ブログパーツ Twitter

« プリモプエル、勘違いする | トップページ | OSC 2011 Kansai@Kyoto に参加登録 »

2011.06.17

カスペルスキーのavp.exeが暴走

コンピュータウイルス作成罪を新設した刑法の改正案が成立したそうですね。
ウイルス作成罪を新設 改正刑法が可決・成立
基本的には賛成ですが、一般のアプリ作成者が萎縮するような方向に運用されないように、きちんと見守っていく必要があるでしょうね。
 
----------
今日、とあるwebページを見ているときに、なんかやたらPCの反応が悪くなったんですよね。
 
それでWindows 7のタスクマネージャーの「パフォーマンス」タブを見てみたところ...
 
CPU使用率が100%に!
 
何にそんなにCPUを使っているのかわからなかったので、同じく「プロセス」タブで「すべてのユーザーのプロセスを表示」ボタンを押して調べてみました。
その結果、アンチウイルスソフトのカスペルスキーのプロセス「avp.exe」のうち、ユーザー名=SYSTEMのプロセスが、使用率100%の原因であることがわかりました。
(同じ「avp.exe」でも、ユーザー名=(使用中のID)のプロセスの方は問題なし。)
 
「すわ、カスペルスキーに問題か!」と思ったのですが、いろいろ試してみたところ、ある特定のwebページで一部のリンクを複数回クリックしない限り問題が発生しないようなので、ひとまず様子を見ることにしました。
数日たっても該当のwebページで症状が出るようであれば、ちょっと考えないといけませんね。
 
結論:見たいリンク先が見れないというのは、案外なストレスになるもんですね。
 
 
・7/8 追記
記事にある「ある特定のwebページ」ですが、記事公開から数日後にチェックしたところ、暴走は起きなくなっていました。
webページとカスペルスキーのどちらに問題があったのかはわかりませんが、とりあえずよかった。
※追記が遅れました。ごめんなさい。

« プリモプエル、勘違いする | トップページ | OSC 2011 Kansai@Kyoto に参加登録 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プリモプエル、勘違いする | トップページ | OSC 2011 Kansai@Kyoto に参加登録 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ