ブログパーツ Twitter

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010.05.28

しんどい

iPadが発売されましたが、私は買う予定はありません。
(日本語の電子書籍が充実すれば可能性も...でもそうなったら他社の機器もたくさん出ているだろうし。)


先日の記事の「ウイルス感染」は治ったと思っていたのですが...
またまた昨日(27日)あたりから、ちょっと調子よくないような気がしていたんですよね。

で、仕事も一区切りついた(つかせた?)こともあって、今日は休みを取ったのです。
1日の大半を寝るのに費やしたにもかかわらず、なんかしんどさが増している感じです。
熱はなく、ただやたらと「体が重い」感じがあるだけなんですが。
(最近「腹囲」が増しているのは事実ですが、それとは関係ありません。)

最近天候もおかしいし、それで体調もいまいちなんでしょうね。

はやく石清水へ行って、昨年みたいに「つきもの」を落としたほうがいいのかも?

結論:体はともかく、今日はプロ野球がないから、心おだやかに過ごせます!?

2010.05.24

リニューアルした京阪電車8000系に乗る

先週は木曜あたりからウイルスにやられて大変でした。
(といっても感染したのはPCではなく「人間」なんですが...)


今日、午後4時淀屋橋発の京阪特急に乗りこむと...


ん?なんか景色が違う??


全て2列シートだったはずが、

・車両端がロングシートになっている!
・乗降口上部に、新3000系と同じような液晶モニターが付いている!
・吊皮が付いている!
・公衆電話スペースがなくなっている!

そしてそして、

・テレビがなくなっている!!


「あっ、ついにその日が来たんだ」と思ったのですが、どうやらちょっと違うよう。
(テレビカーが廃止されることは、以前に告知されていました。)

京阪電車のサイトに載っていました。
(2010.3.27 京阪電車8000系 リニューアル デビュー)

3月末から走っていたとは、全然知りませんでした。
(まだ1編成だけですし、ね。)

この車両に乗るときは、午後4時のNHKのニュース(5分間)を見るのが習慣だったのに...
ワンセグが見られる機器なんて持ってないのに、どうしましょう。
スマートフォンを買おうにも、「Androidの勉強」はまったく進んでしませんし...

あっ、またちょっとクラクラしてきた(冗談)。

結論:帰宅時には「トーマス電車」に乗りました。

2010.05.10

京阪で人身事故

今朝、バイクカバーに赤ダニを1匹発見!
(いまのところ昨年のような大発生ではない模様。)


通勤で使っている京阪電車で、7:30AMごろに人身事故があったようです。
(守口市駅で、らしい。)

影響をもろに受けて、会社着が1時間弱ほど遅れてしまいました。

結論:年間3万人もの命がなくなるのなんて、なんかおかしい。

2010.05.04

GnuCash

手術後、ようやくスクータに乗れるまで回復してきました。
(これで自由に行動できるぞ!と思ったら、GWも明日まで...)


以前にこのような記事を書きました。

Linux(Ubuntu)をインストール

この記事の中で、
> 実はこの「あるアプリ」を使ってみるために、Ubuntuにトライしたというのが真相だったりして。
と書いていますが、この「あるアプリ」というのが、
GnuCash
なのです。


私は自身の預貯金管理には、ずっとMS Moneyを使っています。
(Money2006購入) ※現在はMoney Plus Editionを使用中。

しかしMicrosoftは2009年にMoneyを販売終了にし、関連サービスを次々に終了させています。
(Money Plus Edition 販売終了とオンライン サービスのご利用期限についてのお知らせ)

日本でMS Moneyに代わるものと言えば、プラト マスターマネーが思い浮かびますが、こいつはMoney2006導入時に使ってみて、あまりいい印象がなかったんですよね。

で、webを調べていて見つけたのがGnuCash

その名の通りGNUですから、プラト1社の命運にかかるマスターマネーより、無くなってしまう可能性が少ないんじゃないかな?と思ったわけです。

Windows版もあったのですが、「これを機にLinuxをいじってみよう」と思い、Linux版を使ってきたわけです。
(Moneyと並行して使用していました。)


で、その感想ですが、
使えないことはないが、日本語の資料が少なすぎて、わからないことが多い

手持ちの現金、クレジットカード、預貯金に関しては、使えるようになりました。
しかし証券会社関係がさっぱりわからない。

webで検索すると、株式や投信についてもGnuCashを使いこなしておられる方がいらっしゃるようなので、やりかたはあるんでしょうが、私は今のところ壁にぶち当たっています。

そうこうしているうちに、いちいちLinux(Ubuntu)を立ち上げてGnuCashを使うのが面倒になってきたので、今日(4日)、Windows版を入れてしまいました。

もうしばらく、Moneyとの同時運用が続きそうです。

結論:MSさん、Moneyやめるならmnyファイルの仕様を公開してもいいでしょう!


・参考資料

以下に、私が参照したサイトのリンクを張っておきます。

・GnuCash FreeAccounting Software
GnuCashの総本山
・GnuCash チュートリアル・コンセプト ガイド
現時点で一番日本語化が進んでいるチュートリアル
・GnuCash - 財務管理ソフトウェア
インストール方法から、家計簿としての使用方法まで載っています
・gnucash - enjoy! lenney
明細の入力方法が詳しく載っています
・GnuCash 日本語翻訳 Japanese translation
日本語入力改善パッチを適用したWindows 版独自ビルドバイナリを配布

2010.05.02

電話機を買った

先週から今週にかけて、大変でした。
(19日(月)に日帰り手術(局所麻酔で2時間半)、26日(月)抜糸、今も左腕が腫れています。)


固定電話機を新しくしました。

この御時世、やはり「ナンバーディスプレイ」は必要だろうと思うに至り、
対応する電話機に買い替えることにしました。

Panasonic VE-GP54DL-Sです。

新電話機の全体
(大きなディスプレイで、なかなか見やすそう。) Amazonにて購入。

昨日(1日)に到着しました。

思っていたより番号ボタンが大きかったのと、ディスプレイの表示文字が大きかったのにちょっとびっくりしましたが、それ以外は大体思っていた通りの外観。
(多くの情報が表示されるのかと思っていたが、文字が大きいので、文字数はそれほどでもなかった。)

欲を言うと、カラーがいくつかから選べたらもっとよかったかな。
(といいつつ、どんなカラーならもっとよかったかは思いつかない私。)


従来の電話機(TAMRA MOCERIO TA60)と並べてみました。

新旧電話機を並べる
(両者ともほぼ同じ大きさなので、これまでの場所に置いても問題なし。)

機種選択の決め手になったのは、
SDカード経由でPCで電話帳が編集できる
ということ。

固定、携帯にかかわらず、電話機での文字入力が苦手なわたくし。

以前から、「PCで編集した電話帳を使用できる機種はないものか」と思っていましたが、この機種が「できる」と知って、ほぼ即決でした。


さっそく今日(2日)、PCで電話帳を編集してみました。

Panasonicがwebベースで電話帳を編集するソフトを公開していますが、電話帳ファイル自体はテキストファイルなので、今回は直接エディターで編集します。
(アドレスはここ。FireFoxでCoral IE Tabを使用しても動きませんでした。)

まずは電話機本体を操作して、現時点の電話帳をSDカードに読み込ませます。
そのSDカードをPCにセット。
電話帳ファイルをエディターで開きます。
(名前は(ドライブ名):\PRIVATE\MEIGROUP\PCC\PCC_DAT\ADDRESS\00000000.TXTになっていました。)

内容はこんな感じ。
※「[TAB]にはタブコード(09h)が入ります。」

char=01
version=001
model=w_GBC4YB

1002[TAB]1000[TAB]1001[TAB]2000
01[TAB]時報[TAB]ジホウ[TAB]117:0:0
01[TAB]天気予報[TAB]テンキヨホウ[TAB]177:0:0
01[TAB]電報[TAB]デンポウ[TAB]115:0:0
01[TAB]番号案内[TAB]バンゴウアンナイ[TAB]104:0:0

データ部のフォーマットは以下の通り。
グループ番号 [TAB] 名前 [TAB] フリガナ(半角カタカナ) [TAB] 電話番号:0:0

行末の「:0:0」とか、意味がわからない部分はそのままにして、エディターで自由に追加・編集できます。
編集後保存したら、PCからSDカードを抜き、電話機に差し込みます。
電話機本体を操作して、SDカードから電話機本体に、電話帳を転送します。
電話機本体を操作して、本体から子機に、電話帳を送信します。

これでOK。

注意しなければならないのは、電話帳の内容が電話機に表示される順番が、「ファイル内の順」ではなく、「フリガナ順」になるということ。
なので私は、表示されてほしい順に、フリガナの頭に「01」「02」と連番を振りました。
(今のところ100件に程遠いので、2桁で十分。)

これであとは、ナンバーディスプレイが開通されれば、電話帳に登録されている名前が漢字で表示されるはずです。
(ナンバーディスプレイの開通予定は7日(金)。)


「ワンタッチダイヤルが2つしか設定できない」とか、
(旧電話機は5個)

「短縮ダイヤルの機能がない」とか、
(旧電話機は10個)

などの不満は見つかりましたが、電話帳の機能があるから大丈夫ということなのでしょうか?

まだまだ設定しきれていない機能がたくさんあるようなので、しばらくこれで遊べそうです。
(キャストエクアはどうなった?!)

結論:子機をどこに置こうかな?

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ