ブログパーツ Twitter

« プリモプエル、5歳になる | トップページ | 久々に、Let's 4がオイル漏れ »

2010.02.16

Windows 7への「アップグレード」の詳細

長島、加藤両選手。銀・銅メダルのダブル受賞、おめでとうございます。


さて、先日の記事の続きです。
Windows 7への「アップグレード」に成功


以前の「失敗」後、Windows 7をクリーンインストールして、別に問題があったわけではありません。

ただ、デバイスマネージャーに「!」(不明なデバイス)が2つあるのが、

気持ち悪かったんですよね。

それをなくすには、きちんとVistaからWin 7にアップグレードするしかありません。

でもVistaに戻すにはリカバリが必要で、それには東芝からリカバリディスクを購入するしか手がない。
(7,350円もするらしい...)

と思っていました。


ところが、

以前に「失敗」したとき、「ハードディスク上の全データの消去」をやってしまったわけですが、

実は「ハードディスク上の全ての内容」が消去されたわけではなく、

リカバリディスクを作成するためのデータがある「リカバリ領域」は、残っていることが判明。

リカバリディスクを作成するためのツールは消えてしまったが、何とかこれを利用できないものか?

webで調べてみたところ、

この領域から起動できればリカバリ可能であるらしい

と判明。

そこで考えたのが、

リカバリ領域をUSBメモリにコピーして、そのUSBメモリからPCを起動させる

というもの。


リカバリ領域は10GByte超あるようだったので、16GByteのUSBメモリを購入。
(BUFFALOのRUF2-AG16GS-BK。)

USBメモリからPCを起動させるためには、USBメモリを起動可能な状態にする必要があります。

以下の記事を参考にして準備しました。

diskpartを使ってWindows Vista/7のインストールUSBメモリを作る - @IT
(この記事の前半に、ブート可能なUSBメモリを作成するための「DISKPART」コマンドの使い方があります。)
※この方法を使うと、Acronis Ture ImageのブータブルメディアをUSBメモリに作ることもできます。

次にリカバリ領域をUSBメモリにコピーしなくてはならないのですが、

リカバリ領域はエクスプローラーでは見ることができず、そのままではコピーできません。

そこで、Acronis True Imageを使ってリカバリ領域のバックアップイメージを作成し、

そのイメージをドライブとしてマウントすることによって、内容をエクスプローラで見ることができるようにしました。

もちろん内容をUSBメモリにコピーすることにも成功。


ブートデバイスとしてUSBメモリを指定してみると、
(一般的にはBIOSで指定ですが、dynabookは起動時にF12連打で、ブートデバイスの指定が可能。)

うまく起動したようです。

リカバリツール起動成功
(「TOSHIBA Recovery Wizard」の文字が見えます。)

ここからは、先の「失敗」の記事どおりに進めます。

・「TOSHIBA Recovery Wizard」を選択。
・「警告!」画面が表示されるので、「はい」を選択。
・「復元方法の選択」画面が表示されるので...

復元方法の選択

「失敗」の記事のときは、ここで「ハードディスク上の全データの消去」を選んで失敗したので、

・「初期インストールソフトウェアの復元」を選択。

します。

で、続いて現れる「初期インストールソフトウェアの復元」画面では、

初期インストールソフトウェアの復元

「パーティションサイズを変更せずに復元」がお勧めとマニュアルにはあるのですが、

ご購入時の状態に復元(システム回復オプションあり)」を指定します。
(購入時よりCドライブの領域を小さく変更していたためか、「変更せずに...」ではエラーが出て失敗しました。)

後は何度か再起動を行い、
(リカバリは結構時間がかかります)

無事、Vistaの画面が現れました。

購入時の状態に戻った
(プレインストールソフトのアイコンがたくさん表示されていますね。)


でもこれで終わりではありません。

「Windows 7 アップグレードキット」を使って、VistaをWindows 7にアップグレードしなくては。

で、なんやかんや行った結果...
(思いっきり説明を省略)

Vistaのときにあったアイコンもそのままに、Windows 7になりました。

アップグレード成功
(ここまで来るのが、長かった...)


デバイスマネージャの画面です。

デバイスマネージャの画面
(以前にはなかった「SD ホスト アダプター」がありますね。)

しかしまだ「不明」が1つ。
(この「Virtual Remote Video Driver(VRVD302)」の正体は、まだわかっていません。)


その後Officeやらをインストールして、

ようやく以前と同様の環境になりました。

人生初のリカバリ、

これにて完了!

結論:これでTAITO MEMORIESの「インベーダー」で遊べるぞ! <- って、それが目的!?

« プリモプエル、5歳になる | トップページ | 久々に、Let's 4がオイル漏れ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プリモプエル、5歳になる | トップページ | 久々に、Let's 4がオイル漏れ »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ