ブログパーツ Twitter

« SUZUKI Let's 4 バッテリー切れ | トップページ | 日本橋でんでんタウンへ行く »

2011.07.24

さよならアナログ放送

夏本番の時期に入ったはずなのに、夏らしい天気が続きませんね。
(節電には都合が良くていいんですけど。)
「今年の夏は平年より暑い」という話だったのでは?
 
----------
地デジ対応?
うちはとっくに準備出来ていますよ。
1台だけですけれど...
 
自宅はケーブルテレビなので、デジアナ変換で他のアナログ受信機も大丈夫...なはず。
 
ケーブルテレビ局のサイトの説明書きによると
 
地上アナログ放送終了後にデジアナ変換放送に切替えを行ないますので、切替の際、一時的にご視聴いただけなくなります。
 
とあるので、24日正午のアナログ停波後に切り替え作業を行うものと思われました。
 
とすると「アナログ放送終了のお知らせのブルー画面」も見れるのでは?
との期待と共に、正午数分前から自室のブラウン管TV(15inch 1997年製)の前に陣取ります。
 
アナログ放送の画面
※RD-XS48で録画したものをVirtualRDでPCに転送して編集しました。
 
正午になった瞬間、ブルー画面が一瞬(約1秒?)映って、砂嵐画面になりました。
アナログ放送終了告知の画面
※RD-XS48で録画したものをVirtualRDでPCに転送して編集しました。
 
普通のアナログ放送ならば、ブルー画面が24日中は映るらしいので、デジアナ変換の作業に入ったのでしょう。
作業にどれくらいかかるかわからないので、一旦TVはOFFに。
 
それから家族のところへ行って、砂嵐画面を見せようとしたところ、番組が映っている!!!
デジアナ変換への移行作業、早っ!!!
(デジアナ変換は2015年3月まで、らしい。) ※K-CATの場合。
 
画面の違いといえば、これまで画面右上に「アナログ」と表示されていた部分に「デジアナ」と表示されていること。
それから心なしか画面がくっきりしていることくらいでしょうか。
(画面のにじみが少なくなった感じ。)
 
で、画面キャプチャ画像を載せようとして、もうひとつの違いに気が付きました。
「コピーワンスになっていてVirtualRDでのコピーができなくなっている!」
 
ケーブルテレビ局のサイトで確認してみると、確かに以下のような記載がありました。
 
「1回だけ録画可能」なコピー制御がかかり、DVD/HDDレコーダでの録画・ダビングに制限が加わります。
 
「DVDへのムーブ」はできるようなので、DVDを経由すればPCへ番組を移すことは出来るみたいです。
しかしVirtualRDを使ってLANでのコピーはもうできないのですね。残念です。
「どうでしょう」の新作の放映が、アナログ終了までに終わってくれていて、助かった。
 
あとDVDレコーダで言えば、録画に使用する番組表に表示される番組名がすべて「アナログ放送は終了しました」になってしまっています。
今後はADAMSなどで番組情報が提供されなくなるでしょうから、番組表から予約することはできなくなるでしょうね。
 
報道によると、家電量販店では地デジ対応のTV、レコーダー、チューナーの駆け込み需要がすごいとか。
地デジ対応にするための工事を電器店に依頼しても、8月まで待ってもらうような事例が続出とか。
自室のTVとレコーダーの地デジ対応モデルへの切り替えをどうするかは、そのような騒ぎが落ち着いてから、ゆっくり考えたいと思います。
 
結論:今のままじゃぁ、デジタル放送が50年も続くとはとても思えない

« SUZUKI Let's 4 バッテリー切れ | トップページ | 日本橋でんでんタウンへ行く »

コメント

どのネームでコメントしていたか忘れちゃいました(^^;)

えっと、K-CATはですね。
正午にチャンネル切り替え作業へ入り、30秒ほどでアナデジ変換となりました。
つまり、アナログ終了告知画面は全チャンネルそろって砂嵐の向こう側で、即デジタル放送へと切り替わったわけです。

うちのマンションもK-CAT加入なので、アナログ終了画面をまともに見ることはできませんでした。
仕方がないのでラジオでNHK総合テレビの音声を聞いてみましたが、無味乾燥な案内だけで、とても寂しかったです。

ツイッターを見ていたら「日本テレビは終了直前画面が美しかった」の書き込みが。
写真を見るとドット文字の「日テレ」ではなく、昔懐かしい丸っこいブラウン管枠内に、本来の「NTV」ロゴが映し出され「58年間ありがとうございました」とありました。
NHKに次いでアナログ・テレビ放送を長く続けてきた放送局の矜持を見せたというところでしょう。

2t6さん、コメントありがとうございます。
> 正午にチャンネル切り替え作業へ入り、30秒ほどでアナデジ変換となりました。
惜しかった!正午をまたいで録画していたのですが、15秒ほど砂嵐が続いたのを見て、切り替えにはまだかかると思い、そこで録画を終わらせてしまったのですよね。
もうすこし粘れば、切り替えの瞬間も録画できたのに。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SUZUKI Let's 4 バッテリー切れ | トップページ | 日本橋でんでんタウンへ行く »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ