
※解説に使用した資料は、後日LPI-Japanのサイトからダウンロードできるようになる予定です。
 
ちなみに操作デモの環境は、Windows Visa上のVMware Playerで動作させているCentOSでした。
 
解説は、私がUNIXコマンドについての初歩的知識を持っていたこともあって、分かりやすくてよかったです。
(会社員時代の最初の数年間、UNIXミニコン相手にCで開発をやっていた。)
 
それよりも理解の助けになったのが、操作のデモです。
資料に記載された実行例をそのままCentOS上でやって見せるだけなのですが、印刷された実行例を見るのと実際にコマンドが実行される様子を見るのとでは、内容が頭に入っていく程度がはっきりと違うのです。
 
実は私もLPICレベル1受験にそなえて「LPI認定テキスト」のひとつである、翔泳社のLinux教科書 LPICレベル1 第4版を購入して勉強を始めていたのですが、読み始めるととたんに眠気が襲ってくるので、なかなか頭に入らず困っていました。
その教科書に載っている内容と同様のことがらが、実際の操作の様子を見ているだけで、すんなり頭の中に入ってくるように感じられたのは、自分でちょっとびっくりしてしまいました。
 
セミナーを受ける前は「3時間は長いなぁ。疲れるんじゃないかな」と思っていたのですが、面白くてそんなに長いとも感じませんでした。


このセミナーを受けての予想外の収穫は、
 
自宅での勉強でも面倒がらずにコマンド等を実際に動かしてみることの大切さ
 
がわかったこと、でしょうか。
 
早速自宅のUbuntu上に、LPIC試験用の環境を構築せねば!
 
結論:自宅テキストはまだ3分の1も読めていないので、受験の時期はまだ未定
 


・9/2 追記
セミナーの様子とセミナーの資料が公開されていました。
以下のページの最下部の「当日のセミナー資料(1.44Mb)」から資料がダウンロードできます。
『LPICレベル1技術解説無料セミナー』@大阪 8月18日(木)開催結果のご報告
なお、当日のセミナーの様子の写真に、私は写っていません...

2011.08.09

長田の鉄人28号を見に行く

残暑御見舞申し上げます。
天気予報が言っていた「今年は平年より暑い年」はどうなっているんやぁ〜と思っていたら、まさか立秋を過ぎてから猛暑がやってくるとは!


----------
先日の記事のはじめに書いたように、先の日曜日(7日)、兵庫県のJR新長田駅前にある、鉄人28号のモニュメントを見に行ってきました。
(KOBE鉄人PROJECTのサイトはこちら。)
鉄人が完成したのが2009年ということですので、2年近くを経て、ようやく本物を目の当たりにするわけです。


JR大阪駅5番ホームから、新快速で三宮まで行き、そこから各駅停車で新長田へ向かいます。
 
大阪駅5番ホームより
(大阪駅です。ホームを見渡せるガラス張りの連絡橋や、大屋根の一部が見えます。)
※大阪駅5番ホームより撮影。
 
当日はダイヤが3分ほど遅れていたようですが、特に問題もなく、30分ほどで新長田駅に到着。
(ちなみにホームからは鉄人は見えません。)
 
駅前広場に出ると、「鉄人は右手の白いビルの裏」という案内板があったので、それに従って鉄人のある「若松公園」へと向かいます。
駅出口から見て前方右手側に大きな歩道橋が見えるので、それを目標に進むと「鉄人ストリート」なる通りに出ます。
そのストリートを進んでいって、先の案内板にあった「白いビル」を過ぎると...
 
鉄人あらわる!
(鉄人登場!がおー!!)
 
おおっ!ついに「本物」とご対面です。
 
鉄人の後ろ姿
(全長18m。でかいです。)
※写真をクリックすると拡大します。
 
さすがに完成から約2年経っているので、周りが見物客でいっぱい、ということはありません。
それでも何人か、私と同様に携帯で鉄人の写真をとっておられる方がいらっしゃいました。


以下、写真をいくつか。
 
敵の基地(?)を攻撃する鉄人
(行け、鉄人!あのビルが敵の本部だ!) ※「あのビル」に住んでいる方、ごめんなさい。
※※大阪のプリモプエル界で有名なむにゃむにゃさんのblogのこの記事内の写真を参考にしてみました。
 
鉄人と子供たち
(鉄人はやさしいので、子供が足に登っても怒らないのです。)
 
鉄人にさわった
(私も足にさわってみました。燃える心を持っているだけあって、熱かった!)
 
鉄人の決めポーズ
(う〜ん、やっぱりかっこいいなぁ。)
※写真をクリックすると拡大します。


写真を撮っていたのは約30〜40分ほどだったでしょうか。
帰りは、新長田から芦屋まで各駅停車、芦屋から大阪まで新快速という乗り継ぎで帰ってきました。
(IDEOSの「乗換案内」で検索。いろいろすぐに調べられて、スマホは便利だなぁ。)


JR新長田駅前で、あたりをぐるっと見回してみましたが、ここがほんとにあの阪神・淡路大震災で大きな被害を受けたところなの?と思うぐらいに震災の跡を見つけることはできませんでした。
立派で綺麗な駅舎や、まわりのマンションや商業ビルを見ていると、先の東日本大震災で大きな被害を受けた地区も、きっとこのように立派に復興できるに違いない、と思えた一日でした。


結論:避難準備区域ももうすぐ解除されるみたいだし、東北もきっと復興できる!


・おまけ
長田の鉄人28号の大きさは18mですが、この大きさはマジンガーZとガンダムも同じなんですよね。
ガンダムが同じ大きさなのはまだわかる気がしますが、マジンガーZが18mというのはちょっと信じられません。
鉄人の頭を眺めながら、「あの大きさじゃ絶対にパイルダーは入らないよな」なんて思ってしまいました。

2011.08.07

米国債格下げで懸念される「囚人のジレンマ」

今日は長いこと見てみたかった、「長田の鉄人28号」を見に行ってきました。
早速記事にしたいところですが、写真の整理が終わっていません。
数日中に記事にするつもりなので、しばしお待ちを。


----------
「囚人のジレンマ」という話をご存知でしょうか。
簡単な例を挙げてみます。
 
容疑者AとBが捜査当局に逮捕された。当局は2人が共犯だと疑っているため、2人を互いに連絡が取れないようにした上で、両者に以下のように伝えた。
・2人とも黙秘した場合、共犯の事実が証明されないので、他の罪で2人とも懲役2年。
・2人とも自白した場合、共犯の事実が証明され、2人とも懲役10年。
・しかし1人だけ自白し他方は黙秘した場合、自白した方は情状を酌量され無罪放免、黙秘した方は悪質とみなされ懲役15年。
さあ、あなたが容疑者の1人だった場合、黙秘したほうが得?それとも自白したほうが得?


問題全体を見た場合、両者にとって最も得なのは懲役2年で済む「2人とも黙秘した場合」ですよね。
しかし容疑者Aの立場に立って考えてみるとどうでしょうか。
Bが黙秘しているのか自白したのかをAは知ることができません。
 
・Bが黙秘した場合、自分が黙秘すると自分は懲役2年、自白すると無罪放免。
-> なので「自白したほうが得」。
 
・Bが自白した場合、自分が黙秘すると自分は懲役15年、自白すると懲役10年。
-> なので「自白したほうが得」。
 
よって、Bが黙秘しようが自白しようが、Aにとっては「自白したほうが得」となります。
容疑者Bの立場でも同様のことがいえるので、Bにとっても「自白したほうが得」となります。
つまり両者にとって最も得になる「2人とも黙秘」ではなく、より不利益になる「2人とも自白」が選ばれてしまうのです。


さて話は変わるようですが、先週末に歴史上初めてアメリカ国債の格付けが最上級の評価から格下げされるという事態が起きました。
なんといっても「歴史上初めて」のことですから、週明け月曜からの金融市場がどのように反応するのかが注目されています。
報道などを見ていると、「格下げは想定されていたことだから大きな影響は出ない」との意見が専門家には多いようです。
世界経済に与える影響を考えると、金融市場が「米国債暴落」のような大きな反応を示さないことが、世界経済にとっては最も良い反応でしょう。


しかしここで「囚人のジレンマ」です。
米国債を持つ機関投資家にとって、米国債を売ったほうが得?それとも売らないほうが得?


もし他の機関投資家が米国債を売って価格が下がるような事態になりそうだとすると、こちらも早く売らないと損失を出してしまいます。
よって我も我もと売りが広がって、最も起きてはならない「米国債暴落」という事態に...?
その結果、円が急騰して、ただでさえ弱い日本経済に決定的なダメージを与えるような事態になる...かも?


しかしこの問題、オリジナルの囚人のジレンマと違う点が1つあります。
「他の機関投資家の行動を知ることができる」ということです。
他の機関投資家が米国債を売っていないとわかった場合には、自身も「売らない」という選択をすることができます。
この場合「米国債暴落」という最悪のシナリオは避けることができます。
誰であっても「自分が売ったことが引き金になって米国債の暴落を招いた」という不名誉は避けたいと思うでしょうし、「結局米国債以上に信頼できる投資先はない」という点も売りに対する圧力として働くでしょう。
暴落の引き金となる「最初の大きな売り」が出なければ、他の投資家も売りをかけず、暴落は杞憂に終わることが期待できます。


しかし売りが全く出ないことはありえないわけで、もしもその「売り」が「大きな売り」だと誤って解釈されたら...
囚人のジレンマの容疑者AとBのように、互いを疑心暗鬼で見ているような状況であるならば、ちょっとした「売り」を「大きな売り」と誤解することは十分にあるわけで。
また最近はやり(?)のコンピューターによる自動取引システムだと、「世界経済に与える影響」「暴落を招いた張本人という不名誉」なんてものは考慮してくれません。
人間では考慮しないような市場のわずかの変化でも、「自身の損失を防ぐため」と判断すれば、容赦なく売りをかけてくることは過去の例が証明しています。


私のようないち素人が金融市場の動向を予測することなどとてもできません。
しかも現状は「歴史上初めて」の事態ですから、たとえ専門家の言であってもそのまま鵜呑みにすることはできません。
今はひたすら市場参加者が冷静な反応をしてくれることを願うだけです。
そしてこの「歴史上初めて」の事態の目撃者になれたことを「幸運だった」と思えるようになってほしいものです。


結論:人間の思考が集まって作られている金融市場の動きというものを、人間の思考では予測できないなんて...
 


・8/24 追記
私の心配はまるっきり外れたようです。
米国債格下げ後に世界的に株価が大きく下がりましたが、報道などを見ていると以下のような流れがあったようです。
 
米国債格下げ
-> 米国の景気が今後悪くなると予想
-> なら株価が下がるはずなので早めに売ろう
-> 売った金は株より安全なものに移そう
-> ならばやっぱり安全なのは米国債!
 
「米国債格下げで米国債売り」を心配していたのに、逆に「米国債買い」が進むなんて...
専門分野(コンピュータ)についてもよくわかっていないのに、専門外のことがわかるわけはなかった。反省。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ