ブログパーツ Twitter

« 厄明けで石清水八幡宮へ | トップページ | 京速計算機よ、どこへ行く... »

2009.05.10

ロールケーキが流行っているそうなので...

大阪市内にお出かけする予定だったのですが、やめました。
(新型インフルとは関係なく、ただ単に「気が乗らなかった」から。)

その代わりというわけでもないのですが、

「5月10日は母の日」というわけで、

京阪百貨店ひらかた店に行って、「枚方宿ろーる」を買ってきました。

箱外観
(ひらかた店1Fの「ケーキ工房グーテ」にて購入。)
※グーテはエーワンベーカリーのグループ店だそうです。

「枚方宿ろーる」とは、ロールケーキです。

最近TVなどで、高級ロールケーキとででもいうものが流行っていると聞いていたので、

自宅の近くで売っている高級(そう)なロールケーキ

ということで買ってみました。
(「堂島ロール」はちと遠い。)

枚方宿ろーるの由来
(箱の反対側に書いてあった文面です。)

その特徴は切った断面にあります。

ということで写真は食べるときに...と思っていたら、


撮りわすれました。


あわてて、残った部分を撮ったのがこちら。

断面の様子
(包装の袋が邪魔をして、肝心の断面がよく見えません。)

白いクリームの中に見える黒いかたまりが黒豆。

黒豆から左右に伸びている緑色の細い線状のものが、抹茶を練りこんだ求肥(ぎゅうひ)。

求肥が「東海道」を、

黒豆が「宿場町」を現しているそうです。

京阪百貨店の枚方宿ろーるの紹介ページにきれいな写真があります。


さて、そのお味ですが、

一口食べて、「!なんだ!!この食感は!!!」。

カステラがカステラじゃない???

もっちりしていて、それでいて形はしっかり。

もしかすると、クリームの中の緑の部分だけでなく、

生地のほうにも求肥が使われているのかもしれません。

この食感、何に似ているだろうかと、あれこれ考えましたが、

ちょっと思い出せませんでした。


クリームは、今はやり(?)の、あまり甘くないタイプ。

全体的にさっぱりといただけます。

両親にも好評で、よかった、よかった。

結論:でも私はふつうのカステラのほうが好みかな。


・5/11追記

1日では食べ切れなかったので、残りを今日(11日)食べました。

写真も忘れずに。

枚方宿ろーる 切り口
(1日経つと水分が蒸発するからなのか、カステラが少々「カステラっぽく」なっていました。)

« 厄明けで石清水八幡宮へ | トップページ | 京速計算機よ、どこへ行く... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 厄明けで石清水八幡宮へ | トップページ | 京速計算機よ、どこへ行く... »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

無料ブログはココログ