ブログパーツ Twitter

« ルーブル美術館展 in 京都市美術館 | トップページ | Win 7、MSDNで提供開始 »

2009.08.07

探訪!スワンズ・コミュニケーションセンター大阪

実は今日も有給なのです。
(これからずっと「毎日が日曜日」...というわけではありません。念のため。)


大阪の布施にある、

スワンズ・コミュニケーションセンター大阪

に行ってきました。

と言っても、「なにそれ?」という方が大多数かと。

スワンズ(SWANS)とは、

あのゴルフの石川遼選手がかけているサングラスのブランド

といえばわかりやすいでしょうか?

社名は「山本光学株式会社」。
(サングラス関係のページはこちら。)

れっきとした日本のメーカーです。


で、最近私は「新しいサングラス」を探しているのです。
(現在使用しているのはOGKのAG-02。) ※現在ラインナップになし。

希望は「クリアレンズで仕事でかけても違和感のなさそうなもの」なんですが。

その第1候補がスワンズの「Airless-Wave SA-506」なのです。
(可視光線透過率 94%で、ほぼ無色透明。)

実は先日の記事で取り上げた「フォレオ枚方」にいった理由も、

その中にあるSPOTS DEPOにサングラスを見に行く」のが主たる目的だったのでした。

Airless-Waveシリーズもいくつか置いてあったのですが、

残念ながらお目当てのSA-506はなかったのでした。
(なので「何も買わなかった」のでした。)

実は他にもスポーツ用品店を回ったのですが、SA-506は見つけられず。

そこで「ここなら絶対置いてある!」と向かったのが、

今日行った「スワンズ・コミュニケーションセンター大阪」なのです。
(コミュニケーションセンターについてのページはこちら。)


近鉄奈良線の布施駅で降りて、北へ約10分。
(事前に交差点名などを調べておいたので、めずらしく迷わず。)

まずは本社ビルをパチリ。

山本光学本社
(想像していたよりもこじんまりとしたビルでした。)

コミュニケーションセンターは本社のすぐ西側にあります。

コミュニケーションセンター
(想像していたよりもこじんまりとした外観でした。)

入った感じは、「想像していたよりずっとちいさなスペース」。

「SA-506を見てみたい」旨を告げると、たくさん並べられた中からすぐに取り出してくださりました。

かけてみた感想は、「これなら違和感なさそう」。

現在のAG-02では、裸眼と距離感が多少異なる感じがするのですが、
(足元を見ると、地面までの距離が裸眼より近くに見えます)

SA-506ではほとんど違和感を感じません。
(まあ、お値段がかなり違いますからね。※AG-02 \4,500, SA-506 \12,000(いずれも税抜)。)

またAG-02では最近しめつけがきつく感じるようになっていたのですが、
(もしかして「また」頭がでかくなった?)

SA-506は当たりもやわらかく、また軽い。

他にも2つほどクリア系のサングラスを試着させてもらいましたが、

SA-506が一番よさそうな感じに思われました。

店の方と20分ほど話して、センターを後にしました。

実際の購入はAmazonとかになる予定です。

それにしても、炎天下の往復計20分はしんどかった!

結論:目にも紫外線対策を!

« ルーブル美術館展 in 京都市美術館 | トップページ | Win 7、MSDNで提供開始 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ルーブル美術館展 in 京都市美術館 | トップページ | Win 7、MSDNで提供開始 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ