ブログパーツ Twitter

« Firefox 4.0, earthquake Notify, なまず速報β | トップページ | WineでCD-ROM版"新潮文庫の100冊" 2011年春編 »

2011.03.31

今日買ったもの

今日から、私の新しいステージが始まる!
(どういう意味なのかは、今は説明しません。たぶん、おいおいわかるでしょう。)

----------
先日Joshin webで注文していたものが、今日届きました。

110331a
(スイッチングハブ(上)、CD-RW(左下)、USB充電器(右下)、です。)

このうち「CD-RW」は、iTunes Music Storeで買った楽曲を、Ubuntu上のBansheeに移す作業用です。
(私のライブラリ中、iTunes Music Storeで購入した3アルバムだけは、DRMの関係でCDに焼かないと移せない。)


まずは、「USB充電器」です。

110331b
(バッファローコクヨサプライのBSIPA06BK(左)です。IDEOSのACアダプター(右)と並べてみました。)

こういうものはたいていAmazonで買う私が、今回Joshin webを使ったのは、このBSIPA06をJoshin webで見つけたからなのです。

「コンセントからUSBに給電できるアダプターで、2ポート以上あるもの」を探していたのですが、もう一つの条件である「電源タップにさしても隣と干渉しない」という条件のものを、なかなか見つけることができずにいました。
(どうして多くの製品は、みんな幅が広いのか?)

そんなとき偶然このBSIPA06BKをJoshin webで発見したのです。

縦・横・高さのすべてが35mmで、電源タップにギリギリさせると判断しました。

110331c
(このとおり、電源タップでも隣と干渉しません。)

ただ、USBの口の位置の関係で、電源タップの一番端で、しかも1ポートだけしか使えませんけれど...
(もう1ポートは、反対側の面にあるので。)

旅行等に行くときには、普通にコンセントにさせば、IDEOSと他のものを同時に充電できるでしょう。
(予備電源を何にするか、現在検討中。)

・4月1日 追記
IDEOSをつないで充電してみましたが、JuicePlotterによると「USB給電」と判定されるようです。
(今までのACアダプターのときは「AC電源」と判定された。)
バッファローコクヨサプライの説明文には「1ポートあたり、最大1,000mA」とあるのに、USBの規格である500mAしか出ていないのだろうか?


次は「スイッチングハブ」です。

110331d
(アイ・オーデータのETG-ESH8です。) ※上に乗っているのは大きさ比較用のテレカ。

これまでは100Mの5ポートハブ(バッファローのLSW-TX-5NP)を使っていましたが、もう少し口がほしくなってきたので、ついでにギガビット対応のものに替えてみました。
(Joshin webが「3,000円以上で送料無料」キャンペーン中で、CD-RWと充電器では足りなかった、というのも購入理由。)

110331e
(従来のハブ(下)と並べてみました。あんまり大きさは変わりません。)

ギガビットハブに変えて、ネットワーク速度は速くなるか?と、ちょっとだけ期待しましたが、webのスピードテストサイトでは、ほとんど変わらないという結果が出ました。
(ルーターがギガビット非対応なので、当たり前といえば当たり前。)


結論:IDEOS環境の強化キャンペーン実施中!

« Firefox 4.0, earthquake Notify, なまず速報β | トップページ | WineでCD-ROM版"新潮文庫の100冊" 2011年春編 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Firefox 4.0, earthquake Notify, なまず速報β | トップページ | WineでCD-ROM版"新潮文庫の100冊" 2011年春編 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ