ブログパーツ Twitter

« blogのレイアウトを変えてみた | トップページ | Bluetoothヘッドセットで日本通信モバイルIPフォンを使う その1 »

2011.04.25

Try WiMAX 返却

IDEOSでトラブルが発生し、やむを得ず「Android System Recovery」を実行しました。
(Android System Recovery: 通話(緑) + VolUp + 電源ON。)
工場出荷状態に戻って、トラブルも無事解消!
自分でいれたアプリが、2つを除いて自動で再インストールされたのには、(知識として知ってはいたものの)少々びっくりしました。
 
----------
先日の記事に書いたTry WiMAXで借りたWiMAXモバイルルータ URoad-7000SSですが、今日返却の手続きを取りました。
 
返却の段ボール箱
(やってきたときの箱に入れて、送り返します。いままでありがとう。)
※返却用のゆうパックの送り状が付いていましたが、webから手続きしたので佐川で送りました。
 
今月の29日が返却期限なのですが、「返却期限日に必着するように」とのことなので、余裕を見て、今日発送しました。
(UQ側の発送日から数えて、UQ側への到着日も含めて、最大15日間借りることができます。)
 
試してみた感想はというと...
 
・WiMAXとWiFiでつないだIDEOSはやっぱり速い!
 ブラウジングはU300でも大丈夫だが、アプリのダウンロードやアップデートにはこの速さがありがたかった。
・WiFiでの方が、radiko.jpがバッファリングのために切れることが少なかった。
・モバイルIPフォンでは、U300とWiFiとでの差は、実感できなかった。
・URoad-7000SSをかばんの中に放り込んでおくと、けっこう熱くなっていた。
 電池の持ちに影響するのではと、少々心配になったので、多少は熱の放散が良さそうなところに入れるようにしていました。
 
さあ、「お試し期間」は終わりました。
今後はどうするのか?
それについては、そのうちに...(予定)、ねっ!
(だって、人気殺到でいつ来るかわからないって話なんだもの...)
 
結論:モバイル環境を快適にすればするほど、荷物の重さが重くなっていくのは、ちょっと難点。
 
 
・4/26 追記
 
UQ WiMAXからMailで「Try WiMAX レンタル返却手続き完了のお知らせ」が届きました。
もう1日か2日、使っていても間に合ったかな?

« blogのレイアウトを変えてみた | トップページ | Bluetoothヘッドセットで日本通信モバイルIPフォンを使う その1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« blogのレイアウトを変えてみた | トップページ | Bluetoothヘッドセットで日本通信モバイルIPフォンを使う その1 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ