ブログパーツ Twitter

« 靴を買った | トップページ | あっ、足がぁぁぁ »

2010.09.02

Windows 7 のシャットダウンが遅くなってきたので

民主党の代表選が始まりましたね。
(普天間について、解決案を「持っていない」ことを認めた小沢氏にはあきれました。)


8月の2週目あたりからだったでしょうか、私のPC(TOSHIBA Dynabook TX)のWindows 7のシャットダウンにかかる時間が、あきらかに遅くなってきていたんですよね。

シャットダウン指示後、表示が「ログオフしています」から「シャットダウンしています」に変わってから電源が落ちるまで、60数秒かかるようになりました。
(スリープはちょっとした振動でマウスが動いただけで解除されるので、使っていません。)

もともとの秒数は測っていなかったのですが、以前はシャットダウンを指示して寝床に移動してからPCを見ると、画面は真っ暗だったのに、遅くなってからはしばらく画面が明るいままなので、結構遅くなっていると思われました。

そこで、

msconfigを使って、普段の作業にあまり影響がなさそうなスタートアップ項目を起動しないようにしたり
イベントビューワーで停止に時間がかかっていそうなサービスを探して、サービスを停止したり
「Windows Live One Care」のクリーンアップ センターを使って、一時ファイルやレジストリの削除を行ったり

しましたが、効果はありませんでした。

それどころか日が経つにつれて、シャットダウン時間はますますかかるようになり、ついに100秒を超えるまでに...

「こうなったらリカバリーしかない」と思いましたが、その後の手間を考えると、あまり気が進まないし。

と思っていて、気がつきました。

8月の2週目あたりからおかしくなったのだから、1週目の状態に戻せばいいのでは。

私は以前からAcronisのTrue Imageで毎週日曜にバックアップをとっています。
(月初めにフルバックアップ。その他の週は増分バックアップ。)

さっそく8月第1週目のバックアップファイルを用意して、USBメモリに作成しておいたTrue ImageのブータブルメディアからPCを起動。

Cドライブの復元を指示します。

復元にかかる時間として一瞬「7時間」と表示されてびっくりしましたが、実際には1時間もかからず復元は完了。

無事再起動後、Windows Updateやカスペルスキーの定義ファイルの更新やらを終わらせて、いよいよシャットダウンを行ってみます。

どきどきしながら時間を計ってみると...

なんと19秒で電源が落ちました!
※表示が「ログオフしています」から「シャットダウンしています」に変わってから電源が落ちるまで。

ただちょっと心配なことが...

「8月の2週目あたりから」遅くなったのですから、「8月の1週目」の状態ならば、すぐにまた遅くなるかも?

結論:やっぱりバックアップは大切


・9/24追記

その後3週間経ちましたが、シャットダウン時間は10秒台前半で安定しています。

一説によると、バックアップを取ってそこから復元することで、ディスクのフラグメントが解消されるという効果があるらしいです。
(デフラグツールでは難しいシステム関係のファイルについても。)
もしかしてそれが関係しているのかも?

« 靴を買った | トップページ | あっ、足がぁぁぁ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴を買った | トップページ | あっ、足がぁぁぁ »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ