ブログパーツ Twitter

« iPod nano(第5世代)を買った | トップページ | iPod nano のハードケース購入 »

2010.09.24

中国船船長釈放。日本政府の次の1手は?

足を痛めた部分はとうに治ったのですが、膝の別な部分が新に痛くなってしまいました。
(以前なら湿布で数日で治ったのに、今回は時間がかかるのは、やっぱり「と○」のせい?)


漁船衝突:中国人船長を釈放へ 「日中関係を考慮」」 (毎日新聞)
中国人船長を処分保留で釈放 「今後の日中関係を配慮した」と那覇地検 尖閣衝突事件」 (産経新聞)

普段はあまりこういう関係のことはblogで取り上げないんだけれども、今回はあえて取り上げます。
ただし、今後の日本政府の出方についてです。

中国船船長の起訴の可能性がなくなったことで、海保が撮影した事件のビデオの公開に、何の支障もなくなったはずです。
当然、早急にビデオを世界に公開し、日本の主張の正当性を訴えるべきでしょう。

それから報道によると、東シナ海の天然ガス田「白樺」で、中国が掘削作業を開始した可能性が高いとのこと。
中国が「白樺」掘削か 東シナ海ガス田」 (日本経済新聞)

日本政府がどのような「対抗措置」を取るのか、大いに注目されるところです。
口先だけなのか本気なのかが、これでわかるでしょう。

両事件とも、世界に向かって日本の主張をはっきりと表明していくことが、「日本無視」(ジャパン・パッシング)などということを防ぐ、大切なことがらになるはずです。
これができないような政府ならば、とっかえることができるのが民主主義なんですが...どこととっかえようか?
(自民の復権はまだ早すぎると思うし、みんなの党は党首の渡辺さんをあまり好きではない。)


しかし中国がこれほど「民意」を気にする国になっているとは、ちょっと驚きです。
中国国民に、操作されていない正しい情報を届けることが、以前にも増して大切なことになってきているということでしょう。

結論:中国に対抗するには世界を味方につけるしかない

« iPod nano(第5世代)を買った | トップページ | iPod nano のハードケース購入 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« iPod nano(第5世代)を買った | トップページ | iPod nano のハードケース購入 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ