ブログパーツ Twitter

« ストリートビューに自宅が写っていた | トップページ | 飛行船を目撃 »

2010.03.21

キャストパズル「エクア(EQUA)」を買った

また「キャストパズル」を買ってしまいました。

以前に買った「CAST DOLCE(キャストドルチェ)」も、ようやく家族全員が解けるようになったし、
Joshin新大阪店の売りつくしセール(3月24日まで)が「おもちゃ10% OFF」だということで、
買ってきました。

CAST EQUA(キャストエクア)」です。

箱外観
(通常価格819円が、10% OFFで737円!) ※特価なのでポイントは付きません。

Joshin新大阪店で売っていた中で、もっともゲームレベルが低い「3」だったのが、
以前の「CAST DOLCE(キャストドルチェ)」。

その他のレベルとなると、「4」は売っていなくて、「5」「6」しかありませんでした。

「6」は無理そうなんで「5」で選ぼうとすると、以下の3つ。

・CAST EQUA(キャストエクア)
・CAST VORTEX(キャストヴォルテックス)
・CAST SPIRAL(キャストスパイラル)

ヴォルテックスの形が魅力的だったのですが、以前のドルチェの発展形のようにも感じられ、
「どうせ買うなら、違うタイプのパズルがいいかも?」と思い、
第2候補のエクアにしてみました。


解答図は、なし
(ドルチェ同様「解答図は入っておりません」。何日かかるのか...)

箱から出してみます。

手のひらに載せてみる
(手のひらに載っけてみました。中の十文字に組まれた部分と外枠の、計3つにはずれるはずです。)

出してみるまでは、
 「中の十文字に組まれた部分を何とかして外に出してから、十文字をはずす」
のだと思っていたのですが...

少しいじってみると、どうやらこれは、
 「十文字に組まれた部分を、中に入った状態のままではずさないと、外へ出すことはできない」
ようだと気付きました。

外箱の解説に「天体模型のような形状」とありますが、
そのとおりで、中の十文字の部分がひたすらくるくると回るだけで、
はずす手掛かりが見当たりません。

まさかこれは、製造工程の誤差で、「はずせない」んじゃないかとの疑念も出てきたりして。
(ドルチェのときも、一時そう思いましたがね。)

もし解けたら、早ければ「追記」として、遅ければ「別記事」としてUPします。

結論:ドルチェのときは福ちゃん(我が家のプリモプエル)が1日で解いたんだっけ...

« ストリートビューに自宅が写っていた | トップページ | 飛行船を目撃 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ストリートビューに自宅が写っていた | トップページ | 飛行船を目撃 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ