ブログパーツ Twitter

« 被災地と東電を応援する | トップページ | IDEOSにATOKと縦書きビューワがキター »

2011.03.22

IDEOSの電力消費量を調べる

福島第一原発で必死の作業をされている方々に敬意を表します。
また、驚くべき早さで被災した道路の修復を行っている方々にも、賛辞を送りたいと思います。

----------
先日の記事で、「使っていくのは難しいかも」と書いたモバイルIPフォンサービスですが、実はその後も使いつづけています。

遅延が数秒も感じられたのは、使用した中では12日だけでした。
あくまで想像ですが、震災の翌日だったのでネットのトラフィックに何らかの制限がかかっていたのかもしれません。
エコーの問題については、IDEOSを顔に当てて通話するのが原因と考え、付属の有線ヘッドセットを使用したところ、エコーはなくなりました。
現在は、ノイズキャンセル付きのイヤホンを使い、しゃべるのはIDEOSのマイクを使用するかたちをとっています。


で、今日のテーマは「IDEOSの電池の保(も)ち」です。

他のAndroidスマートフォンの例に漏れず、IDEOSの電池の保ちの悪さについての記事は、webでいくつも見つけることができます。
私の場合いろいろやってみたところ、現在はスリープ状態ならば、「1時間当たり3~5%の電力消費」といったところです。
1日に2~3分ほどの通話と、少々ゲームなどをする程度の使用ならば、朝自宅を出てから夜帰宅するまで、電池は何とか保っています。

電力消費に関係する設定項目は、次のようにしています。

・3G:ON
・Wi-Fi:OFF
・Bluetooth:OFF
・GPS:OFF
・自動的に同期:OFF
・画面輝度:0%
・画面の自動回転:OFF
・スリープまでの時間:1分
・3G/Wi-Fiでの位置検出:ON
・アプリの自動更新:OFF(※AVGを除く)

どうやらコツは「ときどき電源をOFFにする」(スリープではなく)ことにあるのではと思っています。

電源をOFFにせずスリープだけで使用していたところ、1週間ばかりたったところで、「1時間当たり10%くらい」まで電力消費が増えてしまいました。
タスクキラーアプリを使用したりと色々工夫しましたが、改善せず。
ふと思いついて、電源をOFFにして再起動させたところ、再び「1時間当たり3~5%」に戻ったということがありました。
(PCでも、スリープばかりでなく時々シャットダウンしないと、不安定になることがありますしね。)


さて、アプリを切ったりしてもあまり電力使用量が減らなかったわけですが、そうすると何が電気を使っているのでしょうか?

3Gを切ってみました。

「設定」-「無線とネットワーク」-「モバイルネットワーク」について、「2Gネットワークのみ使用」をONにします。

3G OFFでの電力消費グラフ
※赤で囲った部分で3GをOFFにしています。
※グラフ表示にはJuicePlotterを使用しました(以下同様)。

グラフの12:00の時点での電池の残量が66%で、1時間後の13:00の時点での残量も66%!
ほとんど減っていません。

webで「イーモバイルの赤SIMにしたら電池の保ちが良くなった」というような記事も見かけますし、日本通信のU300 SIM自体が電気をよく食っているみたいです。

Wi-Fi環境がまだないので確認していませんが、「3GよりWi-Fiの方が電力消費が少ない」とも聞いていますので、Wi-Fiでネットに接続する環境を構築すれば、現在より電池が保つことが期待できそうです。
(現在、Wi-Fi環境を作成する計画中...)


さて、いくら電池が保つからといって、1日中スリープばかりにしておくわけにもいきません。
気になる機能を使用したら、電池の保ちはどうなるのでしょうか?


まずはGPSです。

GPSをONにしたら、どのくらい電力消費が増えるのでしょうか。
「現在の設定内容」から、GPSだけONにしてみます。

GPS ONでの電力消費グラフ
※赤で囲った部分でGPSをONにしています。

グラフの19:30の時点での電池の残量が51%で、1時間後の20:30の時点での残量は45%。
数値の上では6%と、普段のMAX5%よりちょっとだけしか増えていないようですが、GPS ON期間のグラフの傾きはそれまでより明らかに大きいです。

うーん、困った。
旅行などに行くときに、My TracksでGPSログをとることを考えていたのですが、まる1日ではなく時間を限定することを考えないといけないかも。


次はBluetooth。

BluetoothをONにしたら、どのくらい電力消費が増えるのでしょうか。
「現在の設定内容」から、BluetoothだけONにしてみます。
※Bluetooth機器は接続していません-持ってないので。

Bluetooth ONでの電力消費グラフ
※赤で囲った部分でBluetoothをONにしています。

グラフの21:00の時点での電池の残量が42%で、22:00の時点での残量は37%。
こちらは5%と普段のMAXほどの数値ですが、グラフの傾きは先のグラフのGPS OFF期間の傾きと、そんなに変わらないようにも見えます。

実際にBluetooth機器を接続したら、もっと消費電力が多くなるのかもしれませんが、接続しても通信がそれほどないような機器であれば、今回のグラフを見る限り、電池の保ちにをあまり気にしなくてもよいのかもしれません。
(現在、Bluetooth機器を接続する計画中...なので、保ってくれないと困ります!)


webでは、「クロックを下げて消費電力を抑える」みたいな技もみつけることができますが、当面そこまでする予定はありません。
もちろん各種アプリを使っても電池の使用量は増えるわけですから、電池の保ちについての一番の解決策は、「予備電源を持っておく」ことになるでしょう。
(現在、予備電源を購入する計画中...)


結論:節電は大切です。


・3/23 追記

ちょうどいいタイミングで、節電についての記事を見つけました。
スマホ&携帯を少しでも長く使うための節電テク

« 被災地と東電を応援する | トップページ | IDEOSにATOKと縦書きビューワがキター »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 被災地と東電を応援する | トップページ | IDEOSにATOKと縦書きビューワがキター »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ