ブログパーツ Twitter

« Win 7 アップグレードキットが来た | トップページ | どっちにする? Windows Virtual PC vs VMware Player 3.0 »

2009.12.06

Windows 7への「アップグレード」に失敗

みなさん、マニュアルに書いてある手順は、「正確に」実行しましょうね。

というのも、何を隠そうこの私が、事前に手順を十分確認しなかったために、

Windows 7への「アップグレードインストール」ができなかった

のですから...
(えーっ!じゃあ、この記事は今どうやって書いているの!!)

詳しくは後ほど書き足します。


・21:19 追記

えぇーっと、続きです。

以前の記事に書いたように、「まずリカバリしてから」なんです。
(アップグレードキットの説明書にも「あらかじめ、リカバリーを実施してから(中略)をおすすめします」とありました。)

リカバリメディアは作っていません。

なぜならメディアをつくらなくても、「ハードディスクのリカバリ領域から直接リカバリができるから」なのです。

ということで、スタート。

・PCの電源をONして、「dynabook」のロゴが消えたら「F8」キーを連打。
・「コンピュータの修復」を選択。
・「TOSHIBA Recovery Wizard」を選択。

「TOSHIBA Recovery Wizard」が選択肢として出てくることまでは事前に確認済みなので、ここまでは問題なし。

・「警告!」画面が表示されるので、「はい」を選択。
・「復元選択の方法」画面が表示されるので...

ここで2つの選択肢が表示されるのです。

・初期インストールソフトウェアの復元
・ハードディスク上の全データの消去

「プリインストールソフトを復元するのが目的じゃないから...」ということで、

下の「ハードディスク上の全データの消去」を選んじゃったんですよね。
(消去後にリカバリの処理が行われると勘違いしていた。)


今、東芝のサイトで「パソコンを購入時の状態に戻す方法(再セットアップ方法)ハードディスクリカバリ編<dynabook TX/6*Hシリーズ>」を見ているのですが、

「初期インストールソフトウェアの復元」を選ぶと次の画面で、「ご購入時の状態に復元」などの選択肢が出てくるのだったんですね。
(「ご購入時の...」ではなく「パーティションサイズを変更せずに復元」がお勧めらしいです。)


で、「ハードディスク上の全データの消去」をやったもんだから、約1時間後に処理が終わった後には、

PCはうんともすんとも言わない。

よく見ると電源が自動でOFFになったようなので、電源スイッチを押してONにしてみましたが、、

ハードディスクは空なので、とうぜん何も動かない。

ハードディスクは空
(「No bootable device」の表示が悲しい...)


いきなりですが、

めちゃくちゃやばいです。
(ことしは何度「やばいです」を言ったらすむのか...)


リカバリメディアを作っていないので、もうPCを購入時の状態に戻すことは不可能です。
(「東芝からリカバリメディアを購入する」という方法はありますが。)

私に残された手段はたった一つ。


アップグレードキットのWindows 7を使って、Windows 7をクリーンインストールする。


Windows 7のDVDをPCに挿入後、電源ON。

「アップグレード版なのでどうかな?」と思いましたが、無事DVDから起動開始。

Windows 7のインストール自体はRC版も含めて何度かやったことがあるので、あとはスムーズ。
(このときわかったのですが、キットのDVDには、32ビット版と64ビット版の両方が入っているようです。)

Windows 7が無事立ち上がりました。


しかしデバイスマネージャーを見てみると、

「!」付きのものが3つ。

不明なデバイスが3つ
(「基本システム デバイス」とあるのが「!」付のもの(不明なデバイス)。)

そこで東芝のサイトの「dynabook TX/64H、TX/64H2、TX/64HBI、TX/64HK、TX/64HS、TX/64HWH用 Windows 7 アップグレードモジュール」ページから、

ドライバを個別にダウンロードしてインストールしたところ、
(Bluetoothを除く)

「!」マークは2つに減りました。
(おそらくSDカードリーダ関係ではないかと想像。)

webで目にすることが多い「音がでない」ということもないし、

初期インストールソフトウェア関係を除けば、普通にアップグレードした場合に

やっと追いつきました。


バックアップしておいた、各種データを復元していきます。

ここで1つミスをしていたことに気が付きます。

バックアップは、AcronisのTrue Image Home 10で行ったのですが、

この時点で動作するTrue Imageがありません。
(ブータブルメディアではSATAのハードディスクが認識できなかった。)

True Image 10のインストール用exeをそのまま外付けドライブに入れておくんだった!

仕方がないのでラネクシーのサイトから、True Image 2009の体験版をダウンロードしてインストール。
(30日間試用可能。)

これで復元を試みます。

ただしラネクシーの「よくあるご質問」に、

> 1つ前のバージョンのイメージを復元は可能ですが、2つ以上前のバージョンのイメージに関しては復元できません。

とあるのが不安です。
(Home 10は2009の2つ前のバージョン。※Home 10 → Home 11 → 2009。)

2009を起動して、ユーザインターフェースの違いに少々戸惑いながら操作していくと、

無事に復元成功!

現在までのところ、FireFox, Thunderbird, MS Money, iTunes, VMwareなどの環境を再現できています。
(Win 2000は事前にVPCからVMwareに移行させていた。)

また、Micorsoft Virtual PCもダウンロードしてインストールし、

仕事用のWindows XP環境が動くことを確認しました。
(これでUSBか使えるが、VPC2007のときより少々動作がのろいような気がする。)

あとMS Officeのインストールがすめば、環境の再構築は大体終わったことになります。

ここまでくるのに丸1日以上!
(だったら昼過ぎまで寝てるな!っていうの。)

結論:無精者、よけ働く ※少々の手間を惜しむと後で余計に手がかかるということ。


・23:16 追記

Officeのインストールが終わりました。

« Win 7 アップグレードキットが来た | トップページ | どっちにする? Windows Virtual PC vs VMware Player 3.0 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Win 7 アップグレードキットが来た | トップページ | どっちにする? Windows Virtual PC vs VMware Player 3.0 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り

無料ブログはココログ