ブログパーツ Twitter

« 九電のやらせメール問題にあきれる | トップページ | OSC2011 Kansai@Kyoto に行ってきた »

2011.07.14

TSUTAYA Wカードが、名称変わって「年会費あり」に

先日、JR京都駅に行ったら、祇園囃子が流れていました。
4年も京都の大学に通っておきながら、祇園祭を見たことないって...どうなのこれ。
※祇園祭だけじゃなく、葵祭も時代祭も見たことありません。念の為。
 
----------
アプラスから
 
Tカードプラス(旧TSUTAYA Wカード)更新カードに関するご案内
 
なるお知らせが郵送されてきました。
 
なんでも、これまでの「TSUTAYA Wカード」は「Tカードプラス」に名前を変えるのだそうです。
※TSUTAYA Wカードとは、TSUTAYAの会員カードにクレジット機能がついたもの。クレジット機能をアプラスが提供しています。
 
まあ、名前が変わるだけなら別にどうということはないんですが、お知らせの内容を読んでみると、改悪点がいくつか。
 
1.年会費が無料から525円(税込)に
2.旅行傷害保険サービスがなくなる
3.キャシング時にCDやATMを利用すると、CD,ATMの利用手数料がかかるように
4.リボ払いの手数料アップ
などなど...
※番号はこちらで振ったものです
 
ええっと、旅行傷害保険はWカードのものは使ったことないし、キャッシングはしたことないし、一括払いばかりでリボはしたことないので、大部分は私には影響がないのですが。
これだけは大問題です。
1.年会費が無料から525円(税込)に
 
「年会費ありのコースを新設します」っていうのならわからなくもないんですけれど。
これまで年会費無料をうたってきて、これからもずっと無料だと思っていましたからねぇ。
 
TSUTAYAの親会社であるCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)自体、業績がよくなくなってきているという話ですし、年会費無料を続けていけなくなってきた...という理由だったりして。
(11/7/22で上場廃止だって。知らなかった。)
 
お知らせには「年間ご請求額が5万円以上の場合は、翌年度の年会費を無料」という記述もありますが、年間5万円分もDVDやブルーレイとか借りて見れるほど暇じゃないです。
(ショッピング用のクレジットカードは別のものを使用しています。)
 
じゃあ、クレジット機能のないただのTカードに切り替えようかとも思ったのですが、そうすると毎年TSUTAYAの更新料がかかるのですよね。
 
ここ何年もDVDなどのレンタルからはご無沙汰だったし、ファミマやENEOSくらいでしか使ってないので、Tカードやめてしまっても、そんなに困らない気が...
 
結論:ネットで借りるやつがもっと安くなれば考えたいけど...やっぱり見る時間がなぁ

« 九電のやらせメール問題にあきれる | トップページ | OSC2011 Kansai@Kyoto に行ってきた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 九電のやらせメール問題にあきれる | トップページ | OSC2011 Kansai@Kyoto に行ってきた »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ