ブログパーツ Twitter

« Windows7ベータ版をインストール | トップページ | またカゼひいた? »

2009.01.12

Windows 7のいろいろ

Windows 7を動かしてみて、気づいたことをいくつか。

まず、日本語化は完全ではないようです。

率は少ないのですが、英語のままのメニューが散見されました。

英語のままのメニュー
(タスクバーで右クリックしたときのメニューです。)

※1/14追記
下にも書いたのですが、日本語サイトからダウンロードしたものは、英語サイトから「Japanese」を指定してダウンロードしたものと日本語表記が一部異なるようです。
そちらではメニューもきちんと日本語化されているのかもしれません(未確認)。


それからやっぱり動作速度ですね。

Virtual PC上で動かしているとはいえ、同様の英語版XP SP3と比べても、

XPがスムーズなのに対して、

7は「もっさり」。

不要なサービスを停止したりして、速度向上を図ったのですが、
(速度向上方法はVista用を参照しました)

「もっさり」感は解消しませんね。

実PCのCPUは、「Athlon 64 3000+ 2.00GHz」のはずなのですが...

システム
(「9 MHz」って、遅すぎ!)
※クリックすると拡大します。

でも逆に、9MHzと判定されるにしてはキビキビと動いている、とも言えるかな。

Virtual PCでAeroが使えないためか、

グラフィックを使用するゲーム類は遅さが際立ちます。
(ゲーム起動時に「ゲームはソフトウエア レンダリング モードで実行中です」のダイアログが出ます。)


コントロールパネルの構成がVistaでガラッと変わって批判の対象になりましたが、

7もVistaのものを基本にしていました。
(XP派の方々、残念でした。)


では、Vistaと変わっているところを2つほど。
(私がwebの記事では見たことがない点を。)

電卓はVistaが出たときに、「XPのと変わらん!」と批判されたものですが、

デザインに加えて機能にも変更点が...

電卓の「モード」
(電卓は4種類に。)
※クリックしても拡大しません(笑)。


ペイントが「リボンインターフェイス」を採用したのは報じられていましたが、これはどうかな?

保存時の形式の初期値が「BMP」ではありませんでした。

ペイントの保存ダイアログ
(ペイントの初期形式が「PNG」に。※BMPも選択肢にあります。)
※クリックすると拡大します。

結論:何度も言いますが、製品ではガラッと変わっている可能性、大...


・1/13追記

「9 MHz」の件、フィードバックしておきました。
(今日表示させると、「8 MHz」に悪化していましたが。)

でもこれはVirtual PC上で動かしているからで、7の問題じゃないかもしれません。


・1/14追記

日本語サイトからもダウンロードできるようになったようです。

マイクロソフト、次期Windows“Windows 7”の日本語ベータ版を一般向けに公開

上記記事中の7の画面で気になったことが...

私の7では、ウインドウ右上の「フィードバックの送信」となっている部分が、

記事の画像では「不具合レポートの送信」になっているのです。

もしかしてこちらが正式な「日本語版」なのかも!

« Windows7ベータ版をインストール | トップページ | またカゼひいた? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Windows7ベータ版をインストール | トップページ | またカゼひいた? »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ